気づいてあげたい彼氏の愛情表現4つ! 実は冷たいわけじゃない!

学生の窓口編集部
2015/11/30
恋愛
あとで読む

なかなか「好き」と言ってくれない、など、彼氏からの愛情表現に不満を持っている女の子も多いと思います。スキンシップなどはわかりやすい愛情表現ですが、男性の愛情表現の中には、女性から見ると理解しにくいものもあり、一歩間違うとけんかの種になることも。そんな誤解されやすい、男性の愛情表現を4つ紹介します。

■落ち込んでいる彼女を一人にする

あなたが落ち込んでいて、話を聞いて欲しいと思っているのに、彼氏が意外とそっけない、そんな不満を感じたことはありませんか? 女性は、女友達が泣いていたら、そばに行って話を聞こうとしますが、彼女が泣いているのを見ると、彼氏はその場からそっと立ち去ってしまったりします。女性から見ると「冷たい」と思ってしまう行動ですが、男性は、自分が落ち込んでいる時には一人でそっとしておいてほしいもの。彼女にも、同じ立場になった時に自分がしてほしいことと同じことをしているだけなのです。

■一人で困難に立ち向かう

女性は、彼氏につらいことがあったら、自分に話して欲しい、相談して欲しい、と思ってしまいますが、反対に、男性は、困難があった時には、誰にも頼らず一人で立ち向かうことが彼女に対する愛情表現だと思っています。女性は、そんなことがあったのに相談してくれなかったなんて、信頼されていないのかも、と落ち込んでしまったりするものですが、男性は困難に立ち向かい、打ち勝つことで、彼女に認めてほしい、と思う気持ちから、彼女に相談せず一人で頑張ってしまうのです。

■厳しいアドバイスをする

女性が彼氏に相談をするときは、話を聞いてもらって安心したいだけということもありますが、男性は、彼女に何か相談されたら、自分が問題を解決しなければ!と思ってしまいます。そのため、彼女からの相談に大して、時に厳しい指摘やアドバイスをしてしまうことがあります。気持ちをわかってもらいたいだけの彼女にとって、ツラい仕打ちになってしまうかもしれませんが、彼女の役に立つことが男性の愛情表現なのです。

■いちゃいちゃする場面じゃないのに触ってくる

あなたが深刻な話をしているのに彼氏があなたの身体に触れてきて、「今そういう雰囲気じゃないのに…。」と思ったことはありませんか? こんな時でも彼氏が彼女の身体に触れるのは、彼女に安心してほしい、という気持ちから。場違いな時でも男性が彼女に触れてくるのは、愛情表現の一つなのです。

いかがでしたでしょうか? 男性の愛情表現は、女性のそれと大きく異なるので、女性にとっては男性の愛情表現を正反対の意味に捉えてしまうようなことも多々あります。彼氏がこんな行動をしたら、その行動の裏にある愛情を上手に読み取れるようになると、不安に思うことも少なくなりますよ。

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催