失敗に学べ!悲しい大学デビューの実例7選「髪を染めて全然似合ってない、髪形も変」 2ページ目

学生の窓口編集部

お気に入り!

あとで読む

5.キャラ作りを意識した音楽趣味

「ロキノン系とか洋楽とか、ドヤ顔で語られても知らないし。」(1年・女子)

「このバンド絶対これから売れる!とかツイートしてたけど、もう売れてる。むしろ今が一番売れてる」(1年・男子)

音楽は人それぞれ趣味が違うもの。自分の好きな音楽のジャンルが必ずしも周りに理解されるとは限りません。好きな音楽について語りたいときは、相手のことを考えて話すことを心がけましょう。

6.とりあえず異性とつるんでいればイケてると勘違い

「毎日のように近くの女の子と連絡先交換してご飯食べている男子。夏休みが明けたら友達が誰もいなくなっていた」(1年・男子)

「女子にやたら絡んでくるしつこい男がいてTwitterブロックしたんだけど、また1分でフォローリクエスト来た。さすがに鳥肌立った」(1年・女子)

確かに異性とたくさん交流がある人はリア充に見えて、憧れの的。しかし、何事もやりすぎには注意です。ネットも現実も、距離感が大事。。

7.先輩に覚えてもらうためにやたらテンション高い、無礼

「なんだか知らないけど、超なれなれしく無礼に絡んでくる後輩がいた。別にそんな陽キャラでもないのに。」(2年・男子)

ごめんなさい、私です。みなさんは私みたいにならないように気をつけてください。

どうでしたか。大学に入って新しい自分になりたい!と思う人は多いことでしょう。でも、これまで生きてきたことを否定するのはもったいないし、経験上ほとんどが失敗します。まあ、一回やってみたほうが視野も広がるし、自分の再発見にもつながるはずですので、後悔しない大学生活を歩んでください。

(文・慶應義塾大学経済学部 宮田翔)
2

関連記事

「大学生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催