【動画】意外と持ってるんじゃない?アレとアレで火を起こせるサバイバルテクニック!

学生の窓口編集部
2015/09/25
学生トレンド
あとで読む

【動画】あ!マッチもライターも忘れちゃった!そんな時は乾電池とガムの包み紙!?

仲間や家族とキャンプに出かけて、ワクワク楽しい気分で大盛り上がり!いざ、バーベキューを始めようと思ったら……「あ〜!マッチもライターも忘れてきちゃった」なんてオチ、経験したことありませんか?

そんなシチュエーションの時に、「いや、大丈夫!オレに(私に)任せて!」とサッと火をつけられたら、あなたの株は急上昇。「デキるやつ」という印象になること、間違いなしです。でもマッチもライターもないのに、どうやって火をつけるの? と思っているあなたは、ぜひこちらの動画をチェック!


なんと、懐中電灯に入っていた電池と、ガムの包み紙(銀)を使うとあっという間に火をおこすことができるんです。


➢ 包み紙を3つに切り分け、砂時計のような形に切る(真ん中の細い部分は2mmくらい)
➢ 外側の銀の部分を乾電池の+極と-極につける


たったの2ステップで、あっという間に火がつくんです。この火を新聞紙やワラにうつせば、バーベキューも焚き火もバッチリです。もちろん、乾電池自体に火が移ったら危ないので、取り扱いは十分慎重に行いましょうね。


参考:
When You Put A Gum Wrapper And A Battery Together Something AMAZING Happens
http://www.dailyliked.net/gum-wrapper-battery-fire...

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催