どっちが甘える? 年下の恋人とうまく付き合うためのポイント 5選

学生の窓口編集部
2015/12/29
恋愛
あとで読む

年下の恋人をもっているとちょっと自分が年上だからと大人ぶってしっかりしてみてちょっと疲れを感じるときありませんか?特に女性なら少し年下の恋人でも何となくそういうときがあるのではないでしょうか?でも甘えたいですよね~やっぱり頼られるよりは頼りたいな~って思いますよね。

■どっちが甘えるの? 年下の恋人に上手に甘えよう

年下の恋人でも自分に甘えてほしいと男性なら思っているはずです。年下の彼氏を持つ女性であれば、年下だからとあまりお姉さんぶらずに甘えた方が男性は嬉しいでしょう。年下の彼女をもつ男性なら年下の彼女にたまには甘えてみるのもいつもしっかりしてるのに可愛いなと思ってもらえると思います。年下の彼氏や彼女がいる人はいかに甘え上手になれるかというのもいい付き合いのポイントです。それには素直になることから始めてみましょう。

■年下だからって子ども扱いしないこと

どうしても自分より歳が下となると、恋人を子供扱いしてしまいがちですよね…。でもちょっと冗談めいて子ども扱いしてみる程度ならいいのですが度を過ぎると相手はあまりいい気持ちはしないはずです。年齢のことをあまり相手に意識させるようなことはやめた方がよさそうです。

■ときには甘えさせてあげる♡

恋人が年下の彼氏なら、たぶん年上の彼女を選ぶ男性のタイプとしては女性に甘えたいタイプも多いのだと思います。年上の彼女というのを生かせるところではたっぷり彼氏を甘えさせてリラックスさせてあげましょう。彼のパワーに繋がっていきますよ。

■足りないところを補い合おう

年齢差のある恋人同士がうまく付き合うにはお互いのいいところ、足りない部分を補うような付き合い方をしないと、相手に求めすぎてもまだ自分が求めるほど相手が到達していない部分があります。年下なので自分よりも経験が無いのは普通のことです。しかし年は下でも精神年齢が高く自分とは違う素晴らしい価値観をもっていて教えてくれる人もいます。お互いの持っている部分と足りない部分を補い合って最高の恋人同士になれる可能性があります。

■上から目線はやめよう

恋人同士ならたまに意見がぶつかり合ったり喧嘩してみたりすることもあるかと思いますが、そういうときは自分の素がでがちなので注意してくださいね。必要以上に上から目線で年下なんだからと馬鹿にしたような意見や文句をいってみたりしないようにしましょう。年下の恋人はとても傷つくでしょう。自分では軽く言ったつもりが深く残っていることもありますよ。

年下の恋人は自分にとてもいい影響と刺激を与えてくれることでしょう。その分、相手に年上の恋人っていいな~と本人にも周りにも思ってもらえるようにしたいものです。年下の恋人がいる人で仲が良いカップルってみていても素敵ですよね~。

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催