依存してない? 恋人との付き合いをいい距離で保つ方法5つ

学生の窓口編集部
2015/12/21
恋愛
あとで読む

恋愛に依存してしまっている人って実は結構多いんです。でも、あまりいいことではないですよね。そこで今回は、恋愛依存にならない付き合い方の方法をご紹介します。依存しているかもと思う人は読んでみてくださいね。

■新しい何かを始める

恋愛に関係のない、新しいことを何か始めてみましょう。できるなら、ひとりでやることではなく、他のだれかを一緒になって行なうものがいいでしょう。ひとりで行なうものは、頭の中でついついパートナーのことを考えてしまいがちになるからです。ボランティアや習い事はとてもおすすめです。少し恋愛から離れて自分自身と向き合ってみることで、自分がどれだけ恋愛に依存してしまっていたのかも知ることができます。

■友達に相談してみる

できればあなたたちふたりのことを知っている友達に、今の苦しい気持ちや不安なことを相談してみましょう。恋愛依存に陥ってしまっている原因は、こういったマイナスの感情をすべてひとり抱え込もうと無理をしていることかもしれません。友達に相談すれば客観的な意見ももらえますし、人に話すことで精神的にもかなりラクになるはずです。思い切って相談してみることをおすすめします。

■自分を好きになる

恋愛依存に陥る人は、自分に自信がないことが多いです。いつのまにか、恋人に必要とされることでしか、自分を評価できなくなっているのです。でも、そんな自分を変えたいとも思っているはずです。もっと自分の良いところに目を向けて、あなた自身が自分を好きになれるようになりましょう。自分自身の価値を、自分自身で認めてあげるのです。まずは自分の好きなところを3つ挙げるところから始めてみましょう。そして、あなたの魅力に気付いてあげましょう。

■彼氏を最優先にしない

いつも彼氏を最優先にしてしまっているあなた。1度、その行動をやめてみませんか?友達との約束をドタキャンしてまで彼氏と会うことは、もうストップです。このままでは友達をなくしてしまいます。先に友達との約束が入っていたなら、友達を優先すべきです。彼氏とは、また日時を変えて会えばいいだけです。彼氏のお誘いを断ったからといって、彼氏はあなたを嫌いになったりはしませんよ。

■自分を褒めることに慣れる

少しでも自分にいいところがあった時は、思い切り褒めてあげるようにしましょう。例えば、笑顔で「おはよう」が言えた、今日はアルバイトでミスをしなかったなど、なんでもいいのです。ほんのささいなことでいいので、なにか1つできたら、自分に花マルをあげましょう。こうして自分自身を認めてあげることは、恋愛依存体質から抜け出すことにつながります。毎日積極的に行なうようにしましょう。

恋愛依存にならないために心がけたいことを挙げてみました。難しそうに感じるかもしれませんが、それはあなたにまだ自信がないだけ。自分のことが好きになればなるほど、どんどん簡単に思えるようになっていきますよ。少しずつでもいいので、心がけていきましょうね。

関連記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催