2020年10月21日 更新

シンプルな部屋におしゃれなアイデアがいっぱい。5.6畳のホテルライクな1K

一人暮らしの部屋の実例をご紹介。今回取り上げるのは、1Kに暮らすh._____rmさん。5.6畳のコンパクトな部屋を上手に使って、ホテルのようなシンプルな空間をめざしているそうです。写真も参考に、お気に入りのコーディネートやライフスタイルなどをチェックしていきましょう。

5.6畳1Kに一人暮らしをしているh._____rmさん。コンパクトな空間のなかでも、シンプルで清潔感のあるホテルライクな暮らしを実践しています。理想の部屋づくりのために、ライフスタイルに盛り込んでいる手軽なDIYやおしゃれに暮らすためのアイデアを見ていきましょう。
h._____rmさん 1K5.6畳

https://www.instagram.com/h._____rm/
h._____rmさん

テーマはホテルのようなシンプルな部屋です。スッキリしてる部屋が個人的にブームなので、必要なものだけ置いてあまりごちゃごちゃしないようにしています。
色をグレージュ、白、黒だけにして、家具は木製のものにすることで統一感を。アイテムはイケア、ニトリ、無印良品のものが多いですね! シンプルなデザインのものが好きです。

5.6畳でもできるホテルライクな暮らしのポイント

ワンルームでホテルのような部屋をめざすなら、どんな点に気を付ければよいでしょうか。h._____rmさんの部屋のポイントを早速チェックしてみましょう。

高さを変えてベッド中心の生活に

h._____rmさん

気分がすぐ変わるので、ベッドは高さを3段回で変えられるものにしています。広く見せたいときはベッドを一番低くして、気にしないときは一番高く!
今は広さよりも部屋を目一杯使うことを重視しているので、ベッドは一番高く、鏡は縦向きに、さらにハイテーブルを置いてホテルのように高さのあるコーディネートにしています。
部屋が狭いと決まった配置になりがちなので、向きや高さを変えられる家具にすると、雰囲気が変わっていいかなと思います!

使っているのは、脚を10、20、33cmの3段階調節できるベッドフレーム。サイズは幅98×奥行200cmです。マットレスは無印良品のもの。床中心の生活から、ベッド中心の生活に変えるだけで、ホテルのような雰囲気に変わります。さらに、端に置きがちなベッドを堂々と部屋の真ん中に置くと、一層ホテルらしいスタイリッシュな空間にしてくれますよ。

寝具は清潔感のあるホワイトを選ぼう

王道のホテルの寝具といえば、白いシーツやベッドカバー。自分の部屋で再現するなら、やはり寝具は白を選べば失敗はありません。h._____rmさんが使っているのは、イケアの「クングルブロマ」の掛布団カバー&枕カバーのセット。張りのあるさらっと柔らかな肌触りで、白にグレーのふちどりがほどこしてる洗練されたデザインが、ホテルのような雰囲気にひと役買っています。

おしゃれな暮らしを彩るアイテム

素敵な暮らしには、おしゃれなライフスタイルアイテムが欠かせません。シンプルでスッキリとした部屋だからこそ、部屋に置くアイテムは厳選したいですよね。ホテルライクなh._____rmさんの部屋で、ひときわ輝くおしゃれアイテムをご紹介します。

クマから癒しの香りを発信

イケアで500円で購入したというクマのぬいぐるみ。こちらのぬいぐるみ、単に見ていて癒される存在ではないんです。実はルームフレグランスの役割も担っています。h._____rmさんは、いつもこのクマにAesop(イソップ)の香水をシュッとひと吹きし、枕元に置いているそう。見た目だけではなく、香りでも癒される存在になっています。

毎日使う石けんをかっこよく置こう

洗面所は常に掃除をしてクリーンに。シンプルイズベストという考えのもと、h._____rmさんが選んだ石けん置きは浮かせるタイプのもの。ダルトンの「マグネティックソープホルダー」です。吸盤で壁に固定し、固形石鹸をマグネットでくっつけて使います。石けんを置いたときのヌメヌメ感が一切ないため、掃除の手間も省けてストレスフリーですね。便利なだけではなく、かっこいいデザインも素敵です。

部屋になじむ無印良品のトースター

ホテルのような洗練された部屋をめざすなら、リビングに置く家電も厳選したいところ。シンプルな部屋になじむデザインの家電がおすすめです。
また、ワンルームの一人暮らしなら家電のサイズは小さいものがベター。存在感がある大きなサイズのものは、スペースを取るだけではなく見た目にも圧迫感を与えてしまうからです。
h._____rmさん

トースターは無印良品の1枚焼きです。デザインが最高すぎて部屋のなかに置いても、めちゃくちゃ馴染むし、安いし、焼けるのが早いのでおすすめです。

お手軽DIYで部屋全体のセンスを上げる

シンプルななかにも、おしゃれなエッセンスを加えることで部屋は輝きを放ちます。h._____rmさんの場合は、部屋にひと手間加えたDIYのアイテムを散りばめています。それが部屋全体を素敵に見せているのかもしれません。買うと高いおしゃれなアイテムも、手作りすることで手軽に手に入ります。ぜひ参考にしてみて!

置くだけでおしゃれ! 用途多彩な“はしご”

手作りのはしごは、シンプルな分いろいろな用途に使えます。横に置いて写真立てやスリッパを立てかけるだけで、好きなものを飾るコーナーが誕生! 自然な木材の優しい風合いも部屋の印象にマッチしています。こういうさり気ないアイテムは、買おうと思うとなかなか見つからなかったり高かったりするので、手作りしてみるのはよいアイデアですね。
はしごを縦に置けば、洋服や帽子を置くラックとしても使えます。

100均の調味料入れに自作のラベルを貼って

h._____rmさん

調味料入れはニトリのものがかわいくてほしかったのですが、予算上ダイソーのキャニスターに自分でラベルをつくって貼りました。なかなか気に入っています。

ラベルはデザインから自作。100均のラベル用紙に好きなサイズで印刷して、キャニスターに貼ってつくったそうです。アイデアとちょっとしたひと手間で、お金をセーブしつつおしゃれを楽しめますね。

まとめ

高さのあるベッド、清潔感のある白い寝具、シンプルな雑貨など、h._____rmさんの部屋はまさにホテルのように洗練された空間でしたね。5.6畳のワンルームというコンパクトさも、ホテルライクな部屋づくりにぴったりな環境なのかもしれません。飽きたときにも高さ調整が可能なベッドや、石鹸を浮かせられるソープホルダーなど、機能的でありながらおしゃれなアイテムを上手に探して使っていました。既製品だけではなく、手づくりのはしごや調味料入れのラベルのデザインなど、手軽にDIYを取り入れていたのも印象的。オリジナルな要素をプラスすると、シンプルななかにも自分らしさを演出でき、グンと好みの部屋に近けるはず。
すっきりとした暮らしだからこそ、置く家具や雑貨は厳選したいもの。ホテルのような安らぎのなか、好きなものに囲まれて毎日を過ごせば心が豊かになりそうです。
※写真は全てh._____rmさんより提供

関連する記事 こんな記事も人気です♪

合わせて読みたい

100均DIY&リメイクで叶える! ブルックリン風男前ワンルーム

100均DIY&リメイクで叶える! ブルックリン風男前ワンルーム

ワンルームのインテリアの実例をご紹介。今回取り上げるのは、100均アイテムを使ったDIYやリメイク術をさまざまなメディアで発信しているmaaco.uwさんの6畳の部屋。モノト...
とりぐら編集部
2020.09.01
シンプルだけど無機質じゃない! “好き”を取り入れた心地よいワンルーム

シンプルだけど無機質じゃない! “好き”を取り入れた心地よいワンルーム

一人暮らしの部屋の実例をご紹介。今回取り上げるのは、猫グッズとゲームが好きなot.jakさん。1Kの部屋にワークスペースを設け、在宅でデザイナーのお仕事もしています。写真も参...
とりぐら編集部
2020.07.10
機能的なアイテムで快適な住まいに! MIXスタイルがおしゃれなカフェ風1LDK

機能的なアイテムで快適な住まいに! MIXスタイルがおしゃれなカフェ風1LDK

一人暮らしの部屋の実例をご紹介。今回取り上げるのは、1LDKに暮らすm.f.j___ouchiさん。リビングはカフェ風にベッドルームはフェミニンな雰囲気にして2タイプのコーデ...
とりぐら編集部
2020.12.10
テーマは“すっきりコンパクト”。ホワイト×グレーの穏やかなトーンの1K

テーマは“すっきりコンパクト”。ホワイト×グレーの穏やかなトーンの1K

一人暮らしの部屋の実例をご紹介。今回取り上げるのは、1Kに暮らすyoko_nnmさん。ホワイトとグレーがベースカラーの部屋にコンパクトな家具を配し、すっきりとまとめています。...
とりぐら編集部
2020.10.17
まるで海外の部屋!? アートに囲まれたモダンナチュラルな1K

まるで海外の部屋!? アートに囲まれたモダンナチュラルな1K

一人暮らしの部屋の実例をご紹介。今回取り上げるのは、38㎡の1Kに暮らしているpong.margoさん。まるで海外のインテリア雑誌に出てきそうな部屋で、スタイリッシュな暮らし...
とりぐら編集部
2020.11.13

この記事のキーワード

この記事のライター

とりぐら編集部 とりぐら編集部

注目の特集

ひとりぐらしのはじめかた
お部屋をのぞきみ
ひとりぐらしレシピ