快適なオンラインゲームの回線速度は?ラグなくプレイできる方法や整えるべき環境とは?

学生の窓口編集部

SPONSORED
お気に入り!

あとで読む

オンラインゲームを快適に楽しむために「回線速度」は、重要な要素のひとつです。しかし、オンラインゲームをサクサク進めるためにはどれくらいの回線速度が最適なのか、どんな通信方法が最適なのかはそれほどご存じないのではないでしょうか。

今回は、オンラインゲームに必要な回線速度や、その他快適な通信に必要な要素、通信環境の改善方法について詳しく紹介していきます。
記事の最後には、オンラインゲームをよくする方におすすめな回線とその理由についても解説しておりますので、ぜひ最後までご覧ください。

オンラインゲームの回線に関する基本用語

本題の前に、オンラインゲームをする上で重要な、回線にまつわる3つの基本用語を解説します。

ラグ

オンラインゲームのラグとは、「動きが遅くなる」「選択した動作の表示が中々されない」などの遅延を意味します。
オンラインゲームをしている人なら一度は体験したことがあるはずです。

ラグが発生する原因は、

・時間帯やアクセス集中により回線が混雑している
・回線速度が遅い、または不安定
・ ping値が高い

などが挙げられます。

とくに、時間帯に関係なくラグが発生する、ラグが頻発する場合は、通信環境に問題があることが多いようです。

ping値

ping値とは、データ通信の応答速度を示す数値のことです。
回線のスペックを見る時、回線の最大通信速度を主に確認すると思いますが、オンラインゲームをされる方は、ping値も確認しておきましょう。

ping値はms(ミリセカンド)で表記されていて、この数字が低いほど応答速度が速く通信環境が良いとされます。オンラインゲームでは瞬時の操作が必要ですが、操作が出来ていてもping値が高いと反映が遅くなり、ラグが生じる原因になることも。オンラインゲームをする際の理想的なping値の目安は後程ご紹介します。

ping値 はモバイル通信やWi-Fiなどの無線接続だと、天候や電波干渉の影響を受け不安定になることもありますので覚えておきましょう。

通信速度

通信速度は使用している通信回線の速度です。ここでいう通信速度は、最大通信速度ではなく実測値のことです。実測値の計測の仕方は後程ご紹介します。

通信速度が遅いとラグが起こったり、画面が固まったりして快適にプレイができない可能性が高くなり、ストレスがたまる原因にもなります。

通信速度は通常のプレイ以外にも、ソフトのインストール・アップデート・追加ダウンロードなど大きなデータを扱う際にも重要です。
回線や接続方法によっては、ダウンロードに時間が取られて中々ゲームが出来ないということにも繋がります。皆さんも一度は経験があるのではないでしょうか? 

オンラインゲームで必要な速度目安

オンラインゲームで必要となる速度の目安と、今の通信速度を測る方法をそれぞれ紹介していきます。

快適にオンラインゲームができる速度目安

快適にオンラインゲームができる速度は、おおよそ10Mbps~100Mbps ほどです。
オンラインゲームと一言にいっても、使用するハード・ゲームの種類・モードによって最適な環境は異なります。

テーブルゲームなどは通信速度をそれほど必要としませんが、オンラインRPG・シューティング・スポーツなどは10~30Mbpsほどの速度があれば快適にプレイできると思います。

バトルロイヤルゲームや、FPS、対戦アクション系のゲームなど瞬発力が重要なものは、60~100Mbps近く出ていると、ラグや回線落ちが少なく快適なプレイが可能です。

また、応答スピードを表すping値もオンラインゲームにおいてとても大切となります。

ping値は動画視聴など一般的な使用であれば40~60msほどあれば問題ありませんが、オンラインゲームを快適にするには安定して50ms以下の環境が望ましいです。
とくにFPS系をプレイするならば20ms以下、10ms以下だとかなり理想的な環境でプレイできると言われています。

現在の回線の速度を測る方法

自分の通信速度やping値を計測するためには、回線速度を調べることができるサイトの利用がおすすめです。「インターネット 速さ テスト」などで検索すると出てくる大手のサイトであれば、上り下りの通信速度とping値が測れます。ご自身にあったサイトを利用して調べてみてください。

サイトによっては、ping値の欄に「アンロード」「ロード」という項目が表示されますが、これはネットの利用人数ごとの速度を意味しています。
アンロードが自分1人だけが使用した場合、ロードが複数の人数(または端末)で同時に使用した場合の数値です。

ただし、回線速度を調べた結果は、あくまでその時の環境で出ているスピードであり、「その回線の通信品質」自体を測ったものではありません。そのため、1日のうちに何度か計測をして、回線が早い時間や遅い時間を把握しておくことも大切です。

Wi-Fiの速度を測りたい場合は専用のアプリもありますし、ゲーム機によっては本体にスピードテストの機能がついているものもあるので、そちらも利用してみてください。

オンラインゲームの回線速度を改善する方法

オンラインゲームを快適に楽しむために、回線速度を改善する方法5選を解説します。

安定した光回線を用意する

最近はモバイルルーターやスマホのテザリングを固定回線代わりに使用することもありますが、やはり安定した高速通信をするためには光回線がベストです。

光回線は、

・最大通信速度
・ping値
・安定した接続

といったオンラインゲームを快適に遊ぶために重要な要素を網羅しており、かつ、データ量が大きいゲームでものラグや回線落ちなど等の心配もなく遊べます。

また、動画サイトやSNSでゲーム配信をする方は、下り(ダウンロード)に加えて、上り(アップロード)の速度も重要です。

ゲーム配信は、映像(ゲーム)を配信するための上り(アップロード)の速度がないと、配信画面が乱れたり、高画質で配信できなかったりします。最悪の場合、配信自体が止まってしまうので、速く安定した回線が臨まれます。

データ消費量はゲームによって変動しますが1時間あたり数100mbほどのものも多く、配信も一緒に行うとなるとより多くのデータ量が必要となるので、光回線がおすすめです。

Wi-Fi接続ではなく、有線での接続をする

モバイルルーターや家のWi-Fi(無線LAN)は電波を飛ばしてネット接続しています。
コードなしで接続できるので場所や端末を選ばないのが利点ですが、その仕組み上、周囲の干渉を受けやすいというデメリットもあります。

「電子レンジを使うとネットが繋がりにくくなる」などと聞いたことがあるかもしれません。この現象は、「電波干渉」とよばれるものです。

Wi-Fiで使われている2.4GHzは、家電の電気信号にも使われているため、同じ周波数の電波が同時に飛ぶと干渉されて通信に影響が出てしまうのです。

ルーターの設定で、5GHzに変更できるものも多いですが、電波は周波数が高くなると直線的に進むようになるので壁や天井などの障害物にはじかれやすくなります。戸建てで利用する場合は設置場所に注意が必要となります。

天候や家電など等の影響を受けずに安定した接続をするためには、LANケーブルを使って有線接続するのがおすすめです。

光回線をWi-Fiルーターに繋げて使用している場合は、Wi-Fiルーターとパソコンを有線接続してみると接続状況が改善されるケースが多いようです。

ゲーム機本体にLANケーブルを接続できるものも多いので、オンラインゲームをする際は有線で接続するとプレイ時のストレスが軽減されるでしょう。

Wi-Fiルーターのスペックを確かめる

「光回線で有線接続を使ってゲームをプレイしているのに、そんなに速度が出ない」という場合、Wi-Fiルーターが古いかスペックが低いという可能性もあります。
Wi-Fiルーターの規格によって、最大通信速度は以下のように異なります。

規格 最大速度
IEEE802.11b  11Mbps
IEEE802.11g 54Mbps
IEEE802.11a 54Mbps
IEEE802.11n 300Mbps
IEEE802.11ac 6.9Gbps
IEEE802.11ax 9.6Gbps


ルーターの規格は本体のラベルなどに表示されていますので、一度確認してみてください。
プロバイダからレンタルしている場合は、

・新しいモデムに交換してもらう
・ルーターを別途購入する

などの方法がよいでしょう。

IEEE802.11ac、IEEE802.11axの最大通信速度は高速通信に対応した回線利用が前提です。
従来の最大1Gbpsの光回線を使用の場合、最大値よりも速くなるわけではありません。 

デバイス側の問題を改善する 

ネットワーク機器やマシンは、長年同じものを使用していると経年劣化でパフォーマンスが落ちることがあります。快適にプレイし続けるために、定期的な見直しを行い必要であれば新しいものを購入しましょう。

オンラインゲームを日常的にする、大容量データを取扱うことが多いという方は、ゲーミングパソコンを利用してみてもよいでしょう。

ゲーミングパソコンとは、専用のグラフィックカードや高性能なCPUが搭載されている高性能なパソコンです。普通のパソコンよりも冷却機能の性能が高いものも多く、大量のデータを消費しても高温になりにくくパフォーマンスが安定しているのが特徴。

ゲーミングパソコンはノートパソコン型もありますが、品質・安定性を重視するならやはりデスクトップ型の方が人気が高いようです

サーバーが混み合っている時間を避ける

インターネットが混雑している(遅くなっている)時間帯を避けるだけでも、オンラインゲームを快適に遊べる可能性があります。

多くの場合、19時~23時ぐらい の時間帯は平日・休日に関係なく混雑しているので、先ほど紹介した回線速度を計測するサイトを使って、該当する時間帯の速度が遅いようならほかの時間に遊んでみるのがおすすめです。

また、オンラインゲームの場合はキャンペーンやイベント開催・アップデート直後にアクセスが集中しやすくなります。
混雑を避けるためには、混み合いやすい夜間・イベントリリース直後のタイミングを避けてプレイするとよいかもしれません。

快適にゲームをするなら光回線がおすすめ

オンラインゲームの魅力である高画質やなめらかな動作を楽しむためには、ゲームのスペックにふさわしいネット環境を準備することが大切です。

快適にゲームを楽しむなら、やはり速度が速く通信が高い水準で安定している光回線が最適だと言えます。

現在モバイルルーターやWi-Fiでゲームをしていて、レスポンスの遅さや操作性に不満がある方は光回線に乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか。

教えてくれたのは…

砂流 恵介さん

秋葉原でパソコンショップ販売員の経験を得て、日本エイサーへ入社。宣伝・広報を担当する。2013年に同社を退職後はパソコンを含むガジェットのレビューを様々なWEBメディアで執筆。また、BtoC企業を中心にPR業務やコンサルタント、ゲーム実況配信など、多方面で活動している。

構成・文:Media Beats
編集:マイナビ学生の窓口編集部
提供:東日本電信電話株式会社

「未来とつながる新常識」カテゴリの別のテーマの記事を見る

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

春からFES

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催