2020年04月24日 更新

女子の憧れ! 猫と暮らす“くすみカラー”の大人ガーリーな2LDK

一人暮らしの部屋の実例をご紹介。今回取り上げるのは、2LDKを自宅兼サロンとして利用している_asamichan_さん。くすみカラーのおしゃれなインテリアに囲まれた部屋で、2匹の猫と一緒に暮らしています。写真も参考に、お気に入りのアイテムやライフスタイルなどをチェックしていきましょう。

_asamichan_さん

2LDK(リビング13畳)

https://www.instagram.com/_asamichan_/
2LDKの部屋に暮らす_asamichan_さん。リビングと寝室をプライベートスペースに、もう1部屋は自分が営むサロンとして利用しています。
_asamichan_さん

コーディネートで決めていることは3色にまとめること。ものが多すぎない、掃除しやすい部屋を意識しています。

プライベートスペースは、くすみカラーのピンク、グレー、ホワイトの3色をテーマカラーに、ロココ調のエッセンスを取り入れた優雅でガーリーな雰囲気。ROIくんとAMORUくんの2匹の猫も一緒に生活しているため、人間だけではなく猫も暮らしやすい部屋作りをしています。

ソフトな肌触りのファブリックで癒されよう

部屋で使うアイテムは、つい見た目のデザインを注目しがちですが、実際に使うことを考えたら肌触りや質感も重要。特に肌に触れる機会が多いファブリックは、心地よい質感のものを選ぶことで、部屋が一段とリラックスできる空間になります。

クッションは“もちもち&ふわふわ”な質感で夢心地

ベッドやソファに置いているクッションは、リラックスタイムに欠かせないアイテム。_asamichan_さんのお気に入りはこちらです。
_asamichan_さん

もちもちで肌触りもいいクッションはニトリで購入しました。ふだんはこれに座ってお化粧をしています。フローリングの上でも、これを敷けばお尻が痛くなりません。

もうひとつは、ソファに置いているピンク色のクッション。クッションカバーの質感がなめらかで癒されるそう。
「エレメンツ」のフェイクラビットファークッションカバーは楽天で2,178円(税込)で購入。なめらかで贅沢な仕上がりのフェイクファーは、洗濯機で丸洗いできるのも嬉しいポイントです。

室内の足元もふわふわ感重視!

14畳ほどあるリビングに敷いているのは、ラウンド型のグレーのラグ。温かみのあるラグはあるだけで心もほっこり。ふわふわな質感で猫もお気に入りの様子です。
9,156円で購入した「ニトリ」のやわらかシャギーラグは、毛足が長くふわふわとした気持ちいい肌触りが特徴です。

さらに、キッチンマットやラグもふわふわで柔らかな質感のものを取り入れています。
_asamichan_さん

このキッチンマットは、ふかふかで幅もあって使いやすいんです。掃除機もかけやすいところがお気に入りです。

手作りアイテムや海外小物で自分らしい部屋作り

ネットで手軽に買える既製品だけに頼るのではなく、ないものはDIYしたり、旅先で出会ったアイテムを取り入れたりすることで、部屋に自分らさがプラスされ、グーンと愛着が沸いてきます。_asamichan_さんの部屋で、そんなオリジナリティを出しているアイテムをチェックしてみましょう。

旅先で出会った“買い”なアイテム

_asamichan_さんが韓国旅行で手に入れた戦利品が、ダイソーのフラワーベース。
100円ショップのダイソーが韓国にもあるのは知らない人も多いのでは? 同じダイソーでも扱っているものが違うので、日本では手に入らないレアなアイテムが手に入りそう!
_asamichan_さん

たしか3つで500円くらいでした。
韓国のダイソーは日本にないものがたくさんあって、なにかとセンスがよくてかわいいんです。花瓶はわたし好みのくすみカラーで即決しました。ユザワヤの紙でできたお花を飾っています。

手芸で壁に飾る小物を手作り

DIYしたアイテムは世界でひとつだけのもの。好みのアイテムが手に入らなければ、作ってみるのもひとつの方法。趣味の幅も広がりますよ。
_asamichan_さんは、もともと手芸が好きなのだそう。そこで、仕事部屋の一角の壁に飾る小物やROI君の被りものなども手作りしています。


くすみカラーの毛糸でつくった小物を飾ると、一気に壁が華やかに。ルノワールの絵画のポストカードやドライフラワーも合わせることで、優雅な印象を作っています。
ROI君のどんぐり帽子もカギ編みで手作り。手芸の趣味があると部屋で過ごす時間が充実しそうですね。

猫との暮らしをおしゃれに楽しむためのおすすめアイテム

理想の部屋の雰囲気をキープしながら、猫2匹と暮らしている_asamichan_さん。猫グッズも、抜群のセンスでセレクトしています。今回はそのなかでも、おすすめのアイテムをご紹介。

部屋の雰囲気に合う“キャットツリー”

部屋で猫を飼う際にあったほうがいいのが、キャットツリーやキャットタワーと呼ばれるアイテム。室内飼いの猫たちの運動不足の軽減やお留守番中のストレス解消などにつながります。
とはいえ、サイズが大きく、部屋にあるとかなり目立ってしまいます。そこで、部屋全体のインテリアの印象に合うデザインのものを選ぶのがポイントとなります。

_asamichan_さんが選んだのは、こちら。
「Mwpo」のキャットタワー5,980円(税込)を楽天で購入。グレードベージュで部屋に馴染むところがお気に入りだそう。

賃貸の部屋では必須な「爪とぎ」もデザイン性重視

寝たり、食べたり、遊んだり……気ままに過ごす猫との暮らしでは、汚されずに暮らす工夫も必要。ちょっとした便利グッズがあれば、猫との暮らしが快適になります。

_asamichan_さんが紹介しているガリガリサークルは見た目もおしゃれ。
「エイムクリエイツ」のガリガリサークルは2,200円(税込)で楽天で購入したそう。
爪磨きとお昼寝ができるベッドです。猫は、爪磨きをする場所がないと壁や家具でガリガリと爪とぎをしてしまう場合があるので、賃貸マンションで暮らす場合は爪磨き用のアイテムを用意してあげるといいですね。

猫の食事スペースを“雲マット”でいつもクリーンに

猫のごはんスペースの汚れ防止には、フードボウルの下にマットを敷くのがおすすめです。
犬猫用ではありませんが、「KG design」のクラウドマット2,750円(税込)を使用しています。
_asamichan_さん

雲モチーフに一目ぼれ! 淵が高いので、食べこぼしもこの上で済むので掃除がラクです。

まとめ

くすみカラーが素敵な_asamichan_さんの部屋は、2匹の愛猫と一緒に暮らしながらも自分らしいインテリアを作っていました。その秘訣は、猫と人間の家具や小物を分けて考えるのではなく、どちらもカラーや素材、デザインなど最初に決めたテーマに沿ってセレクトしているからかもしれません。そのため、部屋全体に統一感があり、スッキリとまとまって見えました。

さらに、見た目だけにとらわれず、心地よい素材のファブリックを取り入れているのも真似したいポイント。ネットショップだとつい見過ごしてしまいがちですが、インテリアグッズをそろえるときは、素材の好みも考えて買うのがおすすめです。趣味の手芸で壁の飾りや愛猫の帽子を作っているのも、楽しそうでしたね。
猫と暮らすことで、部屋で過ごす時間が充実し、毎日が一層豊かになっていることが伝わりました。
※写真は全て_asamichan_さんより提供

関連する記事 こんな記事も人気です♪

合わせて読みたい

フルリノベーションで見違える部屋に! アイテム使いもシックでかわいい1LDK

フルリノベーションで見違える部屋に! アイテム使いもシックでかわいい1LDK

一人暮らしの部屋の実例をご紹介。今回取り上げるのは、築34年の1LDKをフルリノベーションしておしゃれに暮らす_nevvxnevv_さん。写真も参考に、お気に入りのアイテムや...
とりぐら編集部
2020.07.10
愛犬と一緒のハッピーライフ。ファンタジー感溢れる1LDK

愛犬と一緒のハッピーライフ。ファンタジー感溢れる1LDK

一人暮らしの部屋の実例をご紹介。今回取り上げるのは、愛犬と一緒に1LDKに暮らす_______ten_______さん。ホワイト×ブルーのインテリアで幻想的な空間を作っていま...
とりぐら編集部
2020.04.15
ウッディな家具が味わい深い。コーヒーと音楽が似合う1DK

ウッディな家具が味わい深い。コーヒーと音楽が似合う1DK

一人暮らしの部屋の実例をご紹介。今回取り上げるのは、1DKの賃貸アパートに暮らす_mochi56_さん。実家などで使っていたウッディな家具を活用しながら、愛犬と共に丁寧なライ...
とりぐら編集部
2020.04.24
ナチュラルホワイトなお部屋! 骨董品と新しい物をセンスよくMIXした1DK

ナチュラルホワイトなお部屋! 骨董品と新しい物をセンスよくMIXした1DK

一人暮らしの部屋の実例をご紹介。今回取り上げるのは、1DKに暮らすeden_bbrさん。アンティークの家具などの古いもののなかに、流行のアイテムを上手に取り入れています。写真...
とりぐら編集部
2020.07.10
本と古道具に囲まれた、ブックカフェのような1K

本と古道具に囲まれた、ブックカフェのような1K

一人暮らしの部屋の実例をご紹介。今回取り上げるのは、7畳の1Kに暮らすaiko_0ooさん。古道具を配した部屋で、趣味の読書と手芸を楽しみながら暮らしています。写真も参考に、...
とりぐら編集部
2020.07.10

この記事のキーワード

この記事のライター

とりぐら編集部 とりぐら編集部

注目の特集

ひとりぐらしレシピ
お部屋をのぞきみ
ひとりぐらしのはじめかた