棚橋弘至「自分たちの限界を超えさせてくれるのがファンの声援という経験が何度もあった」#ボクらの時代コラム

編集部:あこ

お気に入り!

あとで読む

様々なジャンルで活躍する著名人の方々によって繰り広げられるトーク番組『ボクらの時代』。あえて司会者を置かない本番組では、ここでしか聞けないトークが盛りだくさん。人生の先輩であるみなさんのお話は、きっと学生のみんなにきっかけやヒントを与えてくれるはずです。

フジテレビ提供

2月20日(日)に放送された『ボクらの時代』では、新日本プロレスをけん引する現役プロレスラーの棚橋弘至さん、オカダ・カズチカさん、現在は解説者として活躍中の獣神サンダー・ライガーさんが登場。新日本プロレスを支える3人が、プロレスラーになったきっかけや新日本プロレスの今後について、家族について思うことなど、幅広いテーマで語り合いました。

プロレスを見て勇気をもらったのでプロレスのよさを伝えようとした

フジテレビ提供

今年で旗揚げ50周年を迎える新日本プロレス。その新旧スター選手が揃ったこの日の鼎談でしたが、棚橋さんは「オカダとはずっと敵対関係というか、ライバル関係にあったので、こうやって普通にトークする番組は初めて」と、かなりレアな機会であることも明かします。

棚橋さんが入門したのは1999年ですが、2000年代から総合格闘技の人気が出てきて、それと同時にプロレス人気は下火になっていったといいます。「でも、僕はプロレスが好きでプロレスラーになって、プロレスを見て勇気をもらったので、プロレスのよさをなんとか伝えようとしてました」と話す棚橋さん。

ライガーさんが「昔は練習して試合しときゃよかったけど、今、それじゃダメなのね。いろんなところに顔を出したり、マスコミに対しての接し方とか大変じゃん、やることがいっぱいあるなと思って」と、昔のプロレスラーにはなかった苦労について言及すると、棚橋さんは「プロレスを知らない人たちにいかに届けていくか、ほかのメディアに出ていくかっていうところでは、どうしてもビジュアルの良さが必要だったので、僕が最適だったんですね(笑)」と冗談めかして説明します。これにはライガーさんも「え?ごめん。ちょっと聞こえなかった」とうまくかわして笑いを誘っていました。

そんな棚橋さんが2006年に初めてチャンピオン(IWGPヘビー級王座)になり、少しずつプロモーションを始め、新日本プロレスがだんだん盛り上がってきて、2011年に連続防衛を決めて、「さあ、まだ走ろうか」というときに凱旋帰国してきたのがオカダさんだったんだとか。すい星のごとく現れたオカダさんが当時連続11防衛をしていた棚橋選手を倒し「新しい新日本プロレスの顔になった」と棚橋さんが振り返ります。

中学卒業後、プロレスラーになるためメキシコへ


フジテレビ提供

一方、オカダさんはプロレスをやりたくて新日本プロレスを見ていたものの、「面白くなかった」とハッキリ言います。「なんでかっていうと、(新日本プロレスが)格闘技のほうにいっていたんですよね。僕はプロレスが見たかったのに、総合格闘技が流行っていて、新日本プロレスのリングでも格闘技をやっていて。『いや、プロレス見たいんだよな』って思って。なので、新日本プロレスを見なくなって、闘龍門(ウルティモ・ドラゴンがメキシコに設立したプロレスラー養成学校)を見始めて、そこから闘龍門に入って、メキシコ行って…」と振り返ります。

しかもメキシコに行ったのは中学を卒業した後だったそうで、「高校に行ってほしい」という母親を説得し、プロレスラーになるためメキシコへ向かったといいます。


フジテレビ提供

するとライガーさんも、「オレもレスラーになりたかったけど、身長が低いから日本じゃ無理だなって。じゃあ、メキシコ行っちゃえって」と、自身も高校卒業後にメキシコに渡った経緯を語ります。それを聞いた棚橋さんは、「『プロレスラーになりたい』って思ったときに、メキシコに行くっていうのがひとつの方法だったんですね」と納得した様子。

さらに、オカダさんの「誰に憧れたんですか?」という質問に、「藤波(辰爾)さんです」と答えたライガーさんは、「(藤波さんは)もうバリバリのビッシビシで。(自分は)当時、あまり外でキャッキャ遊ぶ方じゃなかったんです。小学校のときのクラブ活動が園芸部だからね」と、意外な小学生時代を明かします。「インドア派だし、ガリガリだったんです。で、自分の体と比べたときに、『カッコいい!』と思った。だから、技術がどうのこうので憧れたんじゃなくて、最初はあの肉体に憧れたんですよ」と、プロレスラーになったキッカケを語るライガーさん。すると棚橋さんが「僕の体づくりの目標は、実はライガーさんなんですよ」と明かしたため、ライガーさんは「ホント!? 嬉しい」と笑顔になっていました。

自分の限界を超えさせてくれるのがファンの声援

フジテレビ提供

現在のコロナ禍での無観客、無声援試合について話が及ぶと、棚橋さんが「やっぱり最初は戸惑いましたね。これまで、試合の中で苦しい状況があっても、お客さんの歓声や選手のコールが起きると不思議と息が続くっていうようなことがあって。自分たちの限界を超えさせてくれるのがファンの声援っていう経験が何度もあったから、『このブーストがない状態で、俺は試合ができるのかな』という不安はありました」と戸惑いや不安を明かします。

するとオカダさんも「やっぱり無観客はキツかったですね。今も歓声は出せない状態ですけど、見てはもらえるじゃないですか。応援してる目だけでなんかやっぱり伝わってくるので、それはよかったなと。拍手もそうですし、“見られている”というのは、やっぱりすごいパワーもらえるなっていうのは思います」と話し、改めて応援してくれるファンに見てもらえることのありがたさをしみじみ感じている姿が印象的でした。

プロレスラーになるため、10代の若さで海外へ渡ることを決めたライガーさんやオカダさんのように、ときには思いきった行動をとらなければ道が開けないこともあるもの。大学生のみなさんも、もし自分がやりたいことをやるために思いきった行動をとることが必要になったら、ためらうことなく飛び込んでいけるよう、心の準備をしておくのも大事なことかもしれません。


『ボクらの時代』フジテレビ系(毎週日曜7:00~7:30)

放送日:2月20日(日)
棚橋弘至×オカダ・カズチカ×獣神サンダー・ライガー
『ボクらの時代』公式ホームページ

<次回の放送>
2月27日(日)7:00~7:30
清塚信也×河合郁人×濱家隆一


文:落合由希
編集:学生の窓口編集部

編集部:あこ

編集部:あこ

食べることと寝ることが大好き。休みの日は家にこもって、ひたすら映画やドラマを見たり、漫画や雑誌を読むのが幸せ。

関連記事

「将来を考える」カテゴリの別のテーマの記事を見る

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催