社会人女性が実践! 防犯対策でやっている自分なりの護身術

編集部:はまみ
2016/07/11
入学準備・新生活
あとで読む

女性に聞く! 防犯対策のために編み出した自分なりの護身術

日本は比較的、治安がいい国だと言われていますが、それでも油断は禁物。特に女性が夜道を歩く際には注意が必要です。女性の皆さんは、どのような対策をしているのでしょうか? 読者の女性陣に「防犯対策のために編み出した自分なりの護身術」について聞きました。

■夜道を一人で歩いて怖いと思ったら、携帯電話で誰かと話すか、話すふりをする(41歳)

一番多かったのは、この回答。携帯電話で誰かと話していれば、怖さがまぎれますもんね。

■夜道はなるべく人通りの多い通りを選ぶ。そして、カバンは車道と反対側の肩にかける(34歳)

車道と反対側の手にカバンを持つことで、ひったくり対策に。男性より力がない女性だからこそ、細心の注意を払いたいところです。

■帰宅時に誰もいない部屋に向かって「ただいま」と言う(23歳)

一人で住んでいると思われると危ないですもんね。この春から一人暮らしを始めた女性に実践してほしい対策です。

■危険な目にあったら、カバンの中に入れてあるミニボトルのシャンプーを相手の目にかけようと思っている(23歳)

いざというときのために、身近に武器になるものを持っておくのは重要なのかも。とっさに取り出せるようにイメトレしておきたいですね。

■昔、『痴漢に襲われたら携帯電話で殴るとけっこうなダメージがある』という話を雑誌でみて、いざというときはそうしようと思っている。ただ昔と違って今はスマホなので、壊れてしまったら最悪(25歳)

携帯電話が鈍器になるとは。いざというときは戦わず逃げるのが優先ですが、たしかに強力そうです。

次のページこんな対策も!

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

編集部ピックアップ

「入学・新生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催