ネズミ退治はまかせるニャ!もらい手のない猫たちのユニークな就職法

学生の窓口編集部
2016/05/31
学生トレンド
あとで読む

捨てられた猫たち、そのすべてに温かい家族が見つけられることができるといいですが、未だ、保護された猫の多くは殺処分されてしまっています。そこで、アメリカ・ワシントン州の動物レスキュー団体である「SpokAnimal」は、猫の特技を活かした、こんな方法を編み出しました。

SpokAnimalによると、アメリカでは毎年300万匹もの動物が殺処分され、そのうち半分以上が猫なのだそうです。飼い手が見つからないほか、気性が荒いために「飼い猫に適さない」というレッテルを貼られている猫もいるのだとか。


そんな、“難あり"猫を救うためにSpokAnimalが考案したのが、「Farm Livin'(農場滞在)」プログラム。猫自身に仕事をしてもらうというプログラムです。

次のページ次へ

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催