行かないと絶対に損! 大学生が卒業旅行に行くべき4つの理由

学生の窓口編集部
2015/09/06
学割
あとで読む

大学を卒業するときにいく「卒業旅行」。 絶対に行かなくてはいけないものではないので、バイトなどの忙しさや金銭面、準備などの面倒臭さを理由に行きたくないと思ってしまうかもしれません。卒業旅行に行かないことも一つの選択です。ただし、社会人になってからはいくら行きたくても卒業旅行には行けません。そこで今回は、卒業旅行に行かない選択をする前に考えておきたい社会人になる前に卒業旅行に行くメリットをご紹介します。

■卒業旅行に行くメリット1 日程が合わせやすい

友だちと旅行に行く場合、みんなの都合を合わせなくてはいけません。

社会人になるとお互いの休みを合わせることが難しく、一緒に行けなくなるメンバーが出てくる可能性があります。旅行の日程合わせが難しく、予定よりも少ない休みしか取れず、泣く泣く旅行先を近場に変更しないといけないかもしれません。卒業旅行のタイミングであれば、社会人と比べて比較的日程調整が簡単といえるので、希望に近い旅行の実現が可能でしょう。

■卒業旅行に行くメリット2 安い料金で行ける

社会人になってからの旅行だと、休みの関係で、繁忙期とされるお盆周辺や年末年始しか旅行にいけないかもしれません。繁忙期の旅行代金は、閑散期の旅行料金よりかなり高いことが多く、海外などだと3倍以上になることもあります。卒業旅行のシーズンである2月3月は、旅行料金が割安なことも多いので、金銭的な面からも旅行をする時期としてはおすすめといえるでしょう。また、旅行会社によっては卒業旅行の割引プランや、学割などがある場合もあるのでよりお得に旅行にいけるかもしれません。

■卒業旅行に行くメリット3 学生気分で行ける

卒業旅行は学生気分で旅行に行ける最後のチャンスです。社会人になってからの旅行だと、休みを取るにも他の社員に気を使ったり、旅行中も仕事のことが頭を離れず心の底からは旅行を楽しめないということもあるでしょう。仕事先の人に、お土産を多めに買うといった気配りなども必要になってきます。仕事のことを考えず、学生気分で少しくらいはめを外して楽しむのも卒業旅行ならではかもしれませんね。

■卒業旅行に行くメリット4  思い出に残る

卒業旅行は、多くの人にとって、これまで小学校からずっと学んできた学業から卒業する節目の旅行です。卒業旅行に行って、節目を実感したからこそ社会にでてから気持ちを切り替えて仕事に取り組めるといったこともあるでしょう。また、学生時代といった貴重な時間を一緒に過ごした仲間と、今後も共有できる思い出を作ることもできます。共有できる思い出があれば、今後全く違う仕事に就いて、共有できるものが減ってしまってもいつまでも仲のよい仲間でいられるかもしれません。卒業旅行は、多くの人にとって、これまで小学校からずっと学んできた学業から卒業する節目の旅行です。卒業旅行に行って、節目を実感したからこそ社会にでてから気持ちを切り替えて仕事に取り組めるといったこともあるでしょう。また、学生時代といった貴重な時間を一緒に過ごした仲間と、今後も共有できる思い出を作ることもできます。共有できる思い出があれば、今後全く違う仕事に就いて、共有できるものが減ってしまってもいつまでも仲のよい仲間でいられるかもしれません。

学生限定の割引も!お得な学生旅行の特集はこちら

卒業旅行に行かない選択をして後悔することが後々ないように、しっかりと考えてどうするかを決めたいものですね。社会人になると慌ただしい日々が待っています。その前に気の合う仲間と卒業旅行に行くのもおすすめです。

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「学割・プレゼント」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催