別れの原因になるかも? 彼女に強要しないほうがいい約束事5選

学生の窓口編集部
2015/12/07
恋愛
あとで読む

彼女の気持ちを信じていても、もっと自分だけのものにしたい! もっとそばにいたい! そんな想いが強ければ強いほど、知らずしらずのうちに彼女を縛り付けるような約束を強いていませんか?過剰な約束は見えない手錠となって彼女を縛り付ける手段へとかわるものです。約束が手錠にかわらないためにも、彼女に強要しないほうがいい約束を5個あげてみました。

■スケジュールの報告を強制する

互いのスケジュールはきちんと伝え合うこと! などと来月のスケジュール、今週のスケジュール、明日のスケジュールを細かく詮索するような約束ごとを強いるのはやめましょう。いつも彼氏に管理されているようで、まるで上司と部下のような関係を感じるかもしれません。あげくにスケジュールと違っていたことなどを攻められたら、彼女はもううんざりです。

■メールやラインの細かいルール

1日に〇回は、必ずメールやラインをよこすこと! 返信はなるべくすぐにすること! 既読無視は罰を与える! お休みなさいのメールやラインは欠かさない!などと必要以上にメールやラインの約束事を作るのは、もはや彼女にとって躾けとしてしか受け取れられません。連絡ツールは、相手を思って自分の意志でするからこそ気持ちがこもるのです。毎日の宿題の提出を要求するような約束は慎んだほうが無難です。

■男友達との交流を制限する

「俺以外の男子とご飯は禁止」「俺以外の男としゃべるな」などの男友達に対しての行動や言動をセーブするような約束事が多すぎるのはNGです。たしかに浮気などのリスクを心配する気持ちはわかりますが、破ってしまった時に彼女がそれを隠そうとするようになります。結果、裏切りごとや隠しごとが増えていくような錯覚にとらわれ、互いの関係がぎくしゃくとしてきます。男子は大きな心でゆとりある姿勢を見せるようにしましょう。

■実現が難しい約束を強制しない

毎回毎回「今度の連休こそ、絶対に行こう」「今度こそ作ってね」などの「今度こそ」という言葉で、今までも出来なかったことの再チャレンジを強制する約束は危険です。彼女からしたら、出来なかったことを責められている気持ちになりかねません。約束事が楽しみという概念から外れ、決まりごとや義務に感じるようになったら彼女は逃げ出しくなるかもしれません。

■ファッションに必要以上の決め事の約束をしない

年頃の女子にとってファッションは自分表現の大事なプロセスであり、大好きなことです。あまりに目立つ露出や奇抜なファッションはまだしも、普段の洋服のセンスにまで彼氏の言うとおりではうんざりです。「ミニスカートははくな!」「ピンクは着るな」など、彼女の個性を否定していませんか? 男性と女性とでは、センスが違って当然。着たい服を着られないプレッシャーは、若い女子には相当な重荷です。

いかがでしたか? 相手にとって面倒な約束ごとは、積もり重なると相手を縛る手錠となり、ただの負担でしかなりません。彼女を「都合のいい恋人」にする躾けに夢中になり、独占欲がますます大きくなります。気か付かないうちに彼女の気持ちが離れていくかもしれません。余裕のある態度で彼女を見守るぐらいの気持ちを持ちましょう。

恋人間の約束は、いい関係が長続きするためにこそ必要なのです。

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

春からFES

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催