今年で30周年! みんなが遊んだゲーム「スーパーマリオ」の今までを振り返る

学生の窓口編集部
2015/11/16
学生トレンド
あとで読む

1985年9月13日に任天堂から発売されるやいなや空前の大ヒットとなったゲームソフト「スーパーマリオブラザーズ」。今年で30周年を迎えたこの作品を幼いころ一度は遊んだ記憶があるのではないのでしょうか?ここではその軌跡をまとめて紹介したいと思います。

■初代ファミコンゲームのスーパーマリオとは

ファミコンゲーム「スーパーマリオブラザーズ」では主人公であるマリオとその弟であるルイージのいずれかを選択して、ステージ内に登場するさまざまな障害をクリアして制限時間内にゴールするというもの。クリボーやノコノコ、パックンフラワーなど障害となるはずのキャラクターが愛嬌たっぷりで楽しめたものです。ラスボスであるクッパを倒してオールステージをクリアすると、囚われの身であったピーチ姫を取り戻すことができました。

■スーパーファミコンに移行した「スーパーマリオワールド」

現在では定番人気キャラクターとなっているヨッシーが誕生した「スーパーマリオワールド」。ファミコンゲームと比較するとグラフィックが鮮明で人気を博していたスーパーファミコン対応の定番ソフトとして位置づけられていました。「恐竜ランド」を舞台にしてラスボスクッパを倒すために、さまざまな障害を乗り越えていきます。

■3Dアクションゲームとなった「スーパーマリオ64」

1996年に任天堂から発売された家庭用ゲーム機「Nintendo64」の対応ソフトとして発売された「スーパーマリオ64」はラスボスクッパを倒す展開はこれまでのソフトと同様。しかし、Nintendo64の新機能を生かした視点移動ができることが本作の大きな特徴であり、通常では見えないところを楽しんでゲームをすすめることができます。3Dゲームブームの牽引役として知られていました。

次のページ小さな画面でも大活躍!「Newスーパーマリオブラザーズ」

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催