Excelの表をきれいに印刷する方法は?

2019/11/11

新生活・準備

会議で使う資料を配布したいときなど、ビジネスシーンではExcelで作った表を印刷する機会は多々あります。

今回は、思い通りの配置や大きさで表を印刷するための設定方法を紹介します。

Excelの表を見出しの固定・色分け・レイアウト調整で見やすくする方法を解説!

Excelの表組みを印刷する

Excelで作成した表組みを印刷するときに、ページの区切りが思い通りにならない場合があります。

そんなときは「改ページプレビュー」を使うことで、1ページに収める範囲を自由に設定することができます。

また、表の一部だけを印刷したい場合は、印刷範囲を限定できる「印刷範囲の設定」を利用しましょう。

「改ページプレビュー」の使い方

【1】印刷したいシートを表示した状態で、Excelメニュー「表示」→「改ページプレビュー」を選択。

【2】印刷範囲が青い線で囲まれました。点線はページの区切りを示しています。

【3】点線をドラッグして好きな位置に移動すると、ページの区切りを変更できます。

移動すると点線が実線に変わります。

【4】点線を表の右端までドラッグすれば、ページ区切りがなくなり、ひとつの表を1ページに印刷することもできます。

表の一部分だけを印刷したい場合

【1】印刷したい範囲を選択。

【2】Excelメニュー「ページレイアウト」→「印刷範囲」→「印刷範囲の設定」を選択。

【3】印刷範囲が設定されました。

Excelメニュー「ファイル」→「印刷」から印刷プレビューを確認すると、選択した範囲だけが印刷設定されていることがわかります。

エクセルの表組みを拡大印刷する

表を拡大して印刷する方法

【1】Excelメニュー「ファイル」を選択。

【2】「印刷」→「拡大縮小の設定」→「拡大縮小オプション」を選択。

【3】「拡大/縮小」にチェックをつけ、拡大率を指定→「OK」を選択。

拡大率を上げ過ぎると1ページにおさまらなくなるので気を付けましょう。

【4】拡大印刷が設定されました。

印刷プレビューで実際に印刷されたときのイメージを確認して、拡大率を調整しましょう。

また「印刷」の設定からは、拡大のほかにも表を印刷する位置の変更など、印刷に関する様々な設定ができます。

例えば、表を用紙の中央に配置して印刷したい場合は「印刷」→「ページ設定」→「余白」→「水平」・「垂直」の両方にチェックマークをつけましょう。

まとめ

ページ区切りや配置、印刷サイズなどを最適なかたちで設定することで、資料の見栄えをよくするというだけでなく、用紙の無駄遣いも減らせます。

印刷プレビューで仕上がりを確認しながら設定を変更してみましょう。

(学生の窓口編集部)

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

新生活・準備の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]