愛しの彼女は既婚者だった?! 既婚者女子のアプローチ方法5選

学生の窓口編集部

お気に入り!

あとで読む

男女の感情が絡み合う恋愛には何があるかはわかりません。出会うタイミングが違えば、その人の立場や関係も変わってきます。もしかしたら好きになってしまった女性に将来を誓い合った配偶者がいるかも知れません。そんなときどのようにするべきなのか、迷うことがないように気をつける点を5つお教えします。

■彼女の生活があることを考えて

既婚者ということは、彼女には夫がいて、子供もいるかもしれません。独人時代の恋愛と違って、恋愛にかけられる時間は家族に対して使われてしまいます。そのため、彼女の家族との生活のことも考えなければなりません。毎日デートやお泊りなどを求めるのはやめた方がいいでしょう。彼女がいいと言った時や時間を考えて、二人の時間を楽しむことが必要になってきます。彼女のことをよく知り、彼女の負担にならないような時間配分を考えてあげることが重要です。よく話し合って二人の時間を作っていきましょう。

■責任が発生します

既婚者である女性を好きになるということは、その女性の家庭を壊す可能性があることを考えなければいけません。夫から妻を奪い、子供から母を奪うことになることを理解しましょう。それだけではなく、人の女性を奪うということによりあなたに対して社会的ダメージを受けることになります。今までとは違う視線で人々から見られることになるでしょう。また彼女が離婚ともなれば、慰謝料などの金銭的な責任も発生するのです。責任があることを頭においておきましょう。

■他の人の迷惑になることも

自分が責任を取るから大丈夫と思った方もいると思います。しかしその愛によって被害にあうのは自分や彼女だけではない場合があります。既婚者と付き合うということが他人の耳に入ってしまうと大変です。このような恋愛の話はうわさになりやすく、そのうわさは悪意がこめられることが多くなります。そのうわさによってダメージを受けるのは、自分たちだけではなくその家族にも及ぶのです。自分の家族にまで迷惑をかけることになるかもしれないので、恋愛を楽しむのであれば他人の耳に入らないようにしましょう。

■愛の重さの確認を

自分と彼女の間にすれ違いはないか確認しましょう。例えば自分は彼女と結婚するつもりで付き合っていても、彼女は家庭が崩壊するのを恐れて遊びで済ませようとしているかもしれません。既婚者と独身では愛や結婚に対する価値観が違います。きちんと彼女と話し合って感情の確認をしておきましょう。こうだと思い込んでいるだけで、本当は違うなんてことはよくあることです。

■感情に流されないで

恋愛というものは人を動かすものでもあり、狂わせるものでもあります。既婚者との恋愛ということもあり、多くの人から反対されるでしょう。恋とは反対されればされるほど、夢中になってしまうものです。しかしそこで流されてはいけません。一度立ち止まって理性的に考えてください。自分や彼女の本心や今後のことなどゆっくり考えることが必要になります。後から後悔しても遅いのです。一時の感情に流されないようにしましょう。

既婚者との恋愛は独身同士のようにはいきません。自分の気持ちなどはもちろん、彼女のことをよく考えてみましょう。その恋愛を退くも進めるも、よく二人で話し合って今後を決めることが需要です。いろいろな視点から考えて、冷静になって気をつけましょう。

関連記事

「大学生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催