ホントに勝ち組? リア充が意外と損しているかもしれない3つの理由 2ページ目

学生の窓口編集部
2015/04/21
学生トレンド
あとで読む
【3.恋は、偽物の自己肯定】

AV監督の二村ヒトシさんの著書『恋とセックスで幸せになる秘密』によると、人は誰でも穴(劣等感や寂しさ、悲しみ、怒り、罪悪感)を持っているそうです。自分に自信が無い人は、その穴を埋めるために恋人に過剰に認められようとして価値観を押しつけたり、多くを求めたがるあまり束縛して自己肯定感を得ようとしたりします。

「1年生の時に付き合っていた彼女が、非常に束縛をしたがる子でした。そのため当時は自分の時間がなかなか作れず、恋愛なのに辛かった記憶があります」(教育人間科学部・4年男子)
「仲の良い友人から、彼氏と価値観が合わないと相談を受けたことがあります。やはり考え方が異なっている人と一緒にいるのは大変そうでした」(総合文化政策学部・2年女子)

このような態度は自己中心的かつ恋人を傷つけることで成立するので、リア充とは言い難いですよね。もしあなたの彼氏・彼女が依存体質であったり、束縛気味であったりするなら注意が必要です。

こうやって見ると「独り身」でいるのも悪くない気がしませんか? 何事にもデメリットはつきものです。でもやっぱり恋人がいる人を見ると、幸せそうですね……。

(文・モッチー)

関連記事

関連キーワード

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催