納豆が苦手な関西に初の納豆専門店や健康カフェがオープン

Jeana
2016/03/13
入学準備・新生活
あとで読む

「関西人は納豆が嫌い」というのは昔の話。
健康食品としても注目され、関西人でも納豆好きの人も多い。

大阪に、関西初の納豆店や健康カフェがオープンしたことを、10日の「ちちんぷいぷい」(毎日放送)で放送した。

大阪の老舗納豆メーカーが、大阪市西区土佐堀に納豆専門店「納豆BAR 小金庵」を先月オープン。
オシャレな雰囲気な店内。納豆もアイスクリームのような入れ物でオシャレ。昔ながらのワラに包まれたものもあり、種類は豊富。
関西の人でも食べられるように作られており、ダシをきかせて柔らかめに仕上げてあるのが特長だ。

一番人気の"枠"シリーズは、大粒、小粒、ひきわりと3種類。
トッピングは味噌、練り梅、ウズラ卵、玉ねぎ、おぼろ昆布、紫蘇と、6種類の味を揃えており、1パック270円から。
まずは、何も入れずに納豆を食べてから、トッピングを混ぜて食べるのがオススメとか。

他にも、納豆ドレッシングや納豆バターなど、関連商品も充実している。
「納豆BAR」だが、店内では食べられずテイクアウトのみ。
納豆が苦手な人は、一度食べてみると案外美味しいと感じるかも知れない。

また、阪急梅田駅に健康を気にする人にピッタリの「root cafe」がオープン。
コンセプトは「カラダをroot(根っこ)から見つめ直す健康カフェ」で、入口を入ると真っ先に目に入るのが健康器具。

血圧計や電子体温計、ヘモグロビン測定器があり、どれも自由に使うことができる。

チェックしてから、不足したものを補う食事をしてほしいとか。

カフェメニューはこだわりの数々。
野菜を中心としたランチは、すべて管理栄養士が監修しており、栄養バランスもバッチリで、野菜不足の人には嬉しいメニュー。
午前7時~午後11時まで営業しているので、気軽に立ち寄れそうだ。

健康ブームの今、こういった健康志向のカフェが続々とオープン。
一人暮らしの人にとっては、強い味方になる。

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「入学・新生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催