気をつけよう! 映画デートで気をつけておきたいマナー5選

学生の窓口編集部
2015/12/01
恋愛
あとで読む

デートで映画に誘われたら気を付けてほしいことがいくつかあります。「え?そんなことするの?」と彼氏に思われないよう、マナーは守りましょう。今回は、特に注意したいことを挙げてみました。映画デートの際は気を付けてくださいね。

■ハンカチやティッシュを忘れない

映画で感動して泣いてしまった場合、ハンカチをもっていないとひかれてしまいます。アイロンをきちんとかけたハンカチを忘れず持参するようにしましょう。また、ティッシュも持っていると何かと便利です。ポテトやポップコーンで汚れた手を拭くこともできますね。彼氏にサッと渡すことができる女性は、気配りができて素敵ですよ。可愛いハンカチとティッシュで女性らしさをアピールしましょう。

■きちんと座る

映画館の座席は座り心地がよく、しかも暗くなるからといって気を抜いていてはいけません。映画が終わって照明がついたら、股を広げて座っている、靴を脱いでいる・・・こんな状態では彼氏もビックリしてしまいます。スカートの時は特に要注意!彼氏の隣に座っていることを意識し、きちんと座るように心がけましょうね。バッグなども膝の上に置き、周りの人への配慮を忘れないようにしたいですね。

■話しかけない

映画がどんなに盛り上がっていても、彼氏に話しかける行為は絶対にやめましょう。小さな声で話しているつもりでも、声は意外と響くもの。彼氏だけではなく、周りの人への迷惑にもなってしまいます。おうちでテレビを観ているわけではありません。たった数時間のことなので、私語厳禁という基本的なマナーはしっかり守りたいですね。上映中は映画の感想を考えておくことをおすすめします。

■上映中に音をたてない

映画を観ながらポップコーンを食べたりジュースを飲んだりするカップルも多いはずです。でも、食べる時には音をたててしまわないように、細心の注意を払いましょう。上映中、ボリボリと食べる音がするとあなたが恥ずかしいだけではなく、彼氏も恥ずかしい思いをしてしまいます。また、食べこぼしてしまうのもよくありません。気を付けるようにしましょう。

■楽しかったねという気持ちを伝える

たとえ映画が面白くなかったとしても、一緒にいれて良かったねという気持ちを彼氏に伝えるようにしましょう。「全然面白くなかった、来なければよかった」なんて失礼なことは言ってはいけません。反対に、おもしろくなかった映画をおもしろく批評するくらい盛り上げると、彼氏も「映画に誘って良かった」と思ってくれるはずです。そして、こういう女性を男性は素敵だなと感じるのですよ。

映画デートで気を付けたいマナーとして特に気を付けたいものをご紹介しました。どれもちょっとした注意で気を付けることができるものばかりです。彼氏を幻滅させてしまわないように、デート前にももう1度チェックするようにしましょう。

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催