2019年07月02日 更新

一人暮らしにおすすめ! 洋服の収納術と便利なアイテム

毎日、いろいろな洋服でコーディネートしてオシャレを工夫するのも大学生活の楽しみの一つですが、着ているときのおしゃれだけでなく、収納しているときもきれいにしておきたいですよね。きれいに整えられていれば、服を選ぶのもより楽しくなるかもしれません。クローゼットの使い方を工夫したり便利アイテム利用して、クローゼット内の洋服をスッキリ片付けましょう。

gettyimages (19791)

お部屋のスペースを快適に! 洋服の整理術

クローゼットを有効活用する

ワンルームなどにある幅の狭いクローゼットでも、床から天井までの縦の空間を活かせば、一人暮らしに必要な洋服は全て収めることができるでしょう。
まずはジャケット類などハンガーに掛けられる洋服は全て掛け、その周りの空いたスペースを埋めるように引き出し式の衣類ケースなどを重ねて置いていきます。衣類ケースを入れる時はジャケットやコートがひっかからない高さにすることが大事です。手の届かない上段には布製の収納ボックスやフタ付きの軽い箱(ペーパーボックスやバンカーズボックスという場合もあります)を並べ、普段使わない季節もののバッグや帽子、軽い洋服などを収納しましょう。ペーパーボックスは100円ショップでも購入することができます。

ハンガーは同じ大きさのものを使う

クローゼット内のハンガーの大きさや色、形がバラバラだと、きっちり収納していても雑然とした印象になります。ハンガーを同じ大きさや色、形のもので揃えると、洋服の肩幅が揃って見栄えが良くなります。
また、幅の薄いハンガーで揃えればシャツやブラウスが沢山掛けられ、たたみじわを伸ばすためのアイロンがけを省略できます。柔らかい素材のシャツやブラウスには、すべりにくいハンガーを使うと洋服が落ちてしまうストレスが減らせるでしょう。型崩れを防ぎたいスーツには木製のハンガーがおすすめです。
ジャケット用とその他用、トップス用とボトムス用など持っている洋服にあわせて2種類くらいのハンガーを使い分けるとよいでしょう。
gettyimages (19792)

不要な服は処分する

デザインが古い洋服や体型の変化で着られなくなった洋服は、衣替えの時に思い切って処分すると収納スペースが確保できます。
また、普段から新しい服を1着買ったら古い服を1着処分する習慣をつけるのもおすすめです。

一人暮らしのクローゼットは狭い場合も多いので、1、2年着ていない服があれば迷わずに処分し、クローゼットには常に一定の量の洋服を収納するよう心がけましょう。

衣類ケースを使った収納法

洋服は引き出しに合わせてたたんでおく

衣類ケースに洋服をしまう時、たたんだ大きさがバラバラだと、引き出しの開け閉めの際に引き出しの中で動いてしまい、洋服が探しにくくなってしまいます。
そんな時はケースの引き出しに何列収納するかを考えて、1列分の幅を割り出します。その幅に合わせて洋服をたたむようにしましょう。すると、見栄えが良くなるだけでなくしわも防げて、着たい服が探しやすくなります。

洋服は立てて収納する

衣類ケースの中の洋服は幅を揃えてたたみ、立てて収納すると便利です。引き出しの手前から奥にかけてまっすぐに洋服を並べれば、見栄えが良いだけでなく何がどこにあるのか一目瞭然です。
薄いTシャツなど立てにくい時には、ブックスタンドを使うと倒れなくて便利です。
gettyimages (18443)

収納場所を区切る

衣類ケースの引き出しの中は仕切りがないため、自分で使いやすいように区切るととても使いやすくなります。
例えば縦半分に区切れば、キャミソールやTシャツをコンパクトに立てて収納でき、さらに細かく4つに区切ればインナーや靴下なども整頓できます。下着や靴下を収納する時には100円ショップなどで売っているプラスティックのカゴを使うなどするのも便利ですよ。

ファスナー式の袋に小さなスニーカーソックスやフットカバーをまとめて入れるのも、袋ごと持ち上げて視認性が上がるので探しやすくなります。
仕切りは下着を1着ごとに収納できるような便利なものが市販されており、衣類ケースにそのまま入れることができます。

洋服収納に役立つ便利アイテム3選

【BCチェスト(アイリスオーヤマ)】
一人暮らしのクローゼットにぴったりな、積み重ねできる衣類ケースです。積み重ねても、引き出しを引き出すときにズレにくい機能があり、意外とありがちな引き出しが崩れることを防止してくれます。
また、奥行きが短めになっていて、小さな収納スペースに合う引き出しがないと困っている人にピッタリです。

【収納ケース用仕切り(ライクイット)】
衣類ケース内の仕切りにとても便利なアイテムです。ボックスの中が細かく仕切られており、ボックスごと衣類ケースに収納できます。インナーや靴下、Tシャツのシリーズがあり、入れたいものに合わせて選ぶことができます。

【吊るせる衣類圧縮袋】
冬用のダウンコートやダウンジャケットの収納に便利です。カバーの中に衣類を入れ、圧縮してパイプに吊せるので、クローゼット内のスペースを広く使えます。

まとめ

賃貸の部屋のクローゼットは限られたスペースしかありませんが、便利なアイテムと収納術で今よりもっと沢山の洋服を収納できます。
自由な一人暮らしは洋服が散らかりやすくなりますが、洋服を衣替えや買った時に着ない服を見直すことやラクに収納できるスペースを作れば今よりもっとキレイな部屋を維持できます。
監修:奥田 明子
整理収納コンサルタント
https://okudaakiko.com/ 整理収納コンサルタント。家事整理考案者。外資系ブランドに約10年勤務。 娘が1歳の時に復職したが、忙しさから部屋が散らかることや家事ができないことにストレスを抱えかかえる。 2012年に整理収納アドバイザー2級認定講座を受講し、整理の素晴らしさに目覚め、整理収納アドバイザーを目指す。 現在は、資格講座やセミナー、コラム執筆、整理収納サポートなど精力的に活動中。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

合わせて読みたい

家中抜かりなく! 一人暮らしの夏の虫対策

家中抜かりなく! 一人暮らしの夏の虫対策

一人暮らし中に困ることのひとつが「虫」。ダニやゴキブリが出ないように事前に防止する方法や、虫が出てしまったときのために用意しておきたいもの、対処の仕方など。家の場所別、虫別に...
sakko
2020.06.08
お部屋づくりの隠れポイント! 垢抜けた雰囲気になるおすすめ小物と選び方

お部屋づくりの隠れポイント! 垢抜けた雰囲気になるおすすめ小物と選び方

垢抜けたお部屋のつくり方とは? ティッシュケースやクリーナー、洗剤ボトルなど細かいアイテムをこだわることでお部屋全体の雰囲気がワンランクアップします。とことんこだわって、洗練...
sarami
2020.06.06
一人暮らしの洗面所でもすっきりきれいにまとめる収納術&便利アイテム

一人暮らしの洗面所でもすっきりきれいにまとめる収納術&便利アイテム

洗面所は歯ブラシや歯磨き粉、ハンドソープ、洗顔料など形もデザインもバラバラなものが多く生活感がでやすい場所。そんなごちゃごちゃとしがちな洗面所を、すっきりさせる方法を、素敵な...
とりぐら編集部
2020.04.22
バッグによって変えるのが肝! プチプラアイテムを使った収納アイデアと保管方法

バッグによって変えるのが肝! プチプラアイテムを使った収納アイデアと保管方法

毎日使うバッグはいろんな大きさや形があって収納にも悩むもの。バッグの種類に合わせた保管方法や、100円ショップをはじめとしたプチプラアイテムを使った収納アイデアを知って、自分...
sakko
2020.03.19
【お悩み相談室】大量のコード、コスメ、バッグをスッキリ収納させるポイント

【お悩み相談室】大量のコード、コスメ、バッグをスッキリ収納させるポイント

お片づけお悩み相談室! 今回は「絡まるコード」「大量のコスメ」「大量のバッグ」で部屋が片づかないMさん(会社員 24才 一人暮らし)の収納のお悩みを解決していきます。せっかく...
米田まりな
2020.03.03

この記事のキーワード

この記事のライター

とりぐら編集部・とり とりぐら編集部・とり

注目の特集

ひとりぐらしレシピ
お部屋をのぞきみ
ひとりぐらしのはじめかた