学校&会社も! 後輩に片思いしたときに普段の生活で気をつけたいこと5つ

学生の窓口編集部
2015/11/30
恋愛
あとで読む

学校や会社で後輩に片思いをしてしまった経験のあるかた、多いと思います。年下の彼のハートをつかむには、やはり年上の女性らしく振る舞うことが基本的なスタンスになると思ってください。片思いの後輩ができた時、気をつけたいポイントについて紹介します。

■頼れる大人を演出

年下の彼の心を惹き付ける最も一般的な方法は、年上らしい頼れる行動をとることです。年上であることは決してマイナス要因ではありませんが、振る舞い方によってはマイナスに作用してしまうことがあります。年下の男性が年上の女性に好意を抱く場合、その生き方や考え方を尊敬できることが条件となることが多いと言えます。いろんな面で追いつきたいと思われるような、いかにも信頼できる大人の女性としての振る舞いが期待されていると心得てください。

■母性をアピールする

男性が年上の女性に憧れを持つ理由のひとつに、面倒みがよくて母親のような存在を求めるということがあります。どんな男性であっても、多かれ少なかれ、女性にたいして母性を求めるものですが、年上の女性に対してはそうした傾向がより強くなると言えるでしょう。過度な依存は禁物ですが、ある程度あなたに依存したくなるような母性本能をアピールすることが効果を発揮するかもしれません。

■よく構って甘えさせてあげる

よいかどうかは別にして、好きな女性にはとことん甘えたいという男性も少なからず存在しています。片思いの彼がそのようなタイプの場合は、なにかにつけ相手をしてあげるのがよいでしょう。話をよく聞いてあげたり、学校や職場での言動を褒めてあげたりすることで、よりあなたに親近感を持つことになるはずです。自信をつけさせてあげる手伝いをするような感覚で付き合えば、あなたなしではいられなくなるかもしれません。

■彼をリードしてあげる

優しい男性に限って、優柔不断で主導権を握るのが苦手なものです。そんな男性は、リーダーシップをとれる女性に憧れを抱いているにちがいありません。そうした男性は、頼れる年上の女性と自分と相性がよいと思っている傾向があります。あなたが引っ張ってあげるくらいのつもりで接することで、きっと良好な関係が築けるはずです。また指標さえあれば意外と力を発揮するタイプでもあるので、なにかと頼りにもなってくれることでしょう。

■対等な関係を意識するほうがいい場合も

男性のなかには年齢が上か下か、まったく気にしないという人も見受けられます。片思いの彼がそういうタイプの場合、あまり年上らしく振る舞うのは適切ではないかもしれません。年齢を気にしないということは、年上だからといってあなたの立場が上であることを望んではいないことを意味しています。あなた自身も年齢を気にすることなく、なるべく対等な関係を意識するとうまくいくかもしれません。

学校や会社の後輩に片思いしたからといって、残念ながら、だれにでもあてはまるセオリーがあるわけではありません。片思いしている彼のことを観察しながら、タイプを見極め、適切に接するようにするのが恋愛成就のための近道です。

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催