【dTV】コナン、美女と野獣……年末年始に観たい2018年人気ランキング&中の人のおすすめ作品

編集部:すい
2018/12/26
学生トレンド
あとで読む

こんにちは、学生の窓口編集部のすいです。気づけば2018年も終わりですね。今年はどんな1年でしたか? 今度の年末年始は日の並びがよく、新社会人のみなさんも大学生のみなさんも、長いお休みになっているという方も多いのではないでしょうか?(土日祝日関係なく働かれる方はお疲れさまです……!)年末年始こそ、観忘れていた映画やドラマを一気見するチャンス!

そこで今回、リアルにdTVのヘビーユーザーである私、学生の窓口編集部すいが、dTVの担当者を突撃! 2018年に人気だった作品と、年末年始にこそ観てほしい作品について教えてもらいました。まだ加入してない人はこの機会に加入してみるのもいいですね。加入済みの方は「こんな作品あるんだ!」と新しいものをみつけてみてください。ぜひdTV仲間になりましょう~!


dTVって? 年末年始に新規加入するためのおさらい

そんな方のために、「dTV」についておさらいしておきましょう。

dTVの注目ポイント4つ
1)総コンテンツ数国内No.1
2)月額540円(税込)のお手軽さ
3)キャリアはdocomo以外でもOK!
4)シェア率も国内No.1を誇る


1)総コンテンツ数12万作品で国内No.1

実はこの作品数の多さのからくりは、音楽ジャンルの作品数のボリュームが多い(10万作品超え)ことがあげられます。アーティストのPVやライブ映像が豊富なのは、エイベックスが母体であるエイベックス通信放送が運営するdTVならでは。その他、韓流・華流ドラマ(188作でU-NEXTに次ぐ2位)とオリジナル作品(195作品でNETFLIXに次ぐ2位)の多さもdTVの特徴と言えるでしょう。その他洋画や邦画も、主要サービスと比べて平均的な数ですし、Amazonプライムビデオと比較して、結局dTV一本にしぼった私からすれば、申し分ないとおすすめできます!

2)月額540円(税込)のお手軽さ

他のサブスクリプション系サービスが、軒並み月額1000円前後であるのに対し、dTVは税込み540円ポッキリ(税率8%の場合)。課金作品もありますが、見放題の範囲でも十分な作品数です。仮にレンタルをしたとしても、レンタルビデオ屋さんで借りる&返す手間や時間を考えれば、圧倒的に便利です。

3)キャリアはdocomo以外でも登録OK!

意外と知られていないのですが、 dTVの登録に携帯キャリアは関係ありません! 「dアカウント」を発行さえしてしまえば、docomo以外の端末でも観ることができちゃいます。この辺りは、ヤフーやグーグルなどでIDやパスワードを発行するのと同じ感覚ですよね。

4)シェア率も国内No.1を誇る

これも知らない方が多いと思いますが、dTVは国内市場のトップシェアを誇っているんです。AmazonやNetflixは海外シェアが確かに高いのですが、日本市場のニーズに合ったコンテンツが観られるのはdTVの特徴と言えるでしょう。

dTVに加入したい! もっと知りたい!
と思った方はこちら

※dTV/hulu/Netflix/Amazonプライムビデオ/U-NEXTの5サービス比較
※エイベックス通信放送/インプレス総合研究所調べ

2018総ざらい! 年末年始に観たいジャンル別dTV視聴数Top3

さて、ここからは2018年の視聴数ランキングを元に、年末年始の時間があるときに観ておきたいdTV配信作品をまとめてご紹介していきます。今年注目された作品が、ジャンルごとにまるっとわかるのでdTV未加入の方も要チェックです!

王冠
邦画部門

「映画館に観に行こうかな」って思っていて、結局観に行けなかった邦画を配信してくれる、そんなありがたい存在になっています。

1位『銀魂』


(C)空知英秋/集英社 (C)2017 映画「銀魂」製作委員会

小栗旬さんの銀髪に衝撃を覚えた『銀魂』……! 漫画原作を実写化した作品がたくさん出るようになりましたが、『銀魂』はビジュアルとキャスティングに驚いたのが忘れられない……。

上映時間:2時間10分

2位『映画「兄に愛されすぎて困ってます」』


(C)2017「兄こま」製作委員会 (C)夜神里奈/小学館

「兄こま」の愛称でも話題になりましたね! 血の繋がらない兄妹系ってなんでこうキュンってするんでしょう……。実年齢でいえば大学生世代の太鳳ちゃんですが、制服がナチュラルに似合いすぎて永遠に高校生役ができそう。

上映時間:1時間39分

3位『日本で一番悪い奴ら』


(C)2016『日本で一番悪い奴ら』製作委員会

学生の窓口編集部でもすでに鑑賞済みのメンバーが多かった作品。北海道警察で起きた日本警察史上で最大の不祥事と言われている実話を元にしているそう! こんな事件があったなんて、衝撃的ですよね。ちなみに15R+指定になっていますので、高校生以下の学生さんはご注意を……!

上映時間:2時間15分

王冠
洋画部門

洋画は吹き替えも字幕も、それぞれのよさがありますよね! 吹き替えは声優さんの素敵な声で聞けるし、字幕は短い単語で的確に伝える翻訳がすごいなぁといつも思います。dTVでは字幕と吹き替えの切り替えが一つのボタンで簡単にできるので、どっちも楽しみたい人にとっては魅力の一つです~!

1位『美女と野獣』


(C)2017 Disney

『ハリー・ポッター』シリーズでハーマイオニーだったエマ・ワトソンさんが、ベルとして出演。私は字幕版を劇場で観たので、配信では吹替版にして山崎育三郎さんを堪能しようと思います。劇場で吹き替えを観たかたは、ぜひ字幕をdTVで! 両方観ちゃった方は、好きだったほうをまたお家で観ちゃいましょう。

上映時間:2時間10分
※2018年12月15日~見放題にて再配信しています!

2位『ミニオンズ』


(C)2015 Universal Studios. All Rights Reserved.

USJに「ミニオンパーク」ができたのも記憶に新しい。キャラとしてはめちゃくちゃ見るし、ビジュアルも知ってるけど、ストーリーはよく知らない! って人、まだまだいるのでは? その『ミニオンズ』の物語がまるっとわかってしまいます。他にも『怪盗グルーのミニオン危機一髪』など関連作品もあるのでまとめ見するのもいいですね!

上演時間:1時間30分
※1月31日までの配信なのでお見逃しなく!

3位『キング・オブ・エジプト』


(C)2016 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

太陽神・ラーや知恵の神・トトなど、エジプトの神話でも実際によく聞く神々が出てくるストーリー。主人公のベックの日本語声優を担当したのが、あのKis-My-Ft2の玉森くんです。この作品も吹き替え/字幕両方の楽しみ方ができますね!

上演時間:2時間7分

王冠
韓流ドラマ部門

韓流は主婦層向けのドロドロ恋愛ものって思ってる方はいないですか? その考え、もう10年古いですよ! イマドキの韓流ドラマは、ドロドロだけではなく、10代~20代の人でも「キュン」となったり、くすっと笑えたりする、甘酸っぱいストーリーも多いのです。

1位『青い海の伝説』


(C)STUDIO DRAGON CORPORATION

韓国版『花より男子』に出演したイ・ミンホさんと『星から来たあなた』に出演したチョン・ジヒョンさんの最強タッグ! チョン・ジヒョンさんといえば『星から来たあなた』だけでなく、『猟奇的な彼女』での演技も印象的でしたが、この作品でも同じくコミカルな役どころ。ちょっと変わった強い女性の役を演じさせたら、ナンバー1の女優さんかもしれません!

全20話

2位『トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜』


(C)STUDIO DRAGON CORPORATION

「トッケビ」ってあえて日本語訳をするならば「鬼」になるみたいなんですが、日本人の想像する鬼の存在とはちょっと違うみたいです。韓国ではいろいろと「トッケビ」に関する迷信があるらしく、その文化的背景を知っているとよりおもしろく感じられます! もちろん事前に知らなくても大丈夫。コン・ユさんのトッケビさんももちろんいいキャラですが、同じく萌えるのがイ・ドンウクさんの死神さん二人のブロマンスが最高なんです。それと、音楽番組でよく観るBTOBのソンジェさんも今作では「俳優」としてめちゃくちゃ存在感を発揮しています!

全16話

3位『シンデレラと4人の騎士<ナイト>』


(C)2016 HB ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

先日除隊したばかりのチョン・イルさん、現在入隊中の韓国のイケメンバンドCNBLUEのイ・ジョンシンさん、そして他のドラマでもよく観るアン・ジェヒョンとチェ・ミンさん。全員身長180cm超えという言わずもがなのイケメン堪能系作品。そのほかApinkのナウンちゃんも出演していますし、OSTはBTOBやGFRIENDシンビさんが担当するなど、K-POPファン(特に雑食ファン!)の学生も観ておきたい作品です。

全16話

王冠
アニメ部門

アニメに疎い私でも、コナンが第1話からあるっていうのはうれしすぎる! アニメ好きさんも地上波放送中作品の見逃し配信はありがたくないですか……?

1位『七つの大罪 戒めの復活』


(C)鈴木央・講談社/「七つの大罪 戒めの復活」製作委員会・MBS

「七つの大罪」は「憤怒・強欲・怠惰・嫉妬・色欲・暴食・傲慢」の七つの大罪人から組織された、伝説の騎士団<七つの大罪>を描く物語です。「七つの大罪 戒めの復活」は2014年~2015年に第一期、2016年に第二期が放送されたアニメの続編。メリオダスやエリザベス、ホーク、ディアンヌ、バン、キングといったいつもの仲間たちの活躍はもちろん、杉田智和さん演じる新キャラなども登場し、王国の秘密がさらに解き明かされていきます。2019年夏には映画化も決まっているので、まだ観たことがない人は今のうちにチェックを! 王道ファンタジー系のストーリーが好きなら間違いないですし、クセ強め、個性豊かなキャラクターがたくさん登場するのでキャラ重視のアニメファンにもおすすめです。

全24話

2位『名探偵コナン』


(C)青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996

1996年からアニメ化スタートした『名探偵コナン』が1話から観られるってすごくないですか? 今も毎週更新されてるようで、840話(※12月26日現在) まで更新されています。見逃し配信ほどの即時性はありませんが、古いものから新しいものまでストックしてあるのはすごい。最新作の映画公開に合わせて関連する物語を見返すのもGOODです。

全840話※随時更新中

3位『「進撃の巨人」Season 3』


(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

漫画を飛び越え、アニメ、映画、実写映画、ゲームなど、クロスメディア展開も盛んな大人気作品「進撃の巨人」。そのシーズン3が年間ランキングにランクインしました。ちなみにシーズン1と2も見放題にありますので、進撃初心者さんにも安心!
立体機動装置でのアクションシーンの迫力は1期・2期に引き続き健在。ストーリーとしても、巨人族や王国の成り立ち、主人公エレンの出生に関わる謎が徐々に明らかにされ、いよいよ核心に迫っていくので見逃せません。

全49話
※2019年4月スタートの第50話以降も見逃し配信予定

王冠
オリジナル作品部門

サブスクのオリジナル作品って海外の謎のもの多いイメージだけど、dTVは「知ってる作品」「知ってる俳優」のスピンオフが多いからとっつきやすいんです。

1位『銀魂2 -世にも奇妙な銀魂ちゃん-』


(C)空知英秋/集英社 (C)2018映画「銀魂2」製作委員会 (C)2018 エイベックス通信放送

邦画部門で1位にランクインした『銀魂』のスピンオフドラマが、オリジナル作品部門でも1位に。橋本環奈ちゃん何着ても何してもかわいいってどういうことだろう……。

全4本

2位『不能犯』


(C)宮月新・神崎裕也/集英社 2018「不能犯」製作委員会 (C)2017 dTV

個人的にも映画館で観たい! と思っていた映画作品のひとつ『不能犯』。そのスピンオフドラマがdTVオリジナルとして配信されています。劇場版につながるストーリーらしく、原作でも人気だったエピソードを映像化したそう。ちなみに劇場版は現在有料配信中!

全5話

3位『銀魂 -ミツバ篇-』


(C)空知英秋/集英社 (C)2017映画「銀魂」製作委員会 (C)2017 dTV

まさかのオリジナル作品部門の1位と3位を独占した『銀魂』シリーズ。こちらは原作ファンからの人気が高いエピソード。真選組・沖田総悟の姉である沖田ミツバが上京してくる際を描いた、普段のギャグ率高めの銀魂とは一味違った長編です。泣けると話題らしいが、いかに。ちなみに銀魂シリーズにさらに追加として映画『銀魂2』も12月18日より配信開始になりましたので、シリーズ一覧をぜひチェックしておきたいところです。

全4本

※エイベックス通信放送調べ/調査期間:2018年1月~12月

dTV担当者に聞いた! 年末年始に絶対観ておきたい作品って?

今回は、dTV担当者さんに今年の年末年始にこそ観てほしい、最新作品情報を教えていただきました。担当者さんに熱い思いも聞いてきましたよ!

dTV担当者の年末年始の推し作品1.『パンク侍、斬られて候』(オリジナル映画)


(C)エイベックス通信放送

劇場公開時とはキービジュアルが一新されて、めちゃくちゃかっこいい綾野剛さんを拝めました。dTVさんありがとうございます!! 実は脚本が宮藤官九郎さん担当って知ってましたか? 綾野剛×クドカン……なにその最強タッグ。めちゃくちゃ観たい!

✔dTV担当者のおすすめコメント

パンク侍おすすめ
エイベックス通信放送 コンテンツプロデュースグループ企画編成ユニット 米澤孝浩さん

綾野剛や、北川景子をはじめとした超豪華俳優陣の振り切った怪演、脚本:宮藤官九郎×監督:石井岳龍による唯一無二のパンクな世界観が最大の見どころです。劇場公開時には何度も劇場に足を運んでくれた熱狂的なリピーターも多かった、平成最後の問題作をdTVで、ぜひお楽しみください。

dTV担当者の年末年始の推し作品2.『「AAA C.A.L After Party 2018」生配信』(ライブ映像)

a-nation2017ではじめて生で観たAAAがすごくかっこよかったこと、今でもはっきり覚えています。aヲタさん、視聴準備はできましたか~? ライブ映像を見ながら、ライブ当日さながらにまたみんなで盛り上がるのも最高ですよね! 12月27日(木)配信ですのでお忘れなきよう!

✔dTV担当者のおすすめコメント

AAAおすすめ
エイベックス通信放送 コンテンツプロデュースグループ企画編成ユニット 犬塚さくらさん

2018年ラスト! AAAParty(ファンクラブ)限定のプレミアムイベントです! パワーアップし続けるライブパフォーマンスだけではなく、プレミアイベントならではのメンバーの掛け合いなどなど……、ココだけでしか観ることのできないプレミアムな模様を会場の熱気を感じながら、ぜひお友達と一緒に盛り上がってくれたらうれしいです!

dTV担当者の年末年始の推し作品3.『劇団4ドル50セント 第2回本公演「ピエロになりたい」』(舞台作品映像)


(C) 2018 AVEX.AY.FACTORY.LLC All rights reserved.

48や坂道グループのプロデューサー・秋元 康さんが立ち上げた『劇団4ドル50セント』の劇場公演作品。演劇の舞台映像ジャンルがあるのもdTVの特徴の一つ。いきなり知らない劇団の舞台を観に行くのは、なかなかハードルが高いですが、映像なら「ちょっとのぞいてみようかな」もできちゃいます。映像を観たら生の演技も観たくなるかも!

✔dTV担当者のおすすめコメント

450おすすめ
エイベックス通信放送 コミュニケーションプロデュースグループプロモーションユニット 野沢麻美さん

秋元 康プロデュースの演劇集団である劇団4ドル50セント。演技経験がほぼゼロの状態からスタートした劇団の、旗揚げ本公演と、12月2日まで行われていた
第2回本公演「ピエロになりたい」が早くも独占先行配信です!
YouTubeでの公開オーディションによってメインキャストが選定されており、成長する劇団員たちの姿も見どころのひとつです!


さて、年末年始に観る作品は決まりましたか? どれにしようか迷ったら、作品の所要時間を確認して、空き時間にちょうどいい長さのものを選んでみるのもいいですね。年末年始のテレビ特番にそろそろ飽きてきた……そんなときにこそdTVで過ごしてみては? それではみなさん、よい年末年始をお過ごし下さい☆

文:学生の窓口編集部・すい
画像提供・制作協力:エイベックス通信放送株式会社

※今回ご紹介した作品はすべて12月26日現在の情報です。

編集部:すい

お笑いとK-POP好き。名前の由来は「すいすい物事がうまくいくように」「水のようにチームになくてはならない存在になるように」から。
★ほっとけない学生芸人GP(@gm_hottokenaigp)運営も兼任中。

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

編集部ピックアップ

「入学・新生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催