「かわいい服を卒業」「嫌いな人とも普通に話せる」社会人がつい「大人」を演じてしまう瞬間

学生の窓口編集部
2015/06/30
学生トレンド
あとで読む


いつの間にか世間から「大人」として見られる年齢になってしまった自分。私たちが子どもだった頃の大人も、実は同じだったのかなぁ……なんてノスタルジックな気持ちになってみたりして。みなさんは、無理に「大人」を演じているなと思う瞬間がありますか? 社会人のみなさんに聞いてみました。

■人の嫌がることでも……

・「残業を笑顔で引き受ける。本当は嫌で仕方ないが、嫌な顔をして周りを不快にさせたくないから」(女性/27歳/人材派遣・人材紹介)

・「残業を付けないで仕事をしているとき。ホントは少しでもつけたいけどなんだか周りがしていないと気が引ける」(女性/21歳/自動車関連)

自分は絶対にやりたくない、なんて言って周囲からワガママと思われたくない! そんな思いが感じられます。

■背伸びしちゃってます

・「お酒が強くないのに無理して飲む。ビールは嫌いなのに最初は必ずビールからはじまる」(女性/27歳/医療・福祉)

・「タバコを吸う。別にめちゃくちゃ吸いたいわけでも無いのに、カッコつけで吸っている」(男性/26歳/農林・水産)

お酒やタバコは大人になってから。でも、別に大人になったらやらなくちゃいけないというわけではありません。

■公式な場ですから

・「親戚の集まり。ちゃんとした人間に見せるために演じている」(男性/32歳/機械・精密機器)

・「冠婚葬祭でも大人な挨拶。ご愁傷様でしたと言い慣れてないのでいいづらい」(男性/43歳/その他)

こういうときに大人の対応ができるかどうかで、その人の精神面が問われます。

■よそゆきの声で

・「電話での丁寧過ぎる対応。普段の自分はサバサバしているから」(女性/28歳/団体・公益法人・官公庁)

顔の見えない相手だから、とりあえず猫かぶっておく?

■バレると困るし

・「アニメや漫画が好きだと公言できない時。そういうのは子供の見るものだというイメージで何か言われるんじゃないかと思うから」(男性/35歳/情報・IT)

・「アニメの映画を見たいのに見れない。ドラえもんとか好きなのに見られないから」(女性/30歳/機械・精密機器)

大人がアニメ好きだっていいじゃない。それでも、他人の趣味を差別するような人はいるんですよね……。

次のページつい大人を演じてしまった瞬間は?

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催