久しぶりがチャンス! 片思いしていた高校の友達と付き合う方法3つ

学生の窓口編集部
2015/11/30
恋愛
あとで読む

久しぶりに参加した高校の同窓会。当時の印象とは違いカッコよくなった男性を見てドキっとした経験がある人も少なくないのでは。昔から知っているだけに会話も弾み、同窓会を機に恋愛に発展するケースも少なくありません。そこで、高校時代の友達に片思いをした時の恋愛テクについてご紹介していきましょう。

■思い出話から今のあなたをアピール

久しぶりに会った同級生との会話はもちろん、学生時代当時の思い出話につきますよね。今の生活の話をしても共通点が見いだせず、会話の糸口を見つける時間がもったいないので共通の話をするのがベスト! 思い出話は知らない話などもたくさん出てきて盛り上がること間違いありません。会話を通して普段のあなたの仕草や価値観なども少しずつ伝える事が可能。もちろん、大人になった女性として魅力的に見えるのではないでしょうか。さりげない心遣いが男性のハートをキャッチすることにつながるかも。まずは楽しい話題を共有することでお互いの距離が近くすることが重要なポイント! ということで、気になる人がいたら昔話で盛り上がってみることをおすすめします。久しぶりに会った同級生との会話はもちろん、学生時代当時の思い出話につきますよね。今の生活の話をしても共通点が見いだせず、会話の糸口を見つける時間がもったいないので共通の話をするのがベスト!思い出話は知らない話などもたくさん出てきて盛り上がること間違いありません。会話を通して普段のあなたの仕草や価値観なども少しずつ伝える事が可能。もちろん、大人になった女性として魅力的に見えるのではないでしょうか。さりげない心遣いが男性のハートをキャッチすることにつながるかも。まずは楽しい話題を共有することでお互いの距離が近くすることが重要なポイント!ということで、気になる人がいたら昔話で盛り上がってみることをおすすめします。

■昔から好きだったと告白

ある程度今のあなたの姿が見えてきたら、相手は当時の姿と今を比較し今の方が魅力的だと思うのではないでしょうか。打ちとけてきたところで恋に発展するにはあるスパイスが必要! ということで、タイミングを見て今の気持ちを昔に当てはめて告白してみることをおすすめします。学生時代の想いと言っても好きといわれて嫌な気持ちになる人はいません。相手はきっとドキッとしてあなたを意識しはじめるのでは。楽しかった思い出からあなたを意識させるテクニック! 試してみる価値ありです。

■ミニ同窓会で会う口実を作る

楽しかった同窓会も終わりの時間が。好きという気持ちが芽生えてしまったら、口実を作って会う機会を作ることが重要です。手っ取り早いのがミニ同窓会など。盛り上がったからまた会おうよとさりげなく言うのがポイントです。次に会う機会を二人で設定してもいいですし、ハードルが高そうならグループで設定するのもおすすめ。最後は楽しかったと思わせる潔さも重要なので次の機会を作ることを意識しながら話すのもポイントといえます。

いかがでしたか。同窓会でビビッときたならチャンスは生かさなければ損!ということですぐに実践できるものをご紹介しました。たとえ恋に発展しなくても当時の淡い思い出は人生の中での大事な宝物になるのでは。参考にしていただけたら幸いです。

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催