和食を食べる時に気をつけたい! ついやりがちなマナー違反4選 4ページ目

編集部:はまみ
2016/11/28
グルメ
あとで読む
目次
  1. 見落としがち! お椀の使い方のマナー
  2. 見落としがち! お椀の使い方のマナー
  3. 難しい! 魚の食べ方の基本&NGマナー
  4. これだけは守りたい! 和食全体に関わるマナー

4)和食のNGマナー4 和食全体の食べ方の流れ


和食は基本的に、最初からすべての食事が目の前に並んででていることが多いでしょう。その場合、盛り合わせは全体の左側から右側にかけて味が濃くなり、左側から右側へ食べやすいように並んでいます。これを基本として、右から食べるのはNGとされています。

よくあるのが、特定のものだけ一点集中で食べる行為。これもマナー違反です。いろんな品を、少しずつ味わいながら楽しんで食べましょう。

和食のマナーは難しいように思われますが、「知っている」「ちゃんとできている」ことが周囲から一目おかれるマナーです。マナーの守れない人を、重要な会食や接待には連れていけません。社会人として身につけるべきスキルとして、ぜひ会得し活用してください!

執筆者:ゆう(ナレッジ・リンクス)

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

春からFES

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催