学内で本格フレンチが食べられる! 首都大学東京の「ルヴェ ソン ヴェール」って?

編集部:はまみ

お気に入り!

あとで読む


学食で供される料理のクオリティーが向上しています。ボリュームよりも「質」を求める学生の皆さん、親御さんたちからのニーズに応えてのことですが、その動きの一環なのか、キャンパス内に高級レストランが造られることもあります。首都大学東京・南大沢キャンパスにあるフレンチレストラン『Lever son Verre(ルヴェ ソン ヴェール)南大沢』は、その好例です。今回は同店に取材しました。

■そもそもは京都大学とのつながりから……

『ルヴェ ソン ヴェール 南大沢』のシェフ・川村明浩さんにお話を伺いました。

――『ルヴェ ソン ヴェール』が首都大学東京のキャンパス内に出店した経緯はどのようなものだったのでしょうか?

川村シェフ 大本から話すと長くなりますよ(笑)。そもそも円居(まどい)グループが京都大学の近くで洋食屋を開いていました。1961年創業で、京都大学の先生方や学生の皆さんにご愛顧をいただいています。そのご縁で、文部科学省の共済組合さまからお声掛けをいただいて、2003年に京都大学の百周年時計台記念館にフレンチレストラン『La Tour(ラ トゥール)』をオープンしました。

東京大学本郷キャンパスの近くに「フォーレスト本郷」を建てる際に、同じ共済組合さまからお誘いを受けまして、『ルヴェ ソン ヴェール本郷』を、その後同校駒場キャンパスに『ルヴェ ソンヴェール駒場』をオープンしました。

そして、東京大学のお店を訪問された首都大学東京の先生方にお声掛けいただいて、2010年に『ルヴェ ソン ヴェール 南大沢』がオープンした次第です。

――なるほど。元々の洋食屋さんは京都大学に縁があったのですね。それが東京大学に出店することにつながるとはおもしろいですね。

川村シェフ 大学で行われる入札に応募して選ばれていますので、円居グループが創業以来積み重ねてきた実績を評価していただいた結果と思います。

■新鮮なサラダバイキングが人気! 女性からの評判も上々!

――お客さんはどんな方でしょうか

川村シェフ 学生さんや先生方の他に、ご近所にお住まいの奥さま方がよく来られますね。大学生の皆さんは、友達の誕生日やサークルの打ち上げ、テストが終わった後などのイベントの時によくいらっしゃいますし、先生方はお客様を招いたときなどにご利用いただきます。

1

関連記事

「大学生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催