『『海』と「海」』 初めに、かの有名なゲーテは『ファウスト』の中でこう言った。|「#Z世代の目線から」エッセイコンテスト7月優秀作品

編集部:ベッシー

お気に入り!

あとで読む

「#Z世代の目線から」エッセイコンテスト7月
優秀作品:『『海』と「海」』ゆうしょう さん

1065文字/3分くらいで読み終わります。

初めに、かの有名なゲーテは『ファウスト』の中でこう言った。「驚きは人類の最上の部分である」と。

安心・便利・快適な街を生きる我々は驚きとは中々巡り会えない。どれだけ日々を過ごしてもどこか既視感のあることばかり。切っても切っても同じ顔の金太郎飴みたいな生活に思えてくる。

でも、海は違う。知らないことと驚きでいっぱいだ。

それは、ある夏の日のこと。僕は沖縄の海でシュノーケリングをした。

目の前には、宝石を溶かしたような鮮やかな青色の海が広がっていた。陸から海を覗くと小さな魚達が泳いでいるのが分かる。フィンをつけた足をゆっくりと海にいれ、マスクとシュノーケル(=呼吸器)を装着した顔を海につける。

するとどうだ!

陸からは泳いでいるようにしか見えなかった魚達が楽しそうに踊っているではないか!鯛やヒラメが群になって舞い踊っている。竜宮城は確かにあったのだ!向こうの魚なんて、僕に手を振っているじゃないか!

僕は嬉しくなって、フィンを進める。次なる遊楽を求めて海の中を覗いていると、僕は大きな影に近づいているのに気づいた。

影をじっくり見ていると、なんとそこにはジンベイザメがいるではないか!大きな口で海水を飲み込んでいる。羊達が柔らかに草を食むなら、ジンベイザメ達は猛々しくプランクトンを食み尽くすといったところだ。何という迫力!これほど大きな口は見たことがなかった。

圧倒されじっくり見ていると、体どんどん1匹のジンベイザメの口に吸い込まれそうになる。

あまりの勢いに、まずい!食べられる!と思っていたら、意外にもジンベイザメは僕を飲み込む前に口を閉じてくれた。よかった。優しいサメもいるんだな。ジンベイザメは頭を下げ、誤った後ウィンクをして僕の前を去った。

以上が、僕の体験した驚き溢れる海の体験だ。

乾いた東京では経験できないことだ。東京はどこまでいっても知ってることばかりで驚きがない。

でも、本当にそうだろうか。

海の中に驚きが詰まっていることに気づくことができたのは、僕が海に顔をつけたからだ。知ろうとしなければ驚きがあっても気づくことができない。そうだとすれば、きっと東京の街にも「海」があるはずだ!世界にはまだまだ沢山の知らないことと驚きが眠っているのだ。

僕らは勇気という酸素を一杯胸に溜めて、社会を生きなければならない。どこかにある最上の竜宮城とジンベイザメを見つけるために。

最後に、かの有名なゲーテは『格言と反省』の中でこう言った。「自分の好きなように世界を知るがいい」と。


著者:ゆうしょう さん
学校・学年:中央大学 4年
著者コメント:テーマが「うみ」ということで、海から連想される自身の経験をもとに書きました。海は驚きでいっぱいですね。

エッセイに共感したらシェアしよう!

「#Z学生の目線から」7月期エッセイコンテストの結果と総評はこちら

==============

あなたもエッセイを書いてみませんか?夏のコンテスト実施中

編集部:ベッシー

編集部:ベッシー

昔ながらの大学生活でイメージされるような大学生活を謳歌し、就職活動はちゃんとやらず、社会人のスタートではつまづき、いろんな会社を転職しながらキャリアビルド。学生や若い人のチャレンジを応援したい、頑張れる場を提供したいという想いを持って編集部で活動中。伝えたいメッセージは「自分で考え、自分で動き、人にはどんどん頼りましょう」

関連記事

「大学生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催