「アホネン」「ドブス」日本人だと悪口? に聞こえる外国人の名前7選

学生の窓口編集部
2015/10/26
学生トレンド
あとで読む


外国人の名前の中には、日本語では「悪い言葉」に聞こえるものがあります。例えば「ヤン・コラー」という名前のサッカー選手がいました。発音してみるとなんだか怒っているように聞こえますね。今回は、悪口やヘンに聞こえる外国語の名前を紹介します。

●まるでののしられているような名前です

ロシアから日本にやってきた「露鵬」という力士がいました。露鵬の本名は「ソスラン・フェーリクソヴィッチ・ボラーゾフ」です。露鵬は、大嶽部屋(入門時は大鵬部屋)に所属していました。「クソ」で「ヴィッチ」なのは気になりますね。

●自分で開き直っている感じの名前です

フィンランドに、「ヤンネ・アホネン」というスキージャンプの選手がいます。ヤンネ・アホネンは、16歳の若さでリレハンメルオリンピックの代表に選ばれたとても優秀な選手です。アホにネンが付くことにより、関西弁の「アホやねん」が連想できますよね。

●絶対に女性に言ってはいけない名前です

「レム・ドブス」という脚本家がいます。レム・ドブスは、これまでに『スコア』、『イギリスから来た男』などの映画の脚本を執筆しています。しかし「ドブス」とはまたひどい響きですね。女性の前では、この名前を絶対に口にしない方がいいかもしれません。

●子供が言いたがる「あれ」の名前です

イタリア出身のバイクライダーで、「フランコ・ウンチーニ」という選手がいました。ウンチーニは、ロードレース世界選手権で活躍し、1982年には500ccクラスの世界チャンピオンになっています。名前のわりに強い選手ですね(笑)。

●3年B組を思い出す名前です

旧ソビエト連邦の政治家に、「ワジム・ヴィクトロヴィッチ・バカーチン」という人物がいました。最後のKGB(ソ連国家保安委員会)議長で、ゴルバチョフを支えた人物でもあります。金八先生の「このバカちんが!」というせりふが頭に浮かびませんか。

●動物の入った名前です

セネガル共和国に、「マッキー・サル」という政治家がいます。マッキー・サルは、首相を経て、現在同国の第4代大統領を務めている人物です。「マッキー」もサルの鳴き声っぽいですしね。

●地獄に落とされそうな名前です

韓国に「パク・シネ」という女優がいます。彼女が出演したドラマ『美男(イケメン)ですね』は韓国ではやり、日本でもリメイクされました。「シネ」という言葉は日本ではあまりよくは聞こえません。

悪口に聞こえる名前ってけっこうあるものですね。皆さん来日すると、苦笑とともに紹介されたりするかもしれません。なんだかお気の毒になってしまいますね。

(吉田ハンチング@dcp)

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催