【ミスソフィア2015】グランプリは上智大学文学部3年、石本花さんに決定「青春できました」

学生の窓口編集部

お気に入り!

あとで読む

西山喜久恵、大橋未歩など第一線で活躍するアナウンサーを多く輩出してきた上智大学『ミスソフィアコンテスト』。11月3日、2015年度のファイナル本番が開催され、文学部新聞学科3年生の石本花さんがグランプリに輝きました。今年のテーマ“純"にふさわしいとして選ばれた5名の候補者たち。それぞれが個性を発揮し、最後まで誰が優勝してもおかしくないほどの接戦を繰り広げました。また、準グランプリには経済学部経営学科3年生の栗山朋子さんが選ばれました。

多くの人が会場に集まり、ほどよい緊張感のなか始まった同コンテスト。各候補者たちによるスピーチや、ヴァイオリン・フルート・日本舞踊などの特技を披露し、各々が自己PRをしました。終盤では、ウエディングドレス姿の披露や、家族からのサプライズ手紙もあり、会場全体が感動の涙に包まれる場面も。

クライマックスの審査結果発表では、グランプリの名が告げられた瞬間、石本さんは手で顔を覆い喜びの涙を流しました。会場からは大きな拍手が起こり、盛り上がりはピークに。

受賞後、石本さんは「ファイナリスト5人でこの日を目指して半年間がんばってきました。楽しこともあれば、つらいこともあり、その度にみんなで一緒に乗り越えてきたので、すごく青春することができました。終わってしまったことが寂しいんですけど、ミスコンに出られて本当に良かったと思います。かけがえのない思い出になりました」とこれまでの活動を振り返りつつ、ミスソフィアの栄冠を手にした喜びを語ってくれました。

また、準ミスソフィアに選ばれた栗山さんも「受賞したことがまだ信じられなくて、今はコンテストが終わってしまった寂しさの方が大きいです。準ミスに選んでいただいたので、上智大学の魅力を発信していけるよう頑張ります」と語り、二人とも満面の笑顔を見せてくれました。

▼グランプリの石本花さん(左)、準グランプリの栗山朋子さん(右)

取材・写真・文:小山喜崇(サイドランチ)

関連記事

「大学生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催