【論文を見れるサイト6選】 入手方法・引用方法も解説!

学生の窓口編集部

お気に入り!

あとで読む

研究室やゼミに所属すると、論文発表会を行うことも多いでしょう。

また、授業によっては論文をたくさん読み込まなければ、良いレポートを作成することが困難なものもあります。

しかし、 自分が求めている論文を見つけるにはどうすれば良いのか分からない方も多いかもしれません。

「論文ってどうやって見つけるの?」

「皆はどうやって論文を読んでるの?」

そこでこの記事では、このような悩みを抱えている方向けに、論文を探す方法について説明します。

論文はどうやって入手する?

論文を手に入れる方法は、主に以下3つに分かれるでしょう。

  • ・教授からもらう
  • ・図書館に行く
  • ・論文検索サイトを見る

教授からもらう

教授から論文をもらえることが一番手っ取り早いです。

教授が論文を渡す意味としては、 「この論文を読んでほしい」という気持ちが込められているため、読んで間違いない論文と言えるでしょう。

なかには読んでほしい論文を教授みずから手に入れて、生徒に渡すこともあります。

その場合は、ありがたく教授から受け取るようにしましょう。

しかし、どの教授もそのようにしてくれるとは限りません。

やはり、 自力で探す方法を身につけることが必要です。

図書館に行く

図書館に行き、論文を見つける方法もあります。

大学に附属している 図書館には大量の論文や、論文雑誌が保管されているはずです。

その中から読みたい論文を探す方法もあるでしょう。

しかし、図書館の場合、本に直接書き込むことができないため、読みたい論文をコピーしなければなりません。

そういった点において、図書館での論文探しは大変だと言えるでしょう。

論文検索サイトを見る

論文を探す方法で 最も効率的なのが、論文検索サイトです。

オンライン上で確認することができるため、大学内だけではなく家でも探すことができます。

論文検索サイトのメリットは、PDFでダウンロードできることです。

印刷して紙媒体で読むこともできますし、タブレットに表示させながら読むこともできます。

自分の 好きなスタイルで読むことができる点が、論文検索サイトの特徴だと言えるでしょう。

そのため、できる限り論文検索サイトを利用して論文を見つけられるようになった方が得です。

【おすすめ】論文検索サイト6選

ここでは、数ある論文検索サイトからおすすめのサイトを6つ紹介します。

論文検索サイトは数が多く、どれを使用すれば良いかわからなくなりがちです。

どれでも使えば良いわけではなく、 自分の読みたい論文のジャンルや言語など、読むスタイルに合わせて使いこなした方が良いでしょう。

そのため、厳選されたサイトのいくつかを巡回して使うことが、もっともおすすめできる使用方法です。

  • ・CiNii
  • ・PubMed
  • ・Google Scholar
  • ・J-STAGE
  • ・BASE
  • ・CORE

▼以下の記事も参考にしてください
論文データベースおすすめ5選 CiNii以外の論文サイトや使い方も解説

CiNii

CiNiIは、 日本の論文が多く掲載されている日本の論文検索サイトです。

多くの論文検索サイトは、他国が管理しているものが多く、インターフェースや検索方法が英語であるため使いにくく感じる方も多くいます。

しかし、CiNiiは日本語が掲載されているため、戸惑うことなく感覚的に使用できる操作性が魅力だと言えるでしょう。

PubMed

PubMedはアメリカが管理している論文検索サイトです。

そのため、英語表記が当たり前となっています。

PubMedで掲載されている論文の多くは理系向けで、特に医学分野に長けています。

理工系や文系が求めている論文がおいているわけではありませんが、それ以外の分野の方であれば、まず 間違いなくPubMedを確認すれば見つけることができるはずです。

Google Scholar

Google Scholarは Googleアカウントを持っている方であれば、誰でも自由に閲覧することができます。

Google Scholarは全分野、全言語の論文が掲載されており、まず最初にこのサイトで検索するとヒットする可能性が高いでしょう。

Googleは多くの人が日常生活でも使っているはずです。

Google ScholarはGoogleの仕様と似ているため、おそらく操作性も優れていると言って良いでしょう。

文系の論文もすぐに見つかるので、まずはGoogle Scholarを使ってみてください。

▼以下の記事も参考にしてください。

Google Scholarの使い方 グーグルスカラーの登録方法や探し方を解説

J-STAGE

J-STAGEとは、 日本から発信される科学情報の論文を掲載しているサイトです。

科学には、自然科学のほかに人間科学など、あらゆる分野が含まれています。

CiNiiと同様に日本のサイトではありますが、 J-STAGEのほうはトップページに多くの論文のピックアップページを設けています

一方CiNiiは検索窓のみというシンプルな仕様であり、好みが分かれる部分かもしれません。

シンプルに検索だけをしたい方はCiNiiを、検索以外にも確認してみたいと感じている方はJ-STAGEを使うと良いでしょう。

BASE

BASEとは、ドイツが管理している検索サイトです。

数千にわたる学術機関から、あらゆる論文を管理できます。

一つのサイトだけで、多くの機関に保管されている論文を閲覧したい方は、BASEを使用することをおすすめします。

CORE

COREも、BASEと同様の使い方ができる検索サイトです。

COREの場合、バグや仕様ミスが少なく、全文を容易に読むことができる点において、おすすめできます。

論文検索サイトで論文を見つける方法

論文検索サイトを使用して 論文を見つけるには、まずキーワードを決めましょう

論文を知っている場合はタイトルを検索しても構いませんが、ほとんどの場合は内容やタイトルで論文を探すかと思います。

そのため、自身が求めている内容に近い論文を見つけるために、一番重要なキーワードを並列させて検索すると良いでしょう。

たとえば「〇〇が△△に与える機能をしりたい」場合は、「〇〇」と「△△」を並列させて検索すれば、どちらも併用して研究している論文を見つけることができます。

文章を入力するのではなく、 キーワードである単語を入力して、論文を見つけてください

読んだ論文はどうやって引用する?

探した論文を読んだあと、実際にレポートや卒業論文で引用したことを記載しなければなりません。

引用には以下2つの手法があるため、場合に合わせて使い分けましょう。

  • ・直接引用
  • ・間接引用

直接引用

直接引用とは、引用したい論文の文章を、 一字一句間違えずに論文に掲載する引用方法です。

文章全体を引用するわけではなく、ある文章をピックアップして引用することができます。

文系のレポートや論文の場合は、直接引用を使うことが多いでしょう。

一方、理系の場合は、実験結果や考察を参考にすることが多いため、文章すべてを掲載する必要はありません。

間接引用

文章すべてを引用しなくても良い場合は、 こちらで意訳して論文に掲載する間接引用を使うと良いです。

特に理系は、参考にした部分を載せる場合、直接引用だと実験手法から結果まですべてを掲載しなければなりません。

しかし、どういった結果が出たのかを伝えるだけで十分であるため、間接引用を利用することをおすすめします。

論文検索サイトで論文を探して執筆内容を決めよう!

論文検索サイトは数が多く、どれを使えば良いかわからなくなる方も多いでしょう。

どれか一つでも使えるようにしておけば、問題なく論文を見つけることができます。

検索サイトの多くは使い方が同じですが、やはりサイトそれぞれ特性や操作性が異なるため、 自分にあったサイトを見つけていきましょう

学生の窓口編集部

学生の窓口編集部

「3度のご飯よりも学生にとっていいことを考える!」の精神で
大学生に一歩踏み出すきっかけコンテンツをたくさん企画しています。
学生生活に役立つハウツーから、毎日をより楽しくするエンタメ情報まで
幅広く紹介していますので、学窓(がくまど)をチェックしてみてください!

関連記事

「大学生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催