【京都グルメ】ロイヤルミルクティ発祥の店!ティーハウス リプトンの紅茶アイス&ゼリーフラッペは濃厚な風味

編集部:はまみ
2015/09/06
グルメ
あとで読む

「ロイヤルミルクティーフラッペ」880円

カフェや喫茶店のメニューに「ロイヤルミルクティ」を見つけると、つい注文してしまう人は多いはず。ロイヤルミルクティという言葉には、紅茶の国・英国の飲み物というイメージがありますが、実は和製英語。しかも少々意外なことに、古都・京都のとある喫茶店が、かつて東京銀座に出店した際に作り、全国に広まった飲み物なんです。

■実は京都でしか食べられない! 紅茶が濃厚に香る洋風かき氷
その喫茶店とは、京都・三条に本店を構える「ティーハウス リプトン」。日本では、大手食品メーカー他複数企業が、英国紅茶のリプトンブランドを自社商品や店舗に使用していますが、「ティーハウス リプトン」を運営する株式会社フクナガもその一つ。昭和5年に、創業者の福永兵蔵氏が「リプトン本社直轄喫茶部 極東支店」として三条にティーショップを開いたのが始まりだったと言います。
ということで、この店の一番の看板メニューは「ロイヤルミルクティ」700円なのですが、夏場は紅茶を使った冷たいスイーツも見逃せません。特に人気なのが、きめ細やかな氷にロイヤルミルクティーシロップをかけ、紅茶をのせた「ロイヤルミルクティーフラッペ」880円(夏季限定)。紅茶の香り高さとミルクのコクがマッチした贅沢な味わいは、紅茶専門店ならでは。濃厚な紅茶風味を出すために、ミルクティに最適なアッサムの茶葉を通常の数倍量使用し、濃く抽出させたものを使用しているそう。

■定番の洋食メニューでランチタイムも楽しめる

お茶のほか、ランチやディナーにも使えるのが「ティーハウス リプトン」の魅力。食事メニューはハンバーグ、ドリア、パスタといったファミレスにあるような定番洋食が中心ですが、ランチセットの付け合わせまでしっかりおいしかったり、サンドイッチの具がはみ出しそうなほど詰まっていたりと、味や質は明らかにワンランク上。それでいて奇をてらった味付けではないので、高齢の家族や親戚なども安心して連れて来られます。
また、現在は京都市内にしか店舗がないので、観光スポットとしても狙い目です。京都旅行の際には、こちらで日本初のロイヤルミルクティや紅茶スイーツを味わってみるのも一興なのでは?

文/本居佳菜子(エフスタイル)

【店舗データ】
店名:ティーハウス リプトン 三条本店
※ ほかにティーハウス店、ポルタ店あり
※ フラッペは三条本店、ティーハウス店限定
所在地:京都府京都市中京区寺町通三条東入る
営業時間:10:00~21:30(ラストオーダー21:00)
金・土は22:00クローズ(ラストオーダー21:30)
定休日:なし
HP: http://www.fukunaga-tf.com/lipton/
メニューはすべて税込価格

【その他メニュー】
・ブレンドコーヒー520円
・紅茶パフェ1,080円

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催