​【デカ盛り】サクじゅわ~! 軽い食感と肉汁のうまみあふれる巨大メンチカツの大井町『キッチン ブルドック』

学生の窓口編集部
2015/10/01
グルメ
あとで読む

昭和テイストの雑然とした雰囲気の中、迷路のように入り組む、大井町・東小路飲食街にあらわれる昭和24年創業の老舗洋食店「ブルドック」。メニューの豊富さもさることながら、どの品もボリューム満点の盛りのよさで開店早々から行列をつくり、終日にぎわうことで有名だ。

●ボリューム&コストパフォーマンス最高の老舗洋食店
卵3個を使う大きな「オムライス(みそ汁・お新香付き)」900円をはじめ、小ぶりなハンバーグ5個をタワー状に積み上げた「ハンバーグ」(単品880円/定食1340円)など、豪快なビジュアルで見た目も楽しませてくれる品がそろう。数あるメニューのなかでも、コストパフォーマンスと味のよさで多くの客が注文するのが「メンチカツ」(単品770円/定食1150円)。そのボリュームは、直径30センチほどの大皿を占めるほどで、まさに"わらじ"状の大きさ。先に盛られたキャベツの上にメンチカツがのせられて提供されるのだが、メンチカツの重量感で山盛りのキャベツもかすむ勢いなのがすごい。

●油っこくなく肉汁のうまさあふれたメンチカツ
ボリューム重視の揚げ物だけに大味なものだと完食までがきつくなるが、そこは60年以上の歴史をもつ老舗洋食店のクオリティー。色味濃く、香ばしく揚げられたカツの衣は、いやな油っぽさもなくサクサクと軽快な食感で、最後の一切れまで飽きることなく食べ進むことができる。粗挽きの、しっかりとした食感の挽肉からあふれる肉汁もたっぷりで、あらかじめかけられているデミグラスソースも、コクとともに塩気も強めなので、ご飯のおかずとしてのメンチカツとしては完璧な仕上がり。定食に付く豚汁も、根菜たっぷりで食べ応えとともに栄養バランスもいい。他にも、グラタン(各種880円~)やナポリタン(880円)など洋食店らしいメニューがずらりとそろい、ディナータイムはビールやワインとともに楽しむグループ客も多い。食事をがっつりと決めたい大食漢だけでなく、昔ながらの洋食の味わいを求める常連からも愛され続けている名店だ。

【店舗データ】
店名:キッチン ブルドック
所在地:東京都品川区東大井5-4-13
営業時間:11:40~21:00
定休日:水、第3木
HP:なし

【その他メニュー名 価格】
・カレーライス800円・ロースかつ(単品730円/定食1190円)・ビーフ舌シチュー1500円※すべて税込価格



関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催