世界観が秀逸な名作SFアニメ20選! ワクワクしたい人におすすめ 3ページ目

学生の窓口編集部
2015/10/31
学生トレンド
あとで読む
目次
  1. 1.宇宙戦艦ヤマト
  2. 世界観が秀逸! 名作おすすめSFアニメ 2ページ目
  3. 世界観が秀逸! 名作おすすめSFアニメ 3ページ目
  4. 世界観が秀逸! 名作おすすめSFアニメ 4ページ目
  5. 世界観が秀逸! 名作おすすめSFアニメ 5ページ目

9.ジャイアントロボ THE ANIMATION-地球が静止する日

究極のエネルギー源「シズマドライブ」により、繁栄した世界。そこでは秘密結社BF団が恐るべき計画「地球静止作戦」を実行しようとしていた。国際警察機構と史上最強のロボット「ジャイアントロボ」、そしてそれを操る少年「草間大作」はそれを止められるのか?

この恐るべき作戦の裏に隠された真の目的とは何なのか...!?

横山光輝氏の「ジャイアントロボ」を原作としたオリジナルビデオアニメ。監督は「機動武闘伝Gガンダム」で名を馳せた今川泰宏氏です。「仮面の忍者 赤影」・「水滸伝」・「バビル2世」等、横山光輝作品のキャラクターが多数登場し、ハイテンションなキャラクターと熱いストーリーが高く評価され、人気を博しました。

また、声優に野沢那智氏(ブルース・ウィリスの吹き替えやアニメ「コブラ」等で有名)や大塚周夫氏(アニメ「美味しんぼ」の海原雄山役等で有名、大塚明夫氏のお父さん)といった大御所を起用し、重厚な大人の魅力も作品にプラスされています。第1巻発売から20年経った今でも色あせる事の無い名作です!

≪作品概要≫
タイトル名:ジャイアントロボ THE ANIMATION -地球が静止する日
原作:横山光輝
監督:今川泰宏
脚本:今川泰宏ほか
キャラクターデザイン:窪岡俊之、山下明彦、小曽根正美
アニメーション制作:アニメーション制作:ムー・フィルム(1)、ムー・アニメーション・スタジオ(2・3・4)、ジュピター・フィルムズ(5)、フェニックス・エンタテインメント(6・7)
作曲:天野正道
OVAリリース時期:1992年7月~1998年1月


10.機動戦士Zガンダム(1985)

前作「機動戦士ガンダム」における戦争終結から7年後、宇宙歴0087、ジオン公国軍に勝利した地球連邦軍はコロニーに対し支配と圧力を強めていた。やがて、本作の主人公カミーユ・ビダンがその戦闘に巻き込まれていく...。

「機動戦士Ζガンダム」は不朽の人気を誇るガンダムシリーズの一つとして1985年~1986年に放送されました。本作は日本のアニメ界の歴史を大きく変えた空前のヒット作である初代ガンダムの良さを継承しつつ、その後のガンダムシリーズの基礎を作り上げたと言える作品になってます。

前作のキャラクター達も登場し、なんと前作で適役だった「赤い彗星」ことシャアが本作では味方として登場しています。

前作同様、戦争の重みを描きながらも、人間ドラマや巨大ロボによる戦闘シーンを盛り込むことによって隙なくストーリーを展開し、世界観を演出しています!

≪作品概要≫
タイトル名:機動戦士Zガンダム(1985)
監督:富野由悠季
アニメーション制作:日本サンライズ(現:サンライズ)
製作:名古屋テレビ、創通エージェンシー、日本サンライズ
放送期間:1985年3月2日~1986年2月22日


11.魔法少女まどか☆マギカ(2012年)

平和な日々を送る中学二年生、鹿目まどかはその日夢をみた。夢の中で、巨大な怪物に破壊された街と、その怪物と戦う傷ついた少女を目撃する。そして不思議な白い生き物から「僕と契約して、魔法少女になってほしい」と告げられる――。

翌朝、夢で見た少女と瓜二つの転校生暁美ほむらがまどかのクラスにやってくる。戸惑うまどかに、ほむらは意味深な言葉をなげかける。

その日を境に、まどかの日常は非日常へと変わっていくのだった――。

「魔法少女」「☆」のついたこのタイトルからは、可愛らしい夢のある内容の作品を連想するかと思いますが、内容はタイトルや絵柄からは想像もつかないようなシリアスで悲惨なものになっています。

回を追うごとに葛藤しながらも絶望の淵で戦わざるをえない魔法少女たちの運命が重くのしかかってきて、後半はもはや涙なくして観れない内容となっています。アニメの歴史に金字塔を打ち立てた怪作とも言われており、設定やストーリー構成が秀逸なだけでなく、魔女のデザインや音楽演出も斬新なオススメ名作です!

≪作品概要≫
タイトル名:魔法少女まどか☆マギカ(2012年)
原作:Magica Quartet
監督:新房昭之
シリーズディレクター:宮本幸裕
脚本:虚淵玄
キャラクターデザイン:蒼樹うめ(原案)、岸田隆宏
音楽:梶浦由記
放送期間:2011年1月7日~4月22日


12.図書館戦争シリーズ

2019年、人権侵害表現を規制するためという名目で、メディアに対する取り締まりを正当化する“メディア良化法"が施行されてから30年の月日が流れていた。

これに対し、図書館法に則る公共図書館は、本の自由を守るべく、武装した図書隊による防衛制度を確立した。そしてそれ以降、図書隊と良化特務機関は長期にわたり抗争を繰り広げるのだった...。

主人公、笠原郁は過去に出会った図書隊員への憧れから図書隊へ入隊します。架空の法律によって多大な影響を受ける社会問題を、笠原郁の恋愛模様や成長を絡めながら描いた作品となっています。アスキー・メディアワークスから出版された同名の小説を原作としており、漫画化、テレビアニメ化、劇場アニメ化、実写映画化、テレビドラマ化をした人気作品です。

原作小説は『本の雑誌』が選ぶ2006年上半期エンターテイメント第1位、2007年本屋大賞第5位、2008年にはシリーズ作品として第39回星雲賞日本長編作品部門を受賞しました。累計発行部数は2015年5月時点で570万部を突破するなど、数々の業績を残しています!

≪作品概要≫
タイトル:図書館戦争シリーズ
原作:有川浩
監督:浜名孝行
シリーズ構成:古怒田健志
脚本:坂井史世、谷村大四郎、高橋郁子、ハラダサヤカ
キャラクターデザイン:中村悟
音楽:菅野祐悟
放送期間:2008年4月12日~2008年6月28日

次のページ世界観が秀逸! 名作おすすめSFアニメ 4ページ目

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催