正月に行きたい! 日本各地にある変わった神様や御利益の神社6選「御髪神社→髪の神様」

学生の窓口編集部
2015/12/15
入学準備・新生活
あとで読む


日本各地には、学業や恋愛などさまざまな神様を祭った神社があります。中には、一風変わった神様や、珍しい御利益のある神社もあったりします。今回は、そんな全国各地にある「変わった神様や御利益の神社」を紹介します。

●歯神社(大阪府)

大阪市の北区にある神社。正式には「綱敷天神社 末社 歯神社」という名前です。本来は農耕の神様として信仰されていましたが、淀川が決壊した際にこの地で水をせき止めたことから「歯止めの神様」として崇拝されるようになりました。現在は「歯の神様」と呼ばれるようになり、歯の痛みに効く御利益があるとして信仰されています。毎年歯ブラシを配る行事も行われています。

●御髪神社(京都府)

京都市の右京区にある神社。日本で初めて髪結職を起こした藤原采女亮政之(ふじわらのうねめのすけまさゆき)公が祭られており、髪の毛や頭に関する御利益があります。そのため育毛に関する悩みを持つ人や、理容師の方なども多く参拝に訪れ、玉垣にも髪に関する企業の名前が多く記されています。他にも「頭の神様」ということで、学生などが学業に関するお願いをするために参拝することも多いそうです。

●明徳寺(静岡県)

静岡県伊豆市にある神社です。便所の守護神とされている烏枢沙摩明王(うすさまみょうおう)が祭られており、「トイレの神様」として親しまれています。烏枢沙摩明王は「不浄なものを浄化する徳」を持っているとされており、トイレだけでなく「下の病気」にも御利益があるといわれています。境内にある売店ではパンツやフンドシを販売。子供のおねしょ予防に買う人もいるそうです。

●波自加彌神社(石川県)

石川県金沢市にある神社。複数の神様が祭られており、そのうちの一神が神社の名前にもなっている「波自加彌神」(はじかみのかみ)です。この「波自加彌」とは、ショウガ・ワサビ・サンショウなどを意味する「薑」(はじかみ)が語源。つまりショウガやワサビの神様ということです。日本各地に食産神が祭られた神社がありますが、その中でも珍しい神様だといえます。

●法輪寺・電電宮(京都府)

法輪寺は京都市西京区にある神社です。この法輪寺の境内には「電電宮」という電電明神を祭った社があります。電電明神は「電気・電波」を守護する神様とされており、毎年電気や電波関係の会社の人などが発展祈願に訪れます。他にも、近年はIT関連の事業を行っている人たちも多く参拝に訪れているそうです。

●車折神社・芸能神社(京都府)

京都市右京区にある車折神社の境内には、「芸能神社」と呼ばれる社が建っています。この神社は芸能の神様である天宇受売命(アメノウズメノミコト)が祭られており、名前のとおり芸能にまつわる御利益があるとされています。そのため、俳優や女優、また宝塚スターなどが参拝に訪れ、玉垣には奉納した著名人の名前を見ることができます。

歯や髪といった体のピンポイントな部分の御利益を得られる神社や、今の時代に非常にマッチした電気の神様を祭った神社などを紹介しました。もし今回挙がった神社の御利益にあやかりたい人は、ぜひ訪れてみてください。男性の方は将来薄毛にならないように御髪神社は参っておくといいかも!?

(中田ボンベ@dcp)

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「入学・新生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催