2019年07月25日 更新

「1R(ワンルーム)」「1K」「1DK」の違いって? 間取りごとのメリット・デメリットを知ろう

一人暮らしの間取りに向いている「1R(ワンルーム)」「1K」「1DK」の違いをイラストで紹介!それぞれの間取りのメリット・デメリットを知って、自分に合ったお部屋を選びましょう。

 (3674)

部屋を探す前に知っておきたいのが、部屋の間取りの種類です。部屋の中に仕切りがないタイプのものや、部屋とキッチンが分かれているタイプのものなど、一人暮らしに向いている部屋にはいくつかの間取りがあります。自分の暮らしにあうタイプの部屋はどのような間取りなのか、確認してみましょう。

1R(ワンルーム)、1K、1DKの違いは?

一人暮らしで多くある間取りが、1R(ワンルーム)、1K、1DK。間取りを表す不動産用語ですが、それぞれどのような部屋なのか確認していきましょう。

1R(ワンルーム)はコンパクトに暮らせる

 (3677)

1R/ワンルームとは
キッチンと居住スペースが一緒になっている間取りの部屋のことを言います。居住スペースを広めにとることができますが、暮らしのすべてを1つの部屋でまかなうことになるので、実際に家具や家電を入れると思ったよりも狭く感じてしまうことも。また、収納スペースが少なかったり、玄関を開けたらすぐに部屋、ということもあります。
ただ、広さがある程度あれば、家具をうまく使って仕切りを作ることでオリジナルのおしゃれな部屋にできるかもしれません。
メリット
  • 仕切られた部分がないため部屋が広く感じる
  • 家賃の相場が1Kや1DKと比較して安い
  • 掃除が簡単
デメリット
  • 玄関から部屋が丸見えなので人が来た時に気になる
  • 友人が来た時などトイレの音が気になる
  • 収納が少なかったりキッチンが狭いことも
こんな人におすすめ
  • コンパクトな空間で身軽に過ごしたい人
  • 費用を抑えたい人
  • 自分で家具を使って空間を区切るなどおしゃれに家づくりを楽しみたい人

1Kはメリハリのある暮らしに

 (3680)

1Kとは
「K」はキッチンのことで、1Kはキッチンと個室が分かれている部屋の間取りを言います。玄関から入って廊下の横にキッチンがあり、その奥のドアを開けたら個室、という間取りが基本です。突然の訪問者がきても部屋が丸見えになることはありません。部屋が仕切られているため、1R(ワンルーム)と比較すると少し狭く感じるかもしれませんが、家具が配置しやすく暮らしやすいのが特徴です。
メリット
  • 家具のレイアウトがしやすい
  • 玄関から部屋が丸見えにならない
  • 料理の匂いが部屋に蔓延しない
 デメリット
  • 1R(ワンルーム)と比較すると部屋が狭く感じる
  • エアコンがキッチンスペースに届きにくく冬に料理をすると寒い
こんな人におすすめ
  • 玄関から部屋が見えるのが気になる人
  • 料理スペースと就寝スペースを分けたい人
  • 自炊をする人

1DKは広々生活できる

 (3683)

1DKとは
「DK」はダイニングキッチンのことを言います。1DKはテーブルをおけるほどの広さのキッチンスペースと個室のある間取りで、ワンルームにもう一部屋ついているイメージです。和室の部屋に多い間取りですが、近頃ではリノベーションなどの手が加えられて住みやすくなっているものも多くあります。
メリット
  • 広さが十分にある
  • 生活スペースが区切りやすい
デメリット
  • 家賃が高い
こんな人におすすめ
  • 部屋を広々と使いたい人
  • 友達をたくさん呼びたい人
  • 自炊をする人

1R(ワンルーム)、1K、1DKでは、どのくらいお金がかかる?

1R(ワンルーム)<1K<1DKと賃料は高くなるのが一般的です。
しかし、家賃相場は立地や物件の特長でも大きく変わるので、一概に物件の広さや間取りだけで賃料の比較はできません。

東京都内の賃料相場では、都心の新宿区で駅から徒歩10分以内では1Rが7.17万円、1Kが8.52万円、1DKが13.81万円で、駅から徒歩10分以上になると若干相場は下がります。通勤や通学で利便性に優れている駅や、スーパーやコンビニなどの生活に便利な場所では家賃相場は上がってきます。地域の利便性を念頭におきながら、部屋の間取りを考えることが大切です。

(出典:ハトマークサイト 東京都の賃料相場 https://www.hatomarksite.com/analytics/stat/rent/13/

まとめ

それぞれのメリット・デメリットはありますが、どの部屋も一人暮らしに適した間取りです。
自炊を頑張りたいという学生の方は、生活スペースと料理スペースが分けられるように1Kの間取りがよいでしょうし、できるだけ費用を抑えたい学生の方はワンルームの方がよいかもしれません。1DKは広々を過ごしたい学生の方にはおすすめですよ。
実際に見てみると、同じ間取りでも印象が変わることがあるので、自分の性格や生活の仕方を考えながら決めましょう。
監修:小林朗子
整理収納コンサルタント・一人暮らしアドバイザー
マンションデベロッパー、不動産仲介、リフォーム業界などを経て、現在は自宅やオフィスの整理収納コンサルティングを行う。実務作業が主な活動で、引越し・模様替え・衣替え・事務所移転などでお困りの方のお宅にて片付け作業を実施。新築マンションやリノベーションなどの住宅関連企業様とのセミナー開催やコラムの執筆等も行っている。
イラスト・MARIKO TANAKA
文・山下 茜(アート・サプライ)

関連する記事 こんな記事も人気です♪

合わせて読みたい

一人暮らしの部屋の広さはどのくらいが理想?おすすめの広さや間取りをご紹介

一人暮らしの部屋の広さはどのくらいが理想?おすすめの広さや間取りをご紹介

一人暮らしの部屋が広いに越したことはありませんが、その分家賃が高くなったり、部屋の広さ以外の条件を断念しなければいけないことがあります。学生であれば、家賃は極力抑えたいという...
とりぐら編集部・とり
2019.07.25
一人暮らしにおすすめの間取り4選とレイアウトのポイント

一人暮らしにおすすめの間取り4選とレイアウトのポイント

部屋の間取りはワンルーム(1R)や1K、1DKなどいろいろとありますが、どう違うのか知っていますか? また、一人暮らしをするならどんな間取りが最適なのでしょうか。間取りとは何...
とりぐら編集部・ぐら
2019.01.24
甘いだけじゃない! 女子が憧れる”大人かわいい”部屋はこう作る!

甘いだけじゃない! 女子が憧れる”大人かわいい”部屋はこう作る!

一人暮らしを始めた女子にとってワクワクするのは自分だけのお部屋づくり。ガーリーと言ってもいろんなスタイルがある中で、今回は甘いだけじゃない、”大人かわいい”お部屋をご紹介しま...
とりぐら編集部
2019.11.13
狭い部屋でもインテリアを楽しむ! 大学生でも真似できるコーディネート術

狭い部屋でもインテリアを楽しむ! 大学生でも真似できるコーディネート術

大学生が一人暮らしを始めるとき、いきなり広い部屋に住むのはなかなか難しいでしょう。そうとはいっても、狭い部屋で窮屈に暮らすのも避けたいところです。アイデア次第で狭い部屋を広く...
とりぐら編集部・とり
2019.10.24
5畳の部屋を快適にレイアウト! 一人暮らし大学生の家具配置のコツもご紹介

5畳の部屋を快適にレイアウト! 一人暮らし大学生の家具配置のコツもご紹介

一人暮らしで部屋の広さが5畳だと、少し手狭に感じることがあるかも知れません。そんなときは、ベッドなど家具のレイアウトを工夫するのがおすすめです。部屋の空間をできるだけ広く、快...
とりぐら編集部・とり
2019.10.24

この記事のキーワード

この記事のライター

とりぐら編集部・ぐら とりぐら編集部・ぐら