世界で一番「ポジティブ」な言語を持つのはどこの国?

編集部:はまみ

お気に入り!

あとで読む

悲しい言葉もポジティブ?世界で一番前向きなのは「スペイン語」

この世界には数えきれないほどのたくさんの言語があります。国によって話される言語も違いますが、ある国では民族ごとにまったく違う言葉を話しており、ひとつの国に100以上の言語が存在していたりします。そんな数ある言語の中で10つほど主要言語を選び、その中でもっともポジティブな言語がバーモント大学の研究によって明らかになりました。

もっともポジティブな言語は「スペイン語」だそうです。研究者たちは日常生活のあらゆる場面で使われている言葉10万個を9つのカテゴリーにわけました。1が最もネガティブな感情をあらわし、9が最もポジティブな感情をあらわします。ポジティブなものからネガティブなものまでその度合いをはかっていった結果、スペイン語は最もネガティブな言葉でさえも他の国の言葉よりもポジティブな単語を用いていたそうです。

スペイン人が他の国よりも前向きな言葉を用いる傾向にあることは、社会的にもいい影響を与えていると研究者たちは語っています。日本にも多くのスペイン人が住んでいますが、友達になれたら自分のネガティブな感情が飛んで行ってしまう
かもしれませんね。

参考:Spanish is the world's happiest language

関連記事

「入学・新生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催