失恋確定?! LINEで告白する際にNGなメッセージ3選

編集部:はまみ
2016/07/13
恋愛
あとで読む

大学生のみなさんには、いま気になっている異性はいますか? 最近ではLINEでのメッセージのやり取りが広く浸透しているため、異性へ告白する手段として活用されている方も多いものです。しかし便利だからと言って方法を間違えれば、思わぬ失恋パターンにはまってしまうこともあります。今回はLINEで告白する際に気をつけるべきポイントをお伝えします。

■今彼氏いないなら付き合おっか?

LINEでのメッセージのやり取りの際に注意しておきたい共通のポイントは、「相手が目の前にいないからといって軽い振る舞いをしない」という部分に尽きます。たとえば段階を踏まずにいきなり「彼氏いないなら付き合おう?」と誘ってしまうと、相手の女性からしてみれば「同じようなメッセージを他の女性にも送っているのでは?」と勘ぐりたくもなってしまいます。たしかにLINEであれば直接会って告白するよりもプレッシャーが少なくハードルが低いのですが、それを勘違いして相手の女性への配慮に欠けてしまうようなことがあれば、あっさりと失恋してしまいかねないのです。

正しい方法としては「今付き合ってる人いるの?」と探りを入れることから始め、告白するまでに十分なコミュニケーションを交わしておくことです。このあたりはリアルでもまったく同じことがあてはまります。相手のことをしっかり理解した上で、タイミングをはかって告白したほうが誠意が伝わります。くれぐれもLINEだからという理由で軽々しく振舞わないように注意しておきましょう。

■スタンプで好きと告白

LINEのメッセージを利用した告白でありがちなのが「スタンプで告白する」という方法なのですが、実はこれもあまり好ましい方法ではなかったりします。LINEのスタンプは見た目がかわいらしいものが多いですから、ついつい「女性からのウケがいいに違いない!」と考えてしまうことも多いですが、相手の立場になって冷静に考えてみましょう。もしも相手から告白される場合に短文メッセージにスタンプが付いてきたらどんな印象を持つでしょうか。

おそらく「この人は真剣に私のことを好きなわけじゃなく、ただ手っ取り早く相手が欲しいだけ」というような印象を持つ人が多いはずです。「なんだか照れくさい」という感覚もわかりますが、やはり相手に真剣な気持ちを伝えるときくらいは、なるべくスタンプなどに頼らないほうが失恋してしまう可能性は減るかもしれません。

そもそも女性の中には「LINEでの告白そのものに否定派」の方もいるということを忘れてはいけません。本来は会って自分の言葉で直接伝えるのがベストなわけですから、せめてLINEで告白する際には最低限の配慮はしておきましょう。

次のページこんな告白もNG!

関連記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催