正しい入浴方法は何度で何分間? 専門家の意見は

編集部:はまみ
2016/10/09
入学準備・新生活
あとで読む

生活の中で手軽で身近なリラックス方法といえば入浴。だが、近年は間違った入浴法は場合によっては体に良くないと医学的にも判明しています。2016年3月21日放送「スッキリ!」(日本テレビ)では、疲労回復や美容に最適なお風呂の入り方を扱いました。

番組では、温泉療法を專門に研究している東京都市大学人間科学部の早坂教授を訪ねました。早坂教授は内科医でもあり、最近は温泉だけでなく日頃の入浴が体に与える影響を医学的に研究しているといいます。早坂教授によると、湯の温度が1度違ったり、入浴する時間が1分違うだけでもかなり差が出るそう。疲労を取るには40度のお湯で15分間浸かるのがいいそうです。

さらに、疲労回復にもってこいの入浴方法として、フタを閉めてサウナ状態にするよりも温めたり冷ましたりを繰り返すのがよいと話しました。筋肉に溜まっている乳酸が血液の流れで肝臓に運ばれることによって、エネルギーの元へと変換されると最近わかってきたそうです。42度のお湯で3分間体を温め、風呂を出て手足に水を20秒間かけるのを2回繰り返すのがいいでしょう。お湯をためずにシャワーで済ませる場合は、桶などに熱めのお湯をため、足湯のようにしてシャワーを浴びると全身の血行が改善して疲労が回復しやすくなります。

次のページ美肌効果がある入浴方法は?

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

編集部ピックアップ

「入学・新生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催