春ソングの代表格! タイトルが「さくら」の名曲10選

学生の窓口編集部
2017/03/06
学生トレンド
あとで読む

世間はすっかり夏に向かってまっしぐらですが、ふと春の歌を聴きたくなったり、歌いたくなることはありませんか? アップテンポが多い夏ソングとちがって、おだやかでやさしい歌が多いイメージの春ソング。今回はその中でも「さくら」がタイトルに付いている名曲を紹介いたします。

▼こちらもチェック!
【性格診断テストまとめ】自分の隠された一面が丸わかり?!

■1、ケツメイシ「さくら」

イントロから春の別れ、恋の別れを切なく表現した神曲です。モデルの鈴木えみと桜がマッチした美しいMVも必見! ケツメイシ最大のヒットシングルとなり、ラップのノリのよさと過去の恋人を回想する切なさが聞きやすさと感動を呼ぶメロディアスなナンバーです。

■2、FUNKY MONKEY BABYS 「桜」

ストリートな歌詞と歌いっぷりが魅力の桜ソング。Aメロ、Bメロはピアノの音とが心地よく、学生にはぴったり! MVはチュートリアルの徳井さんが主演です!

■3、森山直太朗「さくら(独唱)」

日本の春のソングのスターンダートというにふさわしい存在になりましたよね。シンプルなピアノと森山直太朗さんの歌声が魅力的です。きれいに高音を出す部分は美しく、出しづらそうに声を出す部分は、春の切なさや別れなどを想起させるとても素敵な曲です。

■4、河口恭吾「桜」

「僕がそばにいるよ/君を笑わせるから」の部分がとても印象に残るやさしい桜の歌です。何度も繰り返し聞いても、飽きがこないのも魅力です。やさしい決意が感じられるよな歌詞とメロディはほっこりしながらも、春からの未来に向けて一歩ずつ踏み出せるような音楽になっています。

■5、コブクロ「桜」

二人のハーモニーがすばらしく、「君の中に 僕の中に 咲くLOVE…」と、さくらを掛けた歌詞も印象的です。サビの「桜の花びら散るたびに 届かぬ思いがまた一つ/涙と笑顔に消されてく そしてまた大人になった」はメロディーとマッチして、すごく頭と心に入ってきますよね。失恋した学生がより大人になって次のステージに向かう時にオススメです。

■6、いきものがかり「SAKURA」

ボーカルの吉岡聖恵さんの透き通って、芯のある声と、「さくら舞い散る」と高音を歌い上げる部分は何度聞いても圧巻ですよね。東日本エリアの電報CM曲としてWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)決勝、準決勝の放送中に大量オンエアされ、大ヒットにつながりました。

次のページ切ないバラードが染みる!

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催