まさに「必殺」技が炸裂?! テニスの王子様で選手がノックアウトされた試合16選

編集部:はまみ
2016/04/23
学生トレンド
あとで読む

人気テニス漫画『テニスの王子様』シリーズ。途中までは常識の範囲内での必殺ショットが飛び交っていましたが、いつの間にか超常現象まで起こるショットが登場するようになりました。中には文字どおりの「必殺」のショットもあり、テニスなのに選手がノックアウトされるシーンも……。そこで今回は、テニプリで「選手がノックアウトされた試合」を調べてみました。

■体力切れではなく、文字どおり倒れる展開……

『テニスの王子様』42巻と、『新テニスの王子様』の既刊17巻までの、「ショットによるノックアウト」を調べてみました。

●8巻 青学 桃城・海堂VS 聖ルドルフ 柳沢・木更津

1巻から7巻まではスタミナ切れはあれど、ノックアウトはナシ。しかし8巻で桃城のダンクスマッシュのバウンドを顔に食らった柳沢がノックアウト。棄権により青学が勝利しました。これが肉体的ダメージによる最初のノックアウトでしょう。

●30巻 青学 越前 VS 比嘉中 田仁志

田仁志の強力なビッグバンに苦戦する「ふり」をしたリョーマが、最後はCOOLドライブで試合を決めます。ボールは田仁志の顔面を捉えて久しぶりのノックアウトでした。

●31巻 不動峰 伊武 VS 牧ノ藤学院 門脇

不動峰の2回戦はあっさりと終了しており、伊武と門脇の試合も終了時のシーンのみ。そこで門脇がコートに傷だらけで倒れていました。恐らくショットのダメージによるノックアウトでしょう。

●35巻 青学 越前 VS 氷帝 跡部

熾烈な戦いとなった準々決勝では、シングルス1でリョーマと跡部が対戦。お互いが倒れ、立ち上がった方が勝利となる展開になります。先に立ち上がったのは跡部、そしてリョーマも立ち上がりますが、跡部は立ったまま気絶。リョーマの勝ちになりました。

●40巻 青学 海堂・乾 VS 立海大付属 柳・桐原

激しい戦いになり、乾が集中攻撃を受ける展開に。結局、最後まで攻撃をしのぎ切れず、乾がノックアウト。しかし最後までデータ取りを行うなど、らしさが出た試合でした。

●41巻 立海大付属 幸村 VS四天宝寺 遠山

時間稼ぎのために飛び入り参加した遠山金太郎でしたが、幸村の前にあえなく惨敗。しかも五感を全て奪われノックアウトでした。

『テニスの王子様』の全42巻で、ショットによって肉体にダメージを受けたり、意識を失ってノックアウトになったのは以上でした。全部で6回ですが、やはり全国大会になってからが、おかしなショットが登場し、普通のテニスでは受けないような肉体・精神的ダメージを負うようになっていますね。

ちなみに、

●番外 39巻 焼き肉バトル

青学、比嘉中、六角、四天宝寺、氷帝が参加した焼肉バトルは乾特製ドリンクが猛威を振るい、全員がノックアウト。

というノックアウト劇もありました。

続いて、『新テニスの王子様』の17巻までを調べてみました。

次のページ新テニではどんなノックアウトがあった?

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催