片思いを成就させる必勝電話テクニック5選!

学生の窓口編集部
2015/11/27
恋愛
あとで読む

片思い相手と電話するときにはドキドキしてしまうもの。しかし、緊張してばかりいては二人の仲を進展させることはできません。電話ができるのであればテクニックを使って相手をその気にさせてみましょう。ここではおすすめのテクニックを紹介します。

■リアクションのパターンを増やす

相手の姿が見えないツールである電話では声の出し方が大切になってきます。「ふーん」とか「へー」といった言葉はどうしても平坦になりがちで、相手に「つまらないと思われているのかな」と感じさせてしまいます。多少テンションを上げて話すと気持ちが相手に伝わりやすいので、オーバーリアクションが苦手な方は電話の前に簡単に練習してみるとよいでしょう。また、身振り手振りをつけると声に感情がつきやすいため、電話をしている途中であってもいつもと同じ姿勢で話すと効果的。テレビを見たり、ネットを眺めたりして話すことはやめた方がいいですね。

■電話をかける時間帯に注意をする

仕事をしている男性に勤務時間帯に電話をかけるようなことは片思いの段階ではしないほうがいいでしょう。仕事でトラブルを抱えている場合にはかえってあなたの印象をダウンさせてしまうことになります。日中働いている男性であれば、21時から23時までの間にかけることがおすすめ。残業をしていたり他の用事が入っていたりする場合もあるため、電話をかける前にはメールで電話をかけても大丈夫かどうか尋ねると「気配りのできる子」という印象を持ってもらうことができます。

■電話で話す内容はそれでも大丈夫?

ついつい聞いて欲しいがあまり、その日に起こったことをダラダラと話す女性がいますが、基本的に男性はオチのない話を好まないものです。オチをつけて会話が盛り上がるように工夫しましょう。話術に自信がない方は、共通の趣味の話題を振ってみると盛り上がりやすいです。

電話で話す長さには気をつける

ついつい長電話をしてしまう傾向にある女性ですが、反対に男性はあまり長電話が得意ではありません。そうではなくても仕事で疲れていて早く切りたいと思っている場合もあることでしょう。顔が見えないため相手の反応が読みにくいところもありますが、生返事が続いて声のトーンが低いようであれば、話をそこそこに切り上げるようにしましょう。また例え話が盛り上がっているとしても、定期的に「まだ電話しても大丈夫?」と一言かけると切り際を相手も言い出しやすいものです。10分毎にこの一言を挟むと効果的です。

■電話を終えるときには必ずお礼を言う

お礼を言われて悪い気がするという人はいません。電話を切る前に「話を聞いてくれてありがとう」「聞いてもらえて元気がでたよ」と一言添えるだけで、その電話に対する印象が大きく変わってきます。実際に会うと言えるのに、電話では言えてない人が多いためぜひ取り入れるようにしましょう。

携帯電話を持っていることが当たり前の世の中ですが、正しい電話のマナーを知らない人は一定多数存在します。自分の都合に相手を巻き込まず、お互いが楽しいと思える通話を楽しみたいものですね。自分の電話マナーをもう一度チェックしてみましょう。

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催