大学生におすすめの短期バイトを一挙紹介!夏・冬・在宅バイトの中から好きな仕事を選ぼう!

学生の窓口編集部

お気に入り!

あとで読む


急な出費が重なって生活費がピンチになってしまったら、短期バイトや単発バイトを探すのがおすすめです。

通年募集しているものもあれば、長期休みに重なるように募集がかかるものもあります。

現役大学生がおすすめする「すぐにお金がほしいときにおすすめの短期バイト」を紹介します。

短期バイトはすぐにお金が欲しいときに便利

短期バイトは、数週間から数ヶ月間といった短い期間だけ働くアルバイトのことです。期間の長さはアルバイトによって異なり、短いもので数日、長くても2〜3ヶ月のことが多いですね。

短期バイトは、長期間のアルバイトよりも時給が高いことが多く、働く期間が決まっているため短期間に効率よく稼ぎたい人に向いています。

中には重労働なものもありますが、仕事内容との相性がよければ職場の人間関係にも悩まされませんし、メリットが大きいです。

短期バイトは通年募集しているものと期間限定のものがある

短期バイトは通年募集しているものと期間限定のものがあります。

通年募集しているもののとしては、

  • ・資格試験などの試験監督
  • ・アトラクション施設などでの着ぐるみバイト
  • ・コンサートホールなどでのイベントスタッフ

などが有名です。

期間限定のもので有名なものには、

  • ・繁忙期限定のリゾートバイト
  • ・引っ越しシーズンや年賀状シーズンの配達バイト
  • ・春・夏・冬の長期休みに合わせた塾講師
  • ・選挙期間中のウグイス嬢

などがあります。

単発バイトは、短期バイトの中でも継続性が無く、1日で終わるもののことを言うことが多いです。選挙の出口調査などが代表的ですね。

短期バイトは派遣会社に登録するかバイトサイトで探す

短期バイトは派遣会社に登録して紹介してもらうか、バイトサイト(情報誌)で探します。

  • 「学生 短期バイト」
  • 「学生 単発バイト」

のように検索するとその時々で募集している短期バイトが検索できますよ。

大学で先輩から紹介してもらうという手段もあります。

大学生におすすめの通年募集してる短期バイト

大学生におすすめの通年で募集がある短期バイトを紹介します。

実際に働いたことのある先輩方からの評判もよく、通年募集していることから最初の短期バイトとしてもおすすめですよ。

イベントスタッフ

イベントスタッフは、コンサートなどの大きなイベントなどがある際に募集がかかる短期バイトです。

採用が決まったら簡単な仕事内容の説明があり、本番当日を迎えるようなものも多く、出勤期間が短い割に稼げると人気です。

ただし、当日は一日中立ちっぱなしであることも多く体力と精神力が問われます。

イベントスタッフを経験した大学生の体験談

  • ・1日中働き、1万円近く稼げるから(女性/20歳/大学2年生)
  • ・長期の休みなどに短期で入れるから(女性/23歳/大学院生)
  • ・朝から晩まで働かなければならないが、その分1日で1万ほど入るから(女性/21歳/大学4年生)
  • ・日給は高く、すぐに支払われたから、お金がほしいときに行える(男性/24歳/大学院生)

警備員

警備員は、イベント時や新規店舗オープン時などに警備スタッフとして働く短期バイトです。

本職の警備員さんと一緒に働くことが多く、補助的な役割のことも多いようですよ。

警備員を経験した大学生の体験談

  • ・イベントの時だけで、外回りだからそこそこ稼げると思うから(男性/24歳/大学院生)
  • ・日雇いがあるし結構高い(男性/20歳/短大・専門学校生)

試験監督

試験監督は、語学などの資格試験の際に試験監督として働く短期バイトです。塾や予備校の対策テストの試験監督が募集されることもあります。

スーツなどのかっちりした格好が求められるものの、基本的には屋内での仕事になります。

試験監督を経験した大学生の体験談

  • ・週末に集中し、お金もがっぽり稼げるから(女性/19歳/大学1年生)
  • ・日払いですぐにお金を手に入れる(男性/25歳/大学院生)

引越し運送

引っ越し運送は、春先の繁忙期に募集が多くはなりますが通年募集しています。

力仕事になるため、体力に自信がないとできませんが、収入が高いと評判です。

引っ越し運送を経験した大学生の体験談

  • ・日給だが割高なところが多いから(女性/19歳/大学1年生)
  • ・一日で高収入(男性/19歳/大学1年生)

試食販売員

試食販売員は、スーパーマーケットなどで食料品の試食を配布する短期バイトです。

子どもに配布する場合はアレルギーに配慮する必要があるなど、デリケートな面もありますが、新しい商品に触れることができる短期バイトです。

試食販売員を経験した大学生の体験談

  • ・土日などの週末に集中して働けるし、けっこう日給も高いから(男性/24歳/大学院生)
  • ・日給が高く、1日快適な温度の室内で立っていればいいだけだから(女性/19歳/大学2年生)

倉庫作業

倉庫作業は、倉庫内での作業をする短期バイトです。倉庫での品出しや運送業者への品物の引き渡しなどが仕事になります。

倉庫作業を経験した大学生の体験談

  • ・イベントと違って毎日あるから、入りたいときに入れる(女性/21歳/大学4年生)

化粧品などのテストバイトや治験

化粧品などのテストや新薬の治験バイトも高収入として有名です。

とはいえ、自分の体で新しい何かを試す仕事でもあり、不安を感じる人も多いようですね。

化粧品などのテストバイトや治験を経験した大学生の体験談

  • ・化粧品や薬剤のテストのアルバイト。リスクはありそうだけど試験台になるので報酬はいい(女性/26歳/大学院生)

大学生が夏休みに働ける短期バイト

夏休みに働ける短期バイトを探している大学生におすすめの短期バイトを紹介します。

夏ならでは短期バイトは季節を感じながら働くことができますよ。

プール・海水浴場のスタッフ

夏といえばプール・海ということで、夏季限定で開業している施設でのスタッフバイトです。

プールや海水浴場なら監視員、海の家ならホールスタッフが有名ですね。

施設に気に入ってもらえれば、毎年夏になると声がかかるようになるかもしれませんよ。

リゾートバイト

夏休みの旅行シーズンは観光地の宿泊施設などでのリゾートバイトの募集がかかります。

温泉宿に泊まり込んで仲居さんをやったり、ホテルのレストランで厨房を手伝ったりと、職種はさまざま。時期になるとアルバイト情報サイトにリゾートバイトの特集ページが組まれます。

ビアガーデンなどのホールスタッフ

夏季限定で開店する飲食店のホールスタッフでも短期バイトができます。

ビアガーデンやソフトクリーム専門店などが代表的ですね。

大学生が冬休みに働ける短期バイト

冬休み時期に募集がかかる短期バイトを紹介します。

雪が降る地域だと除雪作業員などもありますし、年賀状シーズンは配達スタッフの募集がかかります。

確定申告時期には経理作業員などの短期間の事務職が募集になることもありますよ。

スキー場などのスタッフ

スキー場などの冬期間限定で開く施設のスタッフです。

スキー場の発券業務や、リフト作業員など、ウィンタースポーツが好きな人がハマりそうなバイトになります。

リゾートバイト

冬休みの繁忙期に向けてもリゾートバイトが募集になります。

夏と同じ施設が募集することもありますし、夏にはなかった施設から募集がかかることも…。冬休み前にはアルバイトサイトで特集ページが組まれるのでチェックしてみましょう。

年賀状仕分け・配達スタッフ

年賀状の仕分けスタッフと配達スタッフも募集されます。

配達スタッフは肉体労働のため、仕分けスタッフに比べると人気がないそう。時給が低いのも難点です。

巫女バイト

年末年始の期間限定で巫女さんのアルバイトを募集している神社もあります。

巫女服を着るのが憧れという人は、応募してみるといいでしょう。

大学生が在宅でできるバイトとは

大学生が在宅でできるアルバイトも紹介します。

短期バイトとは限りませんが、在宅バイトの多くは自宅に帰ってから好きな時間に仕事できるのがメリット。出勤時間がない分、仕事とプライベートが充実します。

ただし、クラウドソーシングサイトなどで受注した場合は時給計算すると最低賃金を下回ってしまう場合も。また、「仕事を受けるにはまずは教材を買ってから」のように先に金銭を要求してくる悪質な業者もおり、在宅バイトを受ける際は本当にその業者が信頼に値するか注意した方がいいでしょう。

データ入力

紙で保存していたファイルをPDF化し、それをエクセルなどに入力する仕事がデータ入力です。

確定申告時期になると経理の帳票の入力業務の募集が多くなります。

テープ起こし

講演会や会議の議事録作成のために、録音しておいたデータをワードなどに文字入力していく仕事です。

正確に入力する必要があり、専門用語が多いテープの場合は聞き取れないこともあります。

Webライター

Web上にあるメディアで記事を書く仕事です。

自分の好きなことを書くのではなく、メディアが指定した内容を書く必要があります。

動画編集

YoutubeやTikTokなどに投稿する動画の編集作業です。

文字を入力したり、発注者のリクエスト通りになるように編集していきます。

大学生が短期バイトのみで生活費を稼ぐのは厳しい?

大学生が短期バイトのみで生活費を稼ぐこともできますが、収入は安定しません。

短期バイトは、時期によって募集の有無に差がありますし、お金が欲しいときに必ず受かるとは限らないからです。

どうしても短期バイトのみで生活費を稼ぎたい場合は、いくつかのバイト先を掛け持ちし収入が途切れることのないように計画した方がいいでしょう。

短期バイトで経験を積んで長期バイトに応募するのもあり!

短期バイトは短期間で多くの収入を稼げることが魅力ですが、収入が安定しません。できれば長期間働けるバイト先も確保しておきたいですね。

短期バイトや単発バイトの多くは、当日支給なため、お金に困ったときは今回あげられたような単発のアルバイトをするのがいいでしょう。

求人情報を見てみるとさまざまな短期アルバイトの情報が載っているもの。もし長期休みにお金を使いすぎて困ってしまったときは短期バイトをとりあえず探してみるのがおすすめです。


プロのマナー講師監修!学生生活のメールや電話でのコミュニケーションに役立つ
『メール&電話例文完全テンプレート集』配布中!


▼無料ダウンロードはコチラから▼

学生生活テンプレートをダウンロード

関連記事

「大学生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催