日本とどう違う? ドイツ留学中の大学生が教える、ヨーロッパのアイス事情【学生記者】

HD
2016/06/10
学生旅行
あとで読む

こんにちは、早稲田大学3年のHDです! 現在留学中で、ドイツのハイデルベルクという街で生活しています。

暑い夏に食べたいアイス! ですが、外国の人もやっぱり夏はアイスなのでしょうか。そこで、今回はヨーロッパのアイス事情を追究!ドイツにいる私が、日本と比較してみます。

1.アイスは誰のもの??

街中をひとりアイスを食べながら歩く。想像してみてくださいあなたのイメージの中では誰がアイスを持っていますか? 小さな子ども? 女性? 男性? お年寄り?ここは読者のみなさまにおまかせします。

ドイツに限らず、ヨーロッパ各地でアイスはみんなに愛されています。子ども、女性はもちろん、スーツ姿の男性やご老人夫婦が仲良くアイスを食べる姿、私は大好きです。どんな姿でも、いくつになっても、私は私。好きなものを食べる、というのがヨーロッパのスタイルです。

2.日本とヨーロッパ、どっちが安い?

日本のアイス屋さんと言えば、Ben&Jerry、ハーゲンダッツなどありますが、やはり31アイスクリームが人気でしょうか? 店舗によって異なりますが価格は一玉 240〜360円程度ですよね。

一方こちらヨーロッパでは、そのような全国的なアイスチェーン店はほとんどありません。価格は0.6〜1.6ユーロ(78〜208円程度)。

うーん。安い。さらに実物を見ていただきたい。

こちらのアイス、一玉が非常に大きい! 不肖私の個人的な意見ではありますが、こちらの方がはるかに良心的価格です。

次のページヨーロッパのアイスの値段が高いのはなぜ?

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催