​エクストリーム週末! 現実逃避に1.5日だけで弾丸沖縄トラベルしたら余裕で満喫できた

編集部:はまみ
2016/04/02
学生旅行
あとで読む



こんにちは、学生の窓口編集部の長濱です。みなさんには、ふと現実を投げ出してどこか遠い南の島へ行ってしまいたい気持ちになったことはありませんか? 3月のある金曜日、私はまさにそんな気分でした。

時刻は21時、東京都千代田区の某ビル9階で残業中の私たちは疲れきっていました。仕事と家の往復で終わる毎日……一応まだ20代女子なのに、もはや枯れまくりです。おやつも茎わかめです。

なんとかしてこの東京砂漠から脱出したい……。どこか暖かい国へ行きたい……。でも海外に行く時間もお金もない……。そうだ、沖縄に行こう。おいしいものを食べて、ビーチではしゃいだらきっとキラキラ女子大生みたいになれるはず。


あー、疲れた。沖縄行きて。



沖縄ですか?!
そうですね……じゃあ今年の夏休みに行きましょうか。


いや、今週。明日一日ゆっくり寝て、日曜に日帰りで行こう。
それでリア充な女子大生みたいにキラキラになって帰ってこよう。


明日ですか?! 嫌です、週末2日間しか休みないのに……
家でゆっくりしたほうがいいんじゃ……。


大丈夫だって! ノリで旅行しちゃう感じも大学生っぽいじゃん?
俺らまじフットワークの軽さハンパないじゃん的な~!


は、はい……(なんかキラキラ女子大生というより、ミサワ系大学生になってるような……)


こうして、疲れきった社会人女子2人の週末弾丸トラベルが決まったのでした。本当は日曜日の朝出発で日帰り旅行にする予定だったのですが、あいにく飛行機の便がなく土曜日の夕方出発することに。沖縄の観光・食・ビーチを堪能する旅の始まりです!

【1日目】

■15:30 羽田空港を出発

昼までたっぷり寝たあと、羽田空港に集合! 今回はスカイマークの羽田-那覇便を使うことに。

離陸してふと窓の外を見ると翼に音符マークが! かーわーいーい! 音符に合わせて小躍りしちゃう……は、沖縄パワーで変なテンションに。まるで女子大生に戻ったようです(?)

しかしそれもつかの間、離陸後はすぐに夢の世界へ。この後約3時間一度も目覚めずに快眠(ガイドブックを見ながらキャピキャピ盛り上がる予定が……)。

■18:30 めんそーれ! 那覇に到着

気づいたらあっという間に那覇に到着!


めんそーれ(いらっしゃい)!


看板の文字を思わず口に出して読んでしまいます。


はいさーい(こんにちは)!



にふぇーでーびる(ありがとう)!


テンションが上がったので、とりあえず知ってる沖縄語を片っ端から言ってみます。

荷物を受取るレーンに石垣島の獅子を発見したので、キラキラJDの間で小顔に見えると話題の「ガオポーズ」で記念撮影。盛れる!

■19:30 地元の居酒屋で泡盛&うちなー料理を堪能

フライトでお腹がすいたので、まずは腹ごしらえにおいしい沖縄料理があるとうわさのお店「ゆうなんぎい」へ。

すでに店構えからしておいしそう。

ラフテー、ミミガー、海ぶどう、ジーマーミ豆腐、フーチャンプルー、グルクンの唐揚げなどなど、味はもちろん見た目にも美しい料理の数々。普段は「夜にお肉は胃がもたれるから……」とか言ってしまいがちな社会人女子ですが、このとろけるようなラフテーを前に箸が止まりません。もちろん泡盛もシークワーサー割りでいただき、ほろよい気分で店を後にしました。

■21:30 眠らない街! 夜の国際通りをぶらり

食後はぶらりと沖縄のメインストリート「国際通り」へ向かいます。深夜まで観光客で賑わうここは沖縄の「眠らない街」。ローカルでゆる~いおみやげ屋さんが並び、六本木ではしゃぐのは気後れしてしまう地味系女子も受けて入れてくれるアットホームな雰囲気。

沖縄の夜をたっぷり楽しんだあと、今日のお宿「ホテルロコアナハ」へチェックイン。


そういえば島崎、彼氏とはいつ結婚するんだっけ?



いやいや、まだ具体的には決めてないですよ~
そういう先輩はなんか恋バナないんですか?


よし、明日に備えて寝るかー!


夜は島崎持参の顔パックで肌ケアしながら女子大生っぽいガールズトークに花を咲かせ……るつもりがあまり話が膨らまず、12時には就寝しました。

【2日目】

■8:30 ホテルのおしゃれ朝食バイキングを楽しむ

良い1日は良い朝食からということで、朝から沖縄料理のバイキングでしっかり腹ごしらえ。おおらかな沖縄の風土に触れて、心なしか胃のキャパも広がっているような気が……。「最近量より質なんだよね」とか言ってた自分を殴りたいぐらいボリュームもおいしさも最高級。この後デザートも含めて2回おかわりしました。え? 女子大生はダイエットしてるからそんなに食べない? 大丈夫、沖縄料理はヘルシーなので食べれば食べるほど健康的なボティになれる……はず。

■10:30 首里城をてくてくお散歩

午前中は首里に移動して首里城周辺を散策。朱塗りのお城で南国ムードが高まります! お天気は少々怪しくなってきましたが……若いから多少の雨ぐらいはへっちゃら!

■13:30 まさにキラキラJD西浜きらきらビーチではしゃぐ

午後からは、キラキラJDにふさわしい名前の響きで選んだ「西浜きらきらビーチ」へ。

まだ季節は3月、海開きには少し早いですが……沖縄の海はもうスタンバイ完了しているのでしょうか。ドキドキしながら海辺へ移動。

キラキラビーチだーーーーー!!!

求めていた理想のビーチがそこに! 気温は15度とあまり暖かくはないですが、名前に恥じない海の透明度。まさにキラキラ女子大生にふさわしい! とりあえず足をつけてみたり、砂浜に文字を書いてみたりと一通りはしゃぎます。うーん、青春。



はしゃぎたりないのでジャンプもしてみました。

なんだか楽しくなってきてずっとジャンプ。気分は卒業旅行に来た女子大生です。

この美しいオーシャンビュー……コンビニで入手した沖縄のローカルフード「ポーク卵おにぎり」をほおばりながら海を眺めていると、社会の荒波に揉まれて汚れてしまった心が浄化されていきます。

■15;30 昼の国際通りで水族館&クレープの女子デート

ビーチから再び那覇市内へ。



御菓子御殿で紅芋タルト工場を見学したり

美ら海水族館のアンテナショップでチンアナゴを観察したり

ブルーシールでクレープもGET! 味は沖縄らしいバニラ&紅芋塩ちんすこうをセレクト。竹下通りを闊歩している若者に負けじと、国際通りを端から端まで堪能しました。

■18:30 沖縄そばで旅をしめくくり!

旅の残り時間も少なくなってきたので、飲み屋から出てきた学生たちが合言葉のように言っている「シメはやっぱりラーメンでしょ!」を実行するべく沖縄そばを食べに行くことに。




テビチ(豚足)がとろけてる~! 「麺類はカロリーが気になるから……」と敬遠しがちなOLの心をグッとつかむあっさりスープと、見た目はこってり油が乗っているのに口に運ぶとスッと溶けていく豚足がたまりません。学生のみなさん、これからは「シメはやっぱり沖縄そばでしょ!」と言ったほうがいいのではないでしょうか。

■20:30 再び那覇空港へ……22:30 無事羽田へ到着!

お腹も満たされたところで、そろそろ旅も終わりが近づいてきました。帰りたくないなぁ……。名残惜しい気持ちを引きずりながら空港へ向かいます。

さらば沖縄……そして飛行機が飛び立つやいなや、夢の世界へ。私たちまだまだ若いじゃん! 女子大生じゃん!! とはしゃぎすぎたせいでかなり疲れがたまっていたようです。

あっという間に2日間が終わり、飛行機は羽田空港へ。豚肉の良質なタンパク質をたくさん摂取したせいか、心なしかお肌のツヤが良くなったような……。

■そして翌日

月曜日、いつもの忙しい毎日が戻ってきました。


現実だ……。現実に、日本に帰ってきた……。



先輩、沖縄も日本ですよ?


こうして少しフレッシュな気分を取り戻した社会人女子2人は、またいつか沖縄へ行ける日を夢見て今日も働くのでした。

残業中のおやつはゴーヤちんすこうにグレードアップ。かわいいパッケージでちょっとデスクの女子度が増したような……?!


ちんすこうなのに苦っ!!



これはおっさんのおつまみの味ですね……。


どうやら、女子大生になっていたのは沖縄旅行の間だけだったようです。

文●学生の窓口編集部 長濱

関連記事

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催