付き合うための近道? 片思い相手との信頼関係を築くためにすべきこと4つ

学生の窓口編集部
2015/12/02
恋愛
あとで読む

片思いの成就のためには、まずはお互いの信頼関係を築くことが大切です。信頼関係を築くためには、ちょっとしたコツがあります。効果的に信頼を獲得するために、二人の話題や関係に気をつけてみましょう。すぐには信頼は得らないかもしれませんが、必ず時間をかけた分だけ二人の関係は近づきますよ。■小さな頼みごとをする

信頼関係を築くために取り入れたいのが、頼みごとです。最初は小さな頼みごとをお願いするところから始めましょう。ちょっとずつお願い事を重ねていくうちに、相手に「信頼されている」「頼られている」という実感が湧いてきます。頼みごとをするということのは、相手を信用してお願いすることですよね。この人なら大丈夫という気持ちを暗に表現しているとも言い換えられます。頼みごとをすると、逆に相手からも頼まれる機会も増えるでしょう。その時はしっかりと応えて相手の信頼を得られるようにしましょう。

■悩みごとの相談する

悩みごとの相談も、好きな人との信頼関係を築くのに効果的です。悩みごとと言ってもあまり重く考えず、毎日の気になっていることや自分の変えたいところなどでいいでしょう。特に自分の性格についての悩みごとは、相手に性格や考え方を知ってもらうチャンスにもなります。「引っ込み思案で」や「なかなか人と仲良くなれない」などの相談は相手に親近感を与えさせるのでおすすめです。

悩みごとの相談の前には「実は」や「言いにくいんだけど」などの言葉を付けて「相手にしか話せない」と言ったニュアンスを伝えましょう。あなたを特別な存在として見ています、と言う気持ちが込められますよ。

■共同作業をする

二人の信頼感を築くのに、共同作業も有効な手段です。同じ作業を一緒にする、同じ目標に向かって行動を共にすることは二人に連帯感や一体感を生み出します。

一緒に作業をしていくうちに、自然と仕事の振り分けや役割分担などが生じてきますよね。そう言った役割分担をしっかりとこなし、作業を確実に進めていくことで信頼を築くことができます。一緒の作業をやり遂げた後は、達成感と共に相手に対する信頼感や仲間意識を高めることができます。

■困ったときに助けてあげる

好きな相手から信頼感を得るために、積極的にしたいのが困った時に助けてあげることです。困ったときと言っても、あまり大変に考えなくて大丈夫。ちょっと手が足りなそうなときや、苦手そうなことをしていたときに「手伝おうか?」と一声かけるだけでもいいんです。些細なことでもスッと手を差し伸べられることが重要で、「いつも目を配っていてくれるな」と言う信頼感に繋がります。

また、体調が悪そうなときは特にやさしく気遣ってみましょう。弱っていると人のやさしさやありがたさがいつも以上に染みるものです。つらいときに助けてもらったと言う事実は確実にあなたへの信頼を高めます。

好きな人と信頼関係を築くためには、まずは話す機会を増やすことです。話す機会が増えたら、ちょっとプライベート話題につても軽く披露したりして、特別感を演出しましょう。また共同作業やちょっとした手助けも信頼関係を築く上では効果的です。相手をよく観察して、上手にサポートすれば自然と信頼を得ることができますよ。

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催