年下の恋人を傷付けずに上手くふる恋愛テクニック4選

学生の窓口編集部
2015/11/27
恋愛
あとで読む

恋人に別れを告げるのは難しいものです。ましてや相手が年下で、自分が初めて付き合った相手だった場合は余計かわいそうになってしまいますよね。年下の恋人をふるときは気遣いが必要です。傷付けないで振る方法を4つお教えします。

■徐々に距離を置く

仲良くしていたと思っていたのに、いきなり別れを切り出されたら誰だってショックが大きいですよね。ですがメールやLINEの返事をすぐにしない、デートをやんわり断るなど、徐々に距離を置くことから始めれば、相手も「もしかして…」と、心の準備ができます。あなたのいない時間を過ごすことにも慣れてくるでしょう。せめてもの思いやりとして、相手に一人になる準備ができたかどうかを見計らって別れを告げましょう。

■自分に原因があることを強調

たとえ相手のことが嫌になって別れる場合でも、「嫌いになったわけじゃない」と強調することで相手のダメージを最小限に食い止めることが可能です。勉強が大変だから、恋愛より趣味に没頭する時間がほしいから、などなどあくまで自分の側に原因があることを話します。そして、これからも友だちでいようね、何かあったら話そうねと告げることで、相手も少しでもポジティブな気持ちになれるのではないでしょうか。

■感謝の気持ちを伝える

別れたいと告げたときに「なんで?」と食い下がられても、相手への不満をぶちまけるのは絶対に避けましょう。これでは修羅場になり、お互いを憎みながら別れるという残念な結果にもなってしまいます。先ほど挙げたように、自分の側に原因があることだけを話し、相手に対しては長所を挙げながら、感謝の気持ちをしっかり伝えましょう。それでも、別れたいという意思ははっきり告げ、相手に可能性のない希望をもたせないということも、年上のあなたからの思いやりです。

■場所と日を考える

年下の相手が、別れ話にどうリアクションするかは想像がつきません。静かに受け止めてくれる可能性もありますが、取り乱したり泣いたりされることもあるでしょう。ですから、場所はレストランなど人目のある外でなく、相手の家が無難です。あなたの家だと、相手が帰ってくれない可能性があるためです。別れ話が終わった後は、ずるずると長居して期待を持たせないようさっさと帰ることです。また別れ話をする日は、相手が立ち直る時間を作ってあげるため、休日前の夜がいいでしょう。


年下の恋人に別れを告げるときは、負い目を感じてしまってスパっと言いにくいこともあるでしょう。ですが自然消滅を狙ったり、まだその気がないのに、戻れる可能性があるような態度を取ることは相手をさらに傷つけてしまいます。思いやりを持って、でもはっきりと別れの意思を伝えるのが年上の優しさではないでしょうか。

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催