マンション・アパートでwi-fiを使う方法って?

学生の窓口編集部(YY)
2018/07/26
引っ越し・一人暮らし
あとで読む

wi-fi(ワイファイ)は無線LANの規格で、ネットワークに接続するために使われます。電波で通信を行うので、通信ケーブルが不要で楽ちんですね。そこで今回は、マンション・アパートの自室でwi-fiを使う方法をご紹介します。

マンション・アパートでwi-fiを使う方法

マンション・アパートなどの共同住宅の自室で、wi-fiを使おう!

マンション・アパートなどの共同住宅の自室で、wi-fiを用いたネット環境をつくるには、まず以下の作業が必要です。

1.インターネット回線を自室に引き込む
2.インターネット回線をモデムに接続

「1」「2」はネットワーク用のハードウェアの準備です。これは回線業者の担当です。ハードウェアの準備の他に、インターネットに接続してもらうという、いわばソフトウェアの準備が要ります。これはインターネットサービスプロバイダー(ISP)という接続業者の担当です。

ネット環境を整えるためには「回線業者」にネット回線を通してもらい、モデムを用意(モデムは回線業者から郵送されます)。接続業者にネットに接続してもらうという作業が必要なのです。

これらはネット上、また家電量販店のカウンターなどで簡単に申し込めます。申し込んだら回線工事の日を決めるだけで済みます。後日郵送されたモデムを受け取り、回線につないで接続設定を行えばいいのです。

wi-fiに必要な「ルーター」って?

モデムの接続・設定まで終わったら(ISPも契約済)、モデムからコンピューターにLANケーブルをつなげば、インターネットに接続可能です。ただ、ネット接続したい機器が複数ある場合には「ルーター(router)」という、通信を中継する機器が必要です。

ルーターがあれば、皆さんの部屋にある「ゲーム機」「ノートパソコン」「HDDレコーダー」「タブレット」など複数の機器で1本のネット回線を利用できるのです。インターネット回線に接続するルートを開くもの、という意味で「ルーター」と呼ぶわけです。

「インターネット回線 → モデム → ルーター」というふうにLANケーブルで接続します。ルーターから各デバイスにはLANケーブルで接続する有線タイプと、電波で接続する無線タイプがあります。wi-fi接続するのが「wi-fiルーター」で、複数のwi-fi規格対応のデバイスをネット接続可能です。

「モバイルwi-fiルーター」を使ってもネット環境はつくれる!

回線工事などが面倒な場合には「モバイルwi-fiルーター(モバイルル-ター)」を使うという手もあります。モバイルルーターは持ち運び、出先でインターネットに接続するのに便利ですが、家で使って悪いということはありません。

モバイルルーターはいわば上記の「モデム」機能、「プロバイダー接続」機能、「ルーター」機能が一つになったようなもの。普通のモデムと違って無線で回線につながり、wi-fi規格準拠の複数のデバイスが接続可能です。そのため回線業者と契約して月額利用料を支払うことになります。

最近では、ドコモ、au、ソフトバンクだけではなく、他の通信業者でもモバイルルーターを用意しています。また、モバイルルーターを家に設置するようなスタイルにした「ホームルータータイプ」と呼ばれるものもあります。

工事不要で持ち運びに便利なモバイルルーターですが、以下のような弱点もあります。

・有線の回線に比べて通信速度が遅いことが多い
・有線の回線に比べて不安定(電波状態の影響を受ける)
・原則、通信量に制限がある
・充電しないといけない
・利用料金がかかる

便利なモバイルルーターですが、メリットとデメリットを十分理解した上で利用するようにしましょう。

wi-fi接続は、スマホを使った「テザリング」でも可能!

テザリングとは、スマホのインターネット回線を他のデバイスでも利用できるようにすることを言います。スマホを持っている人なら、スマホを利用してネット環境をつくることもできるのです。

テザリングには、スマホと接続するデバイスをwi-fiでつなぐ方法と、USBケーブルでつなぐ方法があります。wi-fiで接続可能なデバイスの場合には、スマホだけでも手持ちのデバイスをネットにつなぐことができます。

ただし、テザリングを行うには通信業者との契約が必要です。たとえば、ドコモの場合にはspモードに加入していなければできません。また、スマホの機種によってはテザリングができないものもあります。自分の持っているスマホがテザリング可能か、可能な場合にはどのような料金体系になっているか確認する必要があります。

マンション・アパートの自室に最も安定したwi-fi環境を得るためには、回線ケーブルを引き込んでwi-fiルーターを用意するのがおすすめです。しかし、それが面倒というのであれば、モバイルルーター、テザリングを考えてみましょう。それぞれ、料金面や通信速度、安定性の面でメリット・デメリットがあることを理解した上で使用するようにしてくださいね。

(高橋モータース@dcp)

関連記事

あなたにオススメ

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「入学・新生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催