ナイスアイディア! 飲んだ後はそのまま種まきができる究極のエコペーパーカップ

学生の窓口編集部
2015/10/01
学生トレンド
あとで読む

今や、世界の関心事である「エコ」。そのひとつとして、失われて行く森林の問題が挙げられます。使い捨ての割り箸の代わりにマイ箸を持ち歩く人や紙を積極的にリサイクルする企業も多くなってきました。そこでもうひとつ、エコをさらに発展させた「森を作るコーヒーカップ」などはいかがでしょう。土に還るだけじゃない!コーヒーを飲んだら木が生えるカップを米サイトBored Pandaよりお届けします。

カフェの人気が高まるにつれて、当然ながらペーパーカップの利用も増えてしまっています。これはちょっとエコではないですよね。しかし、いつもマイ・カップを持ち歩くのもなかなか大変! そこで開発されたのが、「植物の種が埋め込まれたペーパーカップ」です。

アメリカ・カリフォルニアの「Reduce. Reuse. Grow」という会社がデザインしたというこのカップ、土に埋めるとそれ自体が土にかえるだけでなく、中の種が芽を出して草木になっていくというもの。プログラムに参加している店舗でコーヒーを飲んだあとのペーパーカップは、お店が「種まき」として埋めてくれるいう画期的なアイディアです。もちろん自分で埋めるの可能です。中に入っている種はその土地にあったものを使用しているようです。またコーヒーの熱による種への影響や発芽の研究も、科学者やエコのエキスパートと協力して開発したみたいです。

手順は簡単。カップを広げ、水に5分間浸けて植えるだけ。「ポイ捨て禁止」ではなく、「捨てるなら埋めよう」なんて標語ができる日も近いかもしれませんね。

(文/訳 木口マリ)

写真/記事提供:Bored Panda

More info: planttrash.com

Kickstarter

(h/t: laughingsquid )

関連記事

関連キーワード

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催