2020年06月26日 更新

1,000円で食卓が憧れのレストランの雰囲気に! 「K×K by Kitchen Kitchen」の食器&ウッドボード&カトラリー

「家カフェ」がテーマのK×K by Kitchen Kitchen吉祥寺パルコ店。ショップには、おうちでカフェ気分が味わえる食器やカトラリー、ランチョンマットなどテーブルアイテムがたくさんあります。店長の今井さんに、1,000円でそろうおすすめの食器とカトラリー3選を伺いました。

今日の料理は上手に作れた!と思ったのに、盛りつけたら思ったよりおいしそうに見えない……。そんなときは、食器やカトラリーを変えてみませんか? お皿に料理が映えてグンと見栄えがよくなったり、テーブルが華やかになりますよ。K×K by Kitchen Kitchenには、お気に入りの服で出かけたくなるようなレストランやカフェのムードを演出してくれるテーブルウェアがあるんです。
それは、「白食器」「ウッドボード」「ステンレスのカトラリー」。これらテーブルの三種の神器には、食卓をワンランクアップさせてくれるヒミツがあるんです。
K×K by Kitchen Kitchen 吉祥寺パルコ店 店長 今井さん

テーブルの印象は、食器&カトラリーで決まることも

料理がおいしそうに見える理由のひとつは、メニューと食器の相性がいいから。カラフルな器や柄物のお皿の場合、食器自体が目立ってしまい、思うように料理を引き立ててくれないことがあります。
一方、三種の神器「白食器」「ウッドボード」「ステンレスのカトラリー」は幅広い献立にマッチします。それは、個性がありながらもアイテム自体の主張がそこまで強くないから。それぞれの特徴をさっそく見てみましょう。

三種の神器①シンプルさが魅力の「白食器」

白食器シリーズは、K×K by Kitchen Kitchenの定番商品。シンプルなデザインとその色味のおかげで、さまざまなジャンルのあらゆるメニューにぴったり合うんです。

気分で使い分けたい、さまざまな形のリーズナブルな食器

K×K by Kitchen Kitchenの白食器は、その品数の多さに驚き。なんと全12種類もあります。平皿だけで、長方形、角皿、まん丸と3種類。そのほか、楕円形、スープカップ2種類、サラダボウル、ココット皿にヌードルボウルなどいろいろ。
器によってサイズ違いも販売していて、角皿は5サイズも展開。おうちに一枚はある丸皿と組み合わせると、テーブルに動きが出ていつもと違う食卓を楽しめますよ。
今井さん

お皿以外にティーカップやドレッシング用のピッチャーもあり、統一感のあるテーブルを演出することができます。

前菜、スープ、メイン料理、デザートの食器すべて集めても、400円。気軽にそろえることができます。形違いを集めて、その日の気分でお皿をチョイスしてもいいですね。ちなみに、サイズの大きい一部のお皿やヌードルボウルでも300円とお手ごろ!

白色を生かして、すっきり“見せ収納”

お皿の数が多くなると気になるのが、収納スペースの確保です。キッチンの棚に収まりきらないときは、白食器を上手に重ねて“見せ収納”にしましょう。白色はほかのカラーと同調しやすく、クリーンな印象を与えてくれます。
そのため、キッチンに出していても乱雑に置かれているように感じにくく、清潔なイメージも保つことができますよ。

三種の神器②木のぬくもり溢れる「アカシアのウッドボード」

白食器とともにぜひ手にしてほしいキッチン雑貨が、ウッドボード。K×K by Kitchen Kitchenのウッドボードは、アカシアの木から作られています。
今井さん

アカシアのウッドボードのよさは、木目の表情の豊かさです。お気に入りの一点を見つけるおもしろさがありますよ。

テーブルのアクセントになるウッドボードは木のあたたかみがあり、対照的なイメージを持つひんやりとした白食器と相性は抜群。前菜にウッドボードを合わせるならメイン料理に白食器、前菜に白食器ならメイン料理にウッドボードなど組み合わせるとテーブルが華やぎますね。

多彩な料理にぴったり

さまざまな料理に合わせやすいのも、ウッドボードの魅力です。例えば、洋食なら、チーズやハム、サンドイッチを盛りつけて欧米カフェ風のランチはいかが? 生春巻きなどアジアン料理にもうってつけですよ。
ココットなど器をウッドボードにのせるときは、落ちないように気をつけて運びましょう。これだけ幅広く使えて、1枚300円は驚異的な安さです。

使用後は、キッチンの安らぎインテリア

使い終わったウッドボードは、キッチンの壁に立てかけて白食器同様、“見せる収納”に。
ボードの取っ手部分の穴にS字フックをひっかけて、つるすこともできますよ。
アカシアのナチュラルな風合いが、やわらかな雰囲気のキッチン空間にしてくれますね。

ウッドボードをケアするときのポイントは、「使用後は、すぐに水洗いしてよく乾燥させること。長く使うために、オリーブオイルやごま油などの植物油でお手入れするのがおすすめ」と、今井さんに教えてもらいました。

三種の神器③高品質カトラリー「TSUBAME」

数々の生活雑貨を販売するK×K by Kitchen Kitchenの中でトップの人気を誇るアイテム、それは「TSUBAME」のステンレス製カトラリーです。

「TSUBAME」は、高い金属加工技術を持つ新潟県の燕三条で生産。熟練の職人たちの繊細な技術により生み出されているアイテムなんです。
今井さん

細かいフォルムにまでこだわってつくられていて、例えば、スプーンやフォークは料理を口に運んだとき食べやすい形状に調整。バターナイフはバターが削りやすい角度に計算されているんです。

かたちだけじゃなく、マットな質感の仕上がりにも注目したいところ。洗練されたレストランで出てきそうな一品です。そのほか、傷がつきにくく汚れが目立ちにくい特徴もあるので、お手入れがしやすいのもいいですね。
この高品質のカトラリーが、すべて100円というからびっくり! 300円でスプーン、フォーク、ナイフ一式を手に入れることができてしまうんです。

まとめ

1,000円で手に入る、K×K by Kitchen Kitchenの「白食器」「ウッドボード」「カトラリー」。白食器とアカシアのウッドボードは、献立によってダイニング空間を上品にもカジュアルにも変えてくれます。カトラリーもテーブルの雰囲気にマッチしてくれますよ。
憧れのレストランやカフェのようなワンランク上のテーブルコーディネートを実現してくれる三種の神器。ぜひ手に入れておうちごはんを思いっきり満喫しましょう。

取材協力

K×K by Kitchen Kitchen 吉祥寺パルコ店

東京都武蔵野市吉祥寺本町1-5-1 吉祥寺パルコB1F
TEL:0422-22-4300
10:00~21:00営業、不定休 ※吉祥寺パルコは6月1日から11:00~20:00営業予定

ショップ情報へ

ショップInstagramへ

※価格はすべて税込み
※商品は数に限りあり、完売する場合もあります

※この記事は3月時点の内容です
※営業日や営業時間は変更となる場合があるため、 お出かけ前に公式サイトにてご確認ください

関連する記事 こんな記事も人気です♪

合わせて読みたい

コスパのよさにびっくり! ナチュかわ雑貨が並ぶ、K×K by Kitchen Kitchen吉祥寺パルコ店の魅力を徹底調査

コスパのよさにびっくり! ナチュかわ雑貨が並ぶ、K×K by Kitchen Kitchen吉祥寺パルコ店の魅力を徹底調査

忙しい日々の中で、カフェのようにほっと息抜きできる“自分だけの空間”を作ってほしい。そんな想いから「家カフェしよう」をコンセプトに、キッチンウエアやインテリア、生活雑貨を取り...
とりぐら編集部
2020.06.22
店内丸ごと部屋作りの参考書! 110円から買えちゃう高クオリティアイテム

店内丸ごと部屋作りの参考書! 110円から買えちゃう高クオリティアイテム

お手ごろ価格でありながらも品質を徹底追求したオリジナルのキッチン・インテリアアイテムが大集合している「ナチュラルキッチン アンド 吉祥寺店」。“あなたをおうち好きにするお店”...
とりぐら編集部
2021.02.19
まるでアンティークショップのよう! 癒し系韓国インテリアのお部屋づくり

まるでアンティークショップのよう! 癒し系韓国インテリアのお部屋づくり

一人暮らしの部屋の実例をご紹介。今回取り上げるのは、7畳1Kに暮らすroom.k.6さん。テーマは「ナチュラル×アンティーク×韓国インテリア」。写真も参考に、お気に入りのアイ...
とりぐら編集部
2021.08.10
アイテム選びと計算された収納方法が肝! カフェ風キッチンの作り方

アイテム選びと計算された収納方法が肝! カフェ風キッチンの作り方

素敵な部屋の実例をご紹介。今回取り上げるのは、2LDKで二人暮らしをしているmmg_giiさん。ナチュラルでリラックス感のあるカフェ風インテリアを楽しんでいます。キッチンにも...
とりぐら編集部
2021.10.13
“自然”と“想像”が心地よい部屋づくりの鍵! 暮らしに溶け込む「octobre」のこだわりアイテム

“自然”と“想像”が心地よい部屋づくりの鍵! 暮らしに溶け込む「octobre」のこだわりアイテム

“心地よい暮らし”をコンセプトに、国内外からセレクトした器やカトラリーなどの生活雑貨、小さなインテリアのほか、見ているだけで気分の上がるアクセサリーまでが並ぶ雑貨店「octo...
とりぐら編集部
2021.02.19

この記事のキーワード

この記事のライター

とりぐら編集部 とりぐら編集部

注目の特集

ひとりぐらしのはじめかた
お部屋をのぞきみ
ひとりぐらしレシピ