Excelで表を見やすくするためのひと工夫【表作成の応用編】

2019/10/18

新生活・準備

Excelで表を作成する際、ちょっとしたコツを知っているだけで段違いに見やすい表を作ることができます。今回は見やすい表を作成するためのひと工夫とその方法をご紹介します。

Excelで表を見やすくするためのひと工夫【表作成の応用編】

列の幅を広めに調整する

Excelの表は、ただでさえ数値がたくさん並ぶので、見づらくなりがちです。そこで、列や行の幅に少し余裕をもたせることで、だいぶ見やすい印象に変わります。

列幅を変える方法

幅を変えたい列を選択 → 右クリック → 列の幅を入力

Excelで表を見やすくするためのひと工夫【表作成の応用編】2

他の方法(マウスでドラッグして列幅を調整)

幅を変えたい列を選択 → 列の境界線にカーソルをもっていく → 左右矢印になったところでドラッグ

Excelで表を見やすくするためのひと工夫【表作成の応用編】3

見やすく整理するポイント

表を分かりやすく、すっきりと見せるためには、いくつかのポイントがあります。

【1】セルを結合する
結合したいセルを選択 → Excelメニューの「ホーム」→ 「配置」グループの「セルを結合して中央揃え」

Excelで表を見やすくするためのひと工夫【表作成の応用編】4

【2】セルに色を付ける
色をつけたいセルを選択 → Excelメニューの「ホーム」→ 「フォント」グループの「塗りつぶしの色」

Excelで表を見やすくするためのひと工夫【表作成の応用編】5

【3】罫線の種類を変える
色をつけたいセルを選択 → Excelメニューの「ホーム」→ 「フォント」グループの「罫線」
※今回は「太い罫線」、「下二重罫線」を選択

Excelで表を見やすくするためのひと工夫【表作成の応用編】6

【4】入力している文字や数値に対してセルの大きさに余裕をもたせる
幅を変更したいセルを選択 → カーソルをセルの間に移動させる

Excelで表を見やすくするためのひと工夫【表作成の応用編】7

【5】太文字などを用いて、文字の大きさに変化をつける
編集したいセルを選択 → Excelメニューの「ホーム」→ 「フォント」グループの各機能を選択
※今回は「太字」を選択

Excelで表を見やすくするためのひと工夫【表作成の応用編】8

【6】セル内での文字の配置を変える
編集したいセルを選択 → Excelメニューの「ホーム」→ 「配置」グループの各機能を選択
※今回は「中央揃え」を選択

Excelで表を見やすくするためのひと工夫【表作成の応用編】9

セル内で改行する方法

Excelでは基本的に「Enter」キーを押したときには、入力セルが移動するようになっています。文書作成のときのように「Enter」キーだけでは改行することはできません。では、セル内で改行を入れたいときは、どのようにしたらいいのでしょうか。ここでは、その方法を説明します。

【1】改行を入れたいところにカーソルを移動させる

Excelで表を見やすくするためのひと工夫【表作成の応用編】10

【2】「Alt」キーを押しながら「Enter」キーを押す

Excelで表を見やすくするためのひと工夫【表作成の応用編】11

行間を設定する方法

セル内の文章の行間を設定するだけで、見やすさの印象はかなり変化します。ここでは簡単な設定方法を説明します。

【1】行間を調整したいセルを選択

Excelで表を見やすくするためのひと工夫【表作成の応用編】12

【2】セル内の文章の行間を調整する
Excelメニューの「ホーム」→ 「配置」→「セルの書式設定」の「配置」→「縦の位置」から選択
※今回は「均等割り付け」を選択

Excelで表を見やすくするためのひと工夫【表作成の応用編】13

ひと工夫でここまで変わる

以上までの手順を踏みながら、表を整理すると下図のように見栄えが変わります。

(編集前)
Excelで表を見やすくするためのひと工夫【表作成の応用編】14

(編集後)
Excelで表を見やすくするためのひと工夫【表作成の応用編】15

縦書きで文字を入力する方法

セルのスペースを効率良く使いたい場合に、セル内の文章を縦書きにしたいと思うこともあるでしょう。そのような場合の設定方法について説明します。この方法は、セルに値を入力後に縦書きにしたいときにも使える方法なので、ぜひ覚えてみてください。

【1】縦書きにしたいセルを選択して「縦書き」の設定をする
縦書きにしたいセルを選択 → Excelメニューの「ホーム」→ 「配置」グループの「方向」で「縦書き」を選択

Excelで表を見やすくするためのひと工夫【表作成の応用編】16

【2】セルに入力する

Excelで表を見やすくするためのひと工夫【表作成の応用編】17

まとめ

今回は、単に表を作成するだけではなく、ひと工夫加えることでより見やすい表に仕上げる方法を紹介しました。編集をする際のポイントをひと言でいうと、セルの結合などを用いてまとまり感を出すことです。そのためにセルの大きさやフォント、セル内の文字や文章の配置に工夫をするように心がけてください。

(学生の窓口編集部)

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

新生活・準備の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]